2020年07月07日

昨年12月に、災害への備え、木更津市に欠けているものを列挙していた 

九州の災害をみていて、あー、
ほんとに、想像を絶する状況だ。
ふと、思い出した。

昨年12月に、災害への備え、木更津市に欠けているものを列挙していた。
市内のどこの施設が浸水するかも、調べ、
どの施設に、水害に対する避難計画や訓練の実施をしたらいいのかも
調べて質問していた。

改めて、災害への備え、その後はどうなのか、きになったので、
ここに掲載する。



 資料2−Bを見ると、避難所全てが浸水する中学校も幾つかあるように見受けられます。
2020.7.7-1.png


資料2−CとDをご覧ください。
2020.7.7-2.png


 水防法や土砂災害防止法の改正で、
浸水が想定される区域や
土砂災害警戒区域内の要配慮者が利用する施設は、市町村が指定、
そして、地域防災計画に明記することになっています。
また、施設は、避難確保計画を作成し、
訓練の実施が義務づけ
られました。
市町村は、計画作成を指示し、作成していない施設の公表ができるようになりました。

 そこで、お聞きします。
木更津市は、この計画を作成していない施設の公表をしていますか。

木更津市 作成に至っていない施設については、公表はしていない。

命を守るためにも、公表して、速やかに作成するように指導していただけるよう、お願いします。

 資料2−Eをご覧ください。
 国土交通省の集計データによると、
木更津市は、140の施設のうち、
計画を作成しているのは23と報告しています。
しかし、地域防災計画には、指定した施設数は39施設です。
この食い違いをご説明ください。

木更津市  
法改正に合わせ、地域防災計画の改定の際に、見直しを行っていく。

どんな施設を要配慮者利用施設に指定したらいいのかですが、
社会福祉施設、学校、医療施設、
その他主として防災上の配慮を要する人が利用する施設と定めていますが、
具体的には、市町村に任されています。

 資料2−Fは、大阪市の場合、資料2−Gは相模原市の場合です。
2020.7.7-3.png


2020.7.7-4.png


どちらも、学童保育や放課後等デイサービス、
通所の介護保険サービス事業所も指定対象としています。
木更津市はこのように定めていないように思うのですが、
ご見解をお示しください。

木更津市 地域防災計画の見直しを予定しているので、
関係課との協議や、他市の事例等を参考にするなど、
本市に合った条件となるよう、整理をしていく。


介護保険サービス事業所は福祉部、有料老人ホームは都市整備部です。
幼稚園や保育園などは健康こども部。
このことは、危機管理の一環で、横断的な対応を求めます。


次、資料2−Iをご覧ください。
2020.7.7-5.png


2020.7.7-6.png


2020.7.7-7.png


現在、木更津市地域防災計画には、高潮の浸水深は想定されていません。
よって、新たに施設を指定したり、現在、指定されている施設も、
高潮の場合は避難確保計画もさらに作成する義務があります。

高潮ハザードマップで調べたところ、
新たに浸水が想定される施設もありました。
要配慮者の利用施設がどんどんできていく状況でありながら、
指定する施設があるたびに、
防災計画をつくり直すのもいかがなものかと思いますが、
今後どのように対応されますか。

木更津市 地域防災計画資料編の修正について、適宜、最新の情報が掲載できるよう、精査をしていく。

消防の救助の視点からお聞きします。
このたびのたび重なる災害、
さらに、高潮ハザードマップでの浸水の深さ、
浸水地域の広さ、浸水時間の長さなどから、
今後の対応について、
現在検討していることがありましたら、ご説明ください。

木更津市 現在、本市消防本部が所有する、
救助に用いるボートは、手こぎのボートが1そうのみである。
これは主に、河川や海岸付近で発生した、
水難救助活動に用いる。
消防本部としても、
高潮など、広範囲かつ長時間に及ぶ浸水への対応については、
対応でき得る資機材の不足を痛感しているところである。
また、10月の大雨の際、長生郡市消防本部から、
家屋などに取り残された方の救出のため
動力つきのボートが必要であるとの、
応援要請があったが、手こぎのボートが1そうしかなく、
他市に持ち出せないため、要請をお断りした経緯がある。
今後としては、広範囲への浸水に対応できるよう、
動力付きで、複数の浸水箇所へ対応できるよう、
複数のボートを早急に配備すべく、予算要望を行っていく。


これは、昨年12月議会で質問した災害に対する質問だ。
成果としてボートを予算化できた。
他にも、いろいろ今後すべきことを具体的に指摘していたが、
どこまでできているんだろう。
九州の災害をみていると、いまのうちに、木更津市がやっておいたほうがいいことがいろいろある。
どこまでできているんだろう。


posted by のんのん at 22:37| 消防・防災

昨夜、見つけた会議録で、疑問点をあげてみた


木更津市って、防衛省の下請けなのか。
それとも。
だれのために、設置した協議会か。

今後のために、今日は、疑問に思ったことを書く。

昨夜、見つけた会議録。
6月26日には、アップされていたようだ。
木更津 駐屯地に関する協議会定例会・区長部会・漁業協同組合部会.pdf

疑問1 これは、会議録と言えるのか。
たしか、角に座っていた方、●●の区長さん。
はっきり、「ずっとオスプレイは反対と言ってきた。」、
といって、2分ほど言葉を選びながら、発言していた。
それは、会議録に、意見としても取り上げていなかった。
なんだこれ。
都合のいいものだけをピックアップしたシャンシャン会議録。
まるで、防衛省の都合のいいところだけを掲載した内容の会議録だ。

