2016年04月30日

GW中


昨夜は、結局大掃除というか、部屋の中の配置換えをした。
まだ、やり残している。書類が山ほど。一応書類を島ごとに分類。

6月議会の質問を組み立てる時期なんだけれど、どっからとりかかろうか、
案件は出そろっているけれど、ただいま温め中。
書類を整理していれば、頭も整理できるかなーなんてね。

今日は眼科に行った。
ものもらいだった。

ものもらいだと思ってたんだよね。でも、おまじないしても目薬してもひっこまないから、
ものもらいじゃないんじゃないかと思って、眼科に行ってみたんだよね。
でも、やっぱりものもらいだった。

おまじないでひっこまなかったものもらいは、生まれてはじめてー。

帯広は、雪が心配。メールしたら、昨日は降ってたけれど、今日は晴れだよって。
しばらくしたら、以前北海道に行ったときの娘と私のツーショットの写真が送られてきた。
帰省しないから、写真でもみてたのかなー。
と思うと、いとおしい。
posted by のんのん at 22:48| 日記

2016年04月29日

これ、申し込んでみた。間に合うかな


http://www.foejapan.org/energy/fukushima/evt_160502.html
【院内集会と政府交渉】「8000ベクレル/kg以下の除染土の公共事業への再利用」方針の撤回を

5/2は、これ、行ってみようと思った。
5/3は、これ、行こうと誘われ、夫とでかけることにした。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201604/CK2016042702000121.html

今日は、のんびり休ませてもらう。
部屋の掃除とスポーツジム・髪を切りに美容室。
気が向いたら、福島の研修の報告書まとめ。

ふと気が付いたら、なんかずーっと休んでなかった。
posted by のんのん at 10:12| 原発・放射能

2016年04月28日

どうなる?


http://this.kiji.is/98222307731260921
指定廃棄物で新ルール、環境省
濃度下回れば一般ごみに

これって、どういうことか。私なりの解説。
原発事故前 
100ベクレルを超えるものは、厳重な管理で黄色いドラム缶に入れ、放射性廃棄物として処分方法、管理方法が厳重に定められていて、私たち家庭の出すゴミとは全く別の方法で処理されてました。

原発事故後
高濃度の放射能が自然界に大放出され、置き場も処理も大変になり、8000ベクレル以下までの放射性廃棄物は、私たちの家庭ごみの処理と同様にしていた。
8000ベクレルを超えるものは、指定廃棄物という名称をつけ、自治体で管理保管していた。それぞれの県で1か所最終処分場で保管しろと国の方針に対し、各県では反対運動があり決まらず、茨城県ではそれぞれの自治体で保管し、最終処分場はつくらないことにした。
この8000ベクレル以上の廃棄物も、時が立つにつれ、だんだん放射線量が低くなってくるので、8000ベクレルを下回ったら、家庭ごみの処分と同様にしようと環境省が決めたわけ。

問題
家庭ごみの一般廃棄物の最終処分場は、そもそも放射性廃棄物を保管するような遮へい型ではない。
木更津市の場合、
私たちの飲み水の川の上流に、
井戸水で利用する地下水の地層の上流に、最終処分場がある。
********************************************************************************
事故前には、
厳重に管理された遮へいされた空間に放射線があり、管理された部屋の中でも飲み食いは禁物。子どもははいらないと決まっていた。

事故後は、
放射線量を管理すべき量のところでも、暮らしなさいと帰還をすすめる国になってしまった。
健康を考え、帰還しない選択も堂々としていいはずなのに。
posted by のんのん at 23:10| 原発・放射能

バス路線…ひとりごと


今日は、地方創生特別委員会協議会を傍聴した。

日東バスが説明に対し、委員がそれぞれ質問していた。
ん?
赤字じゃない路線は…。んー。

自分の住んでいる八幡台のバスの運行状況。
木更津駅と八幡台ニュータウン終点 
@八幡台終点 → 上烏田 → 真舟 → 木更津駅 20分
A八幡台終点 → 上烏田 → 下烏田 → 大久保 → 木更津駅 23分
B八幡台終点 → 上烏田 → 下烏田 → 大久保 →中央病院 → 木更津駅 25分
C八幡台終点 → 羽鳥野 → シーアイタウン → 大久保 →中央病院 → 木更津駅 32分

便利になったけれど、H9年のときのバス料金をベースにしてるって。
Aの路線だけだったから、高くても我慢していた。

でも、今、駅に行くには、4パターンある。
全部片道450円。んー。なんだかなー。
乗車率はふえていることになっている。でも、いろいろ大回りしているからだ。
なんだかなー。

バス.jpg

posted by のんのん at 21:58| 議員・議会

2016年04月27日

私の一日


事務所の駐車場に車を入れた。
お隣さんにも久しぶり。
「おはようございます」
「あっ、おはよう」にっこり笑顔で元気がでる。

事務所の扉が開いていた。スタッフのTさんが水曜日はいつも事務所にいるようにしてくれている。
私のほうが遅かった。
「あー、早いねー。おはよう。ありがとうございます」
Tさん、お掃除してた。
今日の予定を話し、市役所に行き、戻ってきた。
パッチワークの好きなTさんに、オスロ市役所のパッチワークの写真を印刷してあげた。
感動していた。それをみて、私もうれしくなった。
少しだけ、ノルウェーの話をした。
「あー。私だけ聴くのは、もったいないわ。ここだけの話のお話し会しましょう」
「そうしよう。いつがいいかな…」
今度、みんなと相談しよう。


午後、ポスティングボランティアに、留守中に印刷してもらっていた市民ネットワーク通信を
届けに行った。
ピンポーン Hさん宅へ
「こんにちは。田中紀子です」
「はーい、あっ、今ルスにしていますよ」
「あっ、これ、お渡しいただければわかります。いつもお願いしてるので」といって、
市民ネットワーク通信の束を手渡した。
「はい、わかりました」
帰ろうとしたら、
「ずいぶん、忙しく動いてますね。体を気をつけてください」
「ありがとうございます」
きっと、ブログを読んでて、おもったのでしょ。
何軒か回って、事務所の前を通る。Fさんの車がある。事務所に寄る。
「ありがとう。」
「どういたしまして」
「留守の間に、市民ネットワーク通信印刷してくれたんだね。今、ボランティアに届けてるところ」
「それより、明日、雨っぽいから、業者委託分を今日中に届けたほうがいいとおもうんですけど」
「行こうと思ったけれど、代金払うのに、お金ないから」
「大丈夫、用意できてます」
さすが。すぐに、段ボール箱に詰めた通信を車に運び、私とFさんは、業者に搬入したのでした。

そんなこんなでスムーズに昼の部終わり。夕方30分で夕食準備をし、夜は市民団体の会議に参加。
日常のスイッチは休日をとることもなく、入りました。




posted by のんのん at 22:53| 活動