2016年02月07日

子どもの達成感 大人の達成感


ふと、子どもの達成感ってなんだろう。えてして、大人の達成感を子どもに押し付けてやしないか。
保育の経験がある私が今日、新鮮に思いました。
娘の保育園の発表会をみに行って思いました。
特に、一歳児、二歳児の子どもに日々の成長を見せるのに、おにごっこをしていました。
右から左のマットへおおかみにつかまらないように移動するだけなのですが、
中には、おおぜいの観客がいて、それが気になる子どももいたり、
立ちすくんでおおかみにつかまりそうなこどもに、あわててこどもたちが助けにいくさまは、
日頃の保育になければ、いざというとき、このような行動はしないだろうなーと
感心してみさせてもらいました。

子どもの持っている力をのばす。
子どもが自ら目標を決めて、その目標をめざして努力した成果、
それは、結果であり、その過程のエピソードも紹介しての現在の姿を
保護者にみせていました。
一律の完成品ではなく、その子供ひとりひとりの達成を披露していた。
ここは、北海道なので、冬の外遊びは千葉とは違う。
IMG_6277.JPG


IMG_6256.jpg

年中さんののぼり棒。
室内でできる。この棒には、いくつかのしるしが付いている。
どこまで登るかは子どもがこのしるしを目安に自分で決め、日々チャレンジ。

年中さんは、年長さんの竹馬にあこがれる。
年長さんも竹馬は、それぞれやっと歩くことができたり、はしごをまたいだり、背高のっぽの竹馬にしたり。目標はそれぞれ自分で決め、日々練習してきた。
なんと、竹馬で階段も登っている。11月からコツコツ練習してきたという。
IMG_6264.jpg

こんなに背高のっぽの竹馬も、今日はひょいひょいこなす子どもも。
それぞれ苦労を乗り越え、達成感の披露だった。
IMG_6266.jpg

子どものそれぞれの取組のエピソードを紹介することで、
子どもの成長を感じ取れる保育をみさせてもらった。

そのあと、年長さんのおとうさんたちの縄跳び。
目標はいくつですか。ときいて、それができるまで跳んでました。
へとへとになりそうなおとうさんにこどもたちの応援が。
おかあさんたちは、ラインダンスをしていました。

ここは、
帯広市立保育園から民間移譲した保育園です。
ひとりひとりの子どもが達成感の味わえる保育。
そんな保育園に勤めている娘がたのもしく思えた日でした。
保育をしている娘の保育を参観。
ちょっと変わった保育参観をしてきました。

午後はひとりで、氷祭りに行ってきました。
こちらも寒いのに、おおぜいでにぎわっていました。屋台もいっぱい。
IMG_6283.jpg


IMG_6278.JPG


IMG_6284.jpg

私は、そりに乗って、キャー。発散。
IMG_6288.JPG

満足。
posted by のんのん at 15:47| こども