2016年12月02日

海上自衛隊の音楽祭


海上自衛隊の「海の音楽祭」に行ってきました。
毎年、夫とでかけています。
吹奏楽です。
いよいよはじまりそうなときに一枚撮りました。
IMG_0434.JPG


自衛隊の方のはじめの挨拶は、自衛隊の様子をかいつまんで報告してくれます。
大筋こんな感じでした。
「今年は、北朝鮮の弾道ミサイルの対応に始まり、熊本地震の災害派遣、
伊勢志摩サミットの警備、台風10号の災害派遣、ニュージーランドの地震の災害派遣、新潟の鳥インフルエンザ対応で派遣、その他にも、ソマリア沖…や南スーダンなど、
国民のみなさんのみえにくいところで、切れ目なく、任務を行っています。
これからも、ご支援をお願いします。」

次に、協賛団体である自衛隊の協力会の会長(渡辺市長)の挨拶
概ねこんな感じでした。
「木更津の自衛隊は、そもそも1930年ごろの海軍が始まりです。
木更津市は、軍都であり、自衛隊とともに発展し、今があります。
日本には、陸海空の自衛隊があるのは、4か所で、珍しいです。
現在、木更津市には、自衛隊が1700人います。家族を含めると、4000人ほどでしょうか。
というわけで、これからも、ともに…」

この挨拶を聴いていて、4か所ということは、あと、3か所はどこだろう。
もうひとつ、1700人という人数を聞いて、驚いた。

というのも、先日、議会質問をしたときに、用いた資料にも掲載したけれど、
木更津市の農家の人数
販売農家  938戸
自給的農家 486戸
計 1424戸

つまり、自衛隊の人数が農家の人数より多いということ。
びっくりでしょ。

音楽は、いいですよ。こころが癒されます。
自衛隊の音楽隊は、被災地に行ったり、派遣先の自衛隊を訪問して演奏したり、
地域の方々に演奏したり。

殺伐としたニュースや事件が多い中、ほっとするものがあると、癒されます。
私は中学時代クラリネットを少しやっていましたが、
娘2人もトロンボーン、打楽器と吹奏楽でした。
ちょっと、思い出に浸りながら、癒されたのでした。
posted by のんのん at 22:07| 平和