2016年08月15日

69回目の花火大会


昭和23年8月15日をどんな思いで迎えたのだろう。

戦争が終わってちょうど3年。
この日、木更津市の港まつりが初めて開催された。
今日は69回めの港まつりのフィナーレ 花火大会。
バスに乗って、駅へ。
駅の自由通路では、帰りの切符を今のうちに買うように、かなり力を入れw
JRはアピール。
港まつりの実行委員会で話があった件だ。

駅を降りてすぐ、横断歩道は停まらず渡ってくださいと言われても、
これじゃ、停まります。いつもこんなに人通りがないから、気にもかけなかった。
このチェーンは邪魔。今後の参考に。思わず、カメラ
IMG_8511.JPG

ここは一時避難場所の看板がいくつか目に留まった。
これも実行委員会で話していた件だ。

なんか違う。いつもと違う。毎年同じ時間にきているけれど、若者が多い。人が多い。
もうすぐ、通行止めになる。17時前。
2016.8.15.jpg


通行止めになるまでは歩道を歩き、通行止めで宝光社天国になったら、歩道は歩くのは禁止。
車道を。歩道は緊急の場合の道にするから車道を歩いてくださいと誘導があった。

有料観覧席に設置してあるトイレ、2か所。
これ、いつもあったかな。多目的トイレ。
IMG_8513.JPG


穴場のトイレがもうひとつ、有料観覧席のはしっこにあった。8人待つだけでOKだった。

有料観覧席の誘導も、混乱なく、また、通路の確保も昨年より、幅広くとっていて
良かったです。
花火の動画は、容量が大きくて、アップできませんでした。

花火の感想は、それはもう、ありがとう。という気持ちでした。
これでもかーこれでもかーとあがって、放送がおわらないうちに次が次へ。
子どもが小さいときは、花火と花火の間の休憩が長かったことを覚えているだけに、感謝、感謝。
なんせ、予算でトイレとごみ処理費で400万円を軽く超えますからね。
でも、今回のクリーン作戦。帰りの際、ゴミ収集車のところで、
ゴミを受け取っていた。
単なるゴミ箱にゴミを入れるのと違って、この光景、ゴミ処理をお願いしますという気持ちと
ポイ捨てしないでくれてありがとうという気持ちが見え隠れしていた。
私は、「どうする?ゴミを収集しているけれど」
夫は、「いや、もうリュックに入れたから、持ち帰る」
といって、バスに乗るため、速足でとおりすぎた。


posted by のんのん at 23:36| まちづくり