疑問2 部会のメンバーは、聞き置くのが精いっぱいの会議
区長部会と漁協部会は、寝耳に水のような話ばかり。
議員は、基地政策特別委員会で事前に説明のあった内容が多かったので
わかったが、そのとき、初めて資料を渡されては、聞き置くだけで精一杯。
だから、
会議録では、その他の項目で、
米軍オスプレイ次期定期機体整備会社の入札に係る状況
質疑なし

なんて、ことになってて、特に問題がないような会議録。
冗談じゃない。

事前に、別の会議などで、説明を防衛省から受けて内容を把握していた人
委員 渡辺委員(木更津市長)、
近藤委員(木更津市議会議長)、
永原委員(木更津市議会基地政策特別委員会委員長)、
松田委員(防衛省北関東防衛局長)、
更谷委員(陸上自衛隊木更津駐屯地司令)、
山口委員(木更津市企画部長・部会長)

この日、初めて、資料をみて、説明を受けた人
鳩飼委員(牛込漁業協同組合長)、
橋委員(金田漁業協同組合長)、
飯塚委員(久津間漁業協同組合長)、
江野澤委員(江川漁業協同組合長)、
山口委員(木更津市中里漁業協同組合専務理事)、
榎本委員(木更津漁業協同組合専務理事)
遠山委員(新宿区長)、
小原委員(吾妻区長)、
小沼委員(中里1丁目区長)、
友野委員(中里2丁目区長)、
新堀委員(江川区長)、
江尻委員(久津間区長)、
本多委員(畔戸区長)

明らかに、情報格差の状態で、会議、質疑なし
このような会議運営はあってはならない。

議会でも、事前に資料が配られ、
事前質問を提出し、当日回答を聴き、さらに質問する。

部会メンバーには、少なくとも、議員に配られた防衛省の資料は、
事前送付しておく配慮が必要である。

御通達の会議であってはならない
顔合わせだから、協議会と部会が合同で行われた。
なのに、暫定配備の話と定期整備の話、
はたまた、海軍オスプレイも整備するし、格納庫も増設したい
と、私でも、こんがらかる話を一度に聞かされたら、何も質問できない。
唯一、言えるとしたら、
今は、説明を聞いただけで、了解したということではないと。
質疑なし。
には、そんな背景があるが、全く、そんなことはおかまいなしの会議録。

今後、木更津市はどうしたらいいか
部会長は、部会メンバーに、常に、議会同様、自衛隊関係の情報を
提供し、少なくとも、情報格差をなくすよう、努力すべきだ。

また、部会長は、情報提供だけでなく、それがわかりにくい情報なら、
どのようなことがわからないのかを解決し、協議できるだけの情報に
かみ砕き、部会メンバーと共有し、
その上で、課題を解決するよう努力しなければならない。

その努力をしてこそ、信頼関係が築けるというものだ。

さて、明日、暫定配備のオスプレイが来る
そして、米軍オスプレイの定期機体整備の企業が決まる。
国内企業にきまれば、木更津にだ。
ところで、手を挙げた外国企業はあるのだろうか。
なさげに思う。だって、
防衛省が国内企業なら、木更津に格納庫を防衛装備庁のお金で建ててあげようと言っていて、
外国企業なら、格納庫も企業が建てる。
場所も、沖縄から1000マイル、どこでもいいというから、自分で探すんだろうね。
そんなめんどくさくて、お金も自分で出す仕事、請け負うかなー。
とにかく、明日、決まる。

オスプレイだらけの木更津になる日が明日から始まる。

DSC_0149.JPG

暫定配備のオスプレイは、明日から5年間。
暫定配備の始まりの日が延期されたので、
数字を5から7に変えて本日も掲示。夕方、撤去。許可期間終わり。
明日からは、どこに飾ろうかな。
posted by のんのん at 21:28| オスプレイ

2020年07月06日

明日、5を7に貼りかえようっと


オスプレイは、今日、こなかった。
理由は、熊本など、九州の雨雲が、岩国上空をとおり、
悪天候。飛行ルートに雷雲も居座ってたとのこと。

朝から、手作り横断幕を飾った。
DSC_0145.JPG


DSC_0146.JPG

(使用許可は取ってます)
公園内は、とんでもなく、水が。
まるで、田んぼのようで、中に入れず。
予定変更で、個々に、オスプレイのみえるであろう歩道へ移動。

DSC_0138.JPG

待てどもこない。

スタッフのひとりは、署名を集めに回った。
そのうち、雨が降ってきた。
私の他は、みな、車に待機。
私?
こんなかんじ。
DSC_0142.JPG

岩国市の雨雲レーダーをスマホでみてて、
あー、木更津市より、降ってる。無理だろうなーって。
少し雨が上がった。

106201987_3355902271215706_3387986626340211248_n.jpg

船橋市議が駆けつけてきてくれて、撮ってくれた。

結局、今日は、オスプレイはこなかった。
8日午後に、1機目。
10日午後に、2機目の予定と連絡がきた。

あー、2025年7月7日までの5年間に変更だ。
明日、5を7に貼りかえようっと。


posted by のんのん at 20:31| オスプレイ