2016年12月09日

納得いかない


位置情報納得いかない ➀

<福島原発>処理費倍増 国・東電見通し甘く国民負担増懸念
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161209-00000126-mai-bus_all.view-000

経済産業省は9日、東京電力福島第1原発事故の処理費用が、従来の見込み(11兆円)の約2倍となる21.5兆円に膨らむとの試算を公表。追加費用を電気料金代への上乗せや税金などで賄う方針を提言案に明記した。当初の見通しの甘さを露呈した形だが、東電の自力負担が前提の廃炉費などは今後も膨らむ可能性があり、国民負担はさらに増す恐れもある。

 21.5兆円は東電福島第1原発事故の廃炉、賠償、除染、中間貯蔵に必要な費用の試算。廃炉では「溶けて固まった燃料(燃料デブリ)の取り出しに要する資金の試算が困難」であるほか、賠償は「商工業や農林漁業に関する営業損害、風評被害の収束の遅れ」が響いた。

 世耕弘成経産相は9日の閣議後記者会見で「福島第1原発事故はわが国が経験したことがない未曽有の災害で、限られた知見の中では予測することが難しかった部分がある。作業が進捗(しんちょく)する中で、資金を確保する必要があるという判断に至った」と述べ、当初の見通しが甘かったことを認めた。(以下略)

このニュース。
納得いかない。
炉から溶け出た燃料デブリを取り出すまでの費用がこれ。
燃料デブリの保管、維持管理の費用はいくらなのか。
それはどこで保管するのか。

これは、福島の第一原発の費用。
日本にある老朽化した原発、廃炉のタイムチャートがない。
再稼働を前提としている。
それらの廃炉費用も考えると、電気料金はいったいいくらまで膨れ上がっていくのか。
廃炉のタイムチャートを作り、何年後には廃炉にするので、みなさん、負担をというなら、まだしも、
みんな電気は何がなんでも必要でしょ。再稼働をどんどんして発電して稼ぎますよ。
だって、廃炉や事故のときは、電気料金を高くすればいいんでねという発想。
納得いかない。

位置情報納得いかない。
もうひとつ、あった。
納得いかない。
でも、原発のことを書いていたら、吹っ飛んでしまった。
思いだしたら書くことにするね。

思いだした。
参議院でTPPが今日、可決された。
TPPに関連する法案がいくつもある。
TPPが始まっても困らないように考えた法案だと思う。
それって、いつから法律になるのだろう。
TPPが始まらなくても変わるのだろうか。
別の自由貿易協定をするときの準備のようだ。
駆け込みで法律を作ってから、国民に十分説明をするって、なんだそれ。

位置情報ちょっと納得がいかないB
今日、FAXが届いた。
同様の内容が、木更津市のHPにも掲載された。
http://www.city.kisarazu.lg.jp/14,51678,50,447.html
木更津駐屯地における米海兵隊MV-22オスプレイの定期機体整備に関する要請について

 平成28年12月9日(金)午後2時30分に、市が千葉県とともに北関東防衛局を訪問し、
防衛装備庁長官及び北関東防衛局長宛に、次のとおり要請書を提出しましたので、お知らせします。
 なお、千葉県からもオスプレイの定期機体整備に関する要望書を提出していただきました。

来週12/13 10時から基地対策特別委員会がある。
議題は、「米海兵隊オスプレイの定期機体整備に関する協定について」である。

13日は、どんな話になるんだろう。
11/18のブログにも書いたが、この日の基地対策特別委員会協議会では、
協定案を今、策定しているところで、1月から整備が始まる前にできると説明があった。
資料は、配られたものの、会議終了後回収された。
協定案には、「趣旨等」が書かれていた。
木更津市や木更津市議会より、駐屯地周辺地域の安全・環境に配慮した飛行場運用時間や整備後の試験飛行等に関して協定の締結を求められていることを踏まえ、今検討中とのこと。
・締結するメンバーはだれか
・目的
・飛行時間
・ルールは何に遵守するか
・試験飛行はどこか
などの項目があった。

やっと、市が文書で、どうしてほしいのかを提出したというわけだ。
それをみて、あー、市はこんな要請書を出したんだというのが、私の感想。
こんな要望を出しますという話は、議会にはなかったものでして、ストレートに私はそう思ったのでした。

さて、この要請書を出して、防衛装備庁は、富士重工とアメリカとこれから話し合うのだろうか。
1月から整備が始まるから、それまでに協定は作られるだろうから、すでにもう決まってるのではないかな。
ということは、木更津市が出したのは、パフォーマンスか、ダメ押しか。
木更津市は今まで、口頭で国に対して、要請してきたのだから、
文書として、市がはっきり要請したことがわかるのは、良かったと考える。
そして、オスプレイの整備化反対の人たちの要望も一部盛り込まれている内容の木更津市の要請書だ。
協定書にこの木更津市の要請書がどう活かされるかが気になるところ。

ところで、千葉県もオスプレイの定期機体整備に関する要望書を提出したというが、
どんな文書なのか、千葉県のHPには、掲載されていないようだ。これこそ、パフォーマンスか。
ちょっと納得いかない。

posted by のんのん at 22:48| 政府