2019年04月24日

メールが届く「木更津市長、米海軍厚木基地訪問」


市長は、ジェームス スティーブ カーマイケル中佐(FRCWP(西太平洋艦隊即応センター)司令官)に面会し、米海軍への要請をした。
その内容は、
1オスプレイが木更津駐屯地に飛来したり、普天間基地に帰投する際には、できる限り陸上の飛行を避けること。
2定期機体整備終了前の試験飛行の際には、引き続き、「覚書」を遵守するとともに、地域住民及び潮干狩り等の観光客に十分配慮すること。
3オスプレイの飛行等にかかる情報については、できる限り迅速に情報提供すること。

カーマイケル司令官からは、「オスプレイの定期機体整備においては、品質と飛行の安全性を最優先している。何か懸念があればいつでも言ってほしい。」とのこと。
要請内容についての回答は
1オスプレイが木更津駐屯地に飛来したり、普天間基地に帰投する際は、できる限り海上を飛行する。
2覚書を遵守するとともに、地域住民及び潮干狩り等の観光客へ配慮についても、出来る限り要望に応えられるようにする。
3オスプレイの飛行等に関する情報についても、できる限りの情報を迅速に提供する。

この内容のメールをみたのは、オスプレイくるないらない住民の会の会合が始まったばかりのとき。
タブレットの画面をあけたら、あらあら。
ということで、タイムリーに参加者に伝えると、防衛省に言うより、直接米軍に要請しに行ったことは、評価できると参加者。

ところで、どのくらい、話してきたのか、気になる。(以下は会合の話ではなく、田中個人の見解)
というのは、3番についてだ。できる限りの情報を迅速に提供するとは、具体的に現状はどうなのか。
・米軍から、事前に飛行計画を前日などに防衛省に出しているのか。
・その内容は、どのような内容なのか。
米軍がきちんと情報を防衛省に出しても、防衛省どまりで、なかなか木更津市に情報が来ないのか。
それとも、
米軍がきちんと情報を防衛省に出していないのか。

だいたい、防衛省の目視による情報提供だけだなんて、へんでしょ。
posted by のんのん at 21:20| オスプレイ

2019年04月23日

さっそく再開、しらべものオリエンテーリング


3月・4月と選挙が終わるまで、資料請求を控えていた。
今日から再開。めざすは6月議会質問。
どれにするかは、しらべものオリエンテーリングする過程でふるいにかけようと思う。

質問受付が5/27 
GWの10連休がくせ者。
通常の資料請求は、7日間かかる。
新たに集計が必要なデータなどの場合は、もっと時間を要するけれど。
今回は、10連休があるから、極力早く資料請求をしたいと考えた。
せめて、連休明けにもらいたいと思ったから。
1つめ
〇〇課に行く。これは、現状を今後、どのような対応をするのか、方向性の確認をしに行った。
2つめ
昨日、おねがいしていた結果をききにいった。
資料請求をした。
3つめ
関連で千葉県の事務所に行き、開示請求の手続きをしてきた。
これは、手元に資料が届くまでに1か月ほどかかる。
4つめ
〇〇課に行くと、事前に電話しておいた。
よって、どんな資料がほしいかをききとりした。
サンプルを、用意してもらえることになった。
5つめ
〇〇課に行った。事前に連絡はしていなかった。だれもいない。
また今度にしよう。これは、先日、まちかどスピーチをしていたとき、
地域の課題を田中に話してくれた方がいたから。
6つめ
〇〇課に行こうと思ったけれど、後日にしようっと。
7つめ
ゆっくりでもいいから、6月議会にはまにあわなくてもほしいデータを
だせるか、〇〇に行った。
さっそく、資料請求を書き、議会事務局に届けた。
家に帰ると、電話が鳴った。
別件飛び込み案件だ。明日、詳細を聴くことにした。
んー。これっ。資料請求ものの案件、6月議会にしようかなー。

これ以上は、9月議会案件になりそう。
そうそう、こうやって、聞き取りをしに行くと、職員に聞かれるんです。
「今回の質問は、大綱(テーマ)はいくつですか」ってね。
「2つにしたいんだけれど、3つになるか微妙」と今回は答えました。
毎年、4/26に咲く我が家の牡丹 今年はちょっと早いわ。
20190423_121449.jpg

posted by のんのん at 22:02| 議員・議会

2019年04月22日

国が出すのは今年度だけ。来年度はあいまいって、知ってた?


2019年10月から「幼児教育・保育の無償化」
消費税を10%値上げすることで、幼稚園・保育園・こども園の保育料が無償になるといいます。
これ、国が出すのは今年度だけ。来年度はあいまいって、知ってた?
その理由
国の政策「幼児教育・保育無償化」2019年度分は全額国費負担で、子育て支援臨時交付金が各市町村へ。
2020年度以降の財源は、国からの地方交付税と「地方消費税交付金の増収分」が各市町村の収入になり、そのうち無償化分がいくらか曖昧。国の政策でありながら、全額国費負担とはっきり言えるのは2019年度だけ。
保育園無償化.png

3月21日に発行した「田中のりこと市民ネットワークニュースより抜粋

マイナンバー制度の時を思い出す。
国がすすめるから、てっきり国が全額かと思ったら、総額のうち、木更津市も約半分は拠出していた。
防衛省のお買い物を思い出す。
なぜ、防衛費のけた違いの大人買いは、財源の裏付けが報道されないんだろう。
おかしいとおもわない?



posted by のんのん at 22:02| 財政