2016年12月10日

一日 でかけて


朝は青少年育成連絡会議の環境浄化活動。70人以上は集まった。

途中で失礼して、千葉大学で行われた集会に参加。教育関係の集会。270人参加。
つながろう 子どもの未来のために 
会場に行くと、声をかけてくれた方がなんと、国立市元市長の上原公子さん、集会の呼びかけ人の一人。
いつも議員会館でお会いしたり、別の団体の集会でお会いするのですが。なんかうれしいです。
20161210_124003.jpg


今日の収穫
●知られざる県教委のパワハラ・いじめ
 ちょっと、ショッキングなタイトルをつけてしまったが、政治が教育に介入してきた事例
 実教出版の高校日本史を使うなという弾圧は、こうして始まった。
 南京大虐殺とアジアの被害の地図の記述に対してが原因のようで、
 千葉県で人気だったこの教科書125校中50校が利用していたのに、
 とうとう数校になってしまった。
 議会での何度も質問があって、その教科書を使う場合は、
 どんな指導計画か、県教委はヒアリングと称し、先生を呼び出し、
 指導と称し、書き直しを繰り返す、どんな資料を使うのか提出させ、
 ちゃんと指導計画どおり指導したか、管理職が授業の監視、そして報告することになった。
 聴いているだけでうんざりだ。
 地域の問題も書かれていてとてもこどもたちに良いと人気だったこの教科書を使うには、
 とてもめんどくさく、何度も県教委に呼び出されるので、使う学校が減ってしまったという。
 でも、その教科書、高校日本史Aは問題となる記述は解決し、日本史Bも近々改定されるという。
 こんなことになってるなんて、なかなか知られていない。
 
●安倍総理の「教育再生」は戦前に逆戻り
 再生とは、死にかけていたが生き返るということ。
 安倍総理は、今後の道徳教育の中心は「清明心」と言っていた。
 戦前の国体明徴運動には、きよきあかきこころとある。
 道徳教育を評価することになった。点数ではなく、文言の評価というが、
 道徳の下に、算数や国語があるというふうに安倍総理はしたいらしい。
 しかし、算数や国語、理科、歴史などは、その根底に学問がある。
 道徳は、学問ではない。価値をいかに教え込むか、教科書を検定する人によって変わる。
 2006年教育基本法を具体化する「教育再生」は、これをめざす
 ・大企業が世界でもっとも活動しやすい国になるような人材育成
 ・国家を支える人材育成
 そのためにも、愛国心・道徳心が不可欠というわけ。だから、道徳が教科となり、記述評価となる。
 
●新学習指導要領は、ここが問題
 学習指導要領は、10年ごとに改定される。
 教育基本法が2006年に改正(改悪)されて、はじめての改定された。
 子どもの最前の利益を求めず、人材づくりになってしまった。
 子ども・人間ではなく、人材ことなり、資質・能力を求められるようになった。
 同じ製品を作る工業製品のように。個性をなくして、システム化。

●武蔵村山子どもの教育と文化を育てる会の報告
 なんと、中学3年生に米空軍のミニブートキャンプをして、これを辞めさせたという話。
 米軍hpには、軍事訓練をしたという説明があったという。
 法や子ども憲章などからも、これは問題であり、会場からもどよめきの声。

●臨時的任用講師は、なんと、千葉県と栃木県だけ。
 千葉県は定数に数える講師が年々増えていて、
 木更津市はその上、育児休暇の代替の講師も多いので、会場で質問した。
 すると、群馬県から参加していた方が
 「講師として雇っているのは、千葉県と栃木県だけ。他は、講師ではなく、教諭として雇っている。
 その処遇は各段の違いという。講師というのに、
 教諭と同様の働き方をさせているのであれば、それは問題だ」と。
 なるほど。そうか。教員の人事権は千葉県にある。さっそく市民ネットの県議に話をしよう。
 
●検定後の教科書はいつみられる?
 なんと、先生は、予習できない。来年度使う教科書が検定されて、決まっても、
 見せてほしいといっても断られたという。どこをどのように変わったのか、どう教えたらいいか、
 予習したくても、4月にならないと見られないという。検定で決まる前の教科書展示会の時だけらしい。

●森田知事、教育予算減らし続け、なんと全国ワースト2位 
 一人当たりにかける県の教育予算 全国平均より15万円低い。  

●安倍総理、教師の給与を下げた。
 世界で、この10年間で教師の給与を下げたのは、スイス、フランス、日本。
 スイスは1%減らした。日本はなんと、9%減らした。

16:50まであった。
千葉駅が新しく、モノレールを乗ろうと思ったとき、目の不自由な方二人連れが新しい駅で迷っていた。
私もはじめてで、あわてたもののなんとかご希望のバス乗り場まで案内できた。
18:00からは県庁そばの教育会館で、定時制高校の学校給食の試行的廃止反対の集会があった。
100人近く参加。
20161210_191021.jpg

県の「夜間定時制高校の給食のあり方について」は、hpではたった2ページだが、資料を含めると36ページあるという。
それを検証し、問題点を報告された。
@「夜間課程を置く高等学校における学校給食に関する法律」を作ったときなら、学校給食は努力しなけれ゛はならないという緩い決め方かもしれないが、60年すぎたら、「努力どころではなく、実施されていて当然」と認識すべき。
A第一条には、働きながら学ぶ生徒の身体の健全な発達に資するため実施とある。県は、第二条を見落としているのではないか。ここには、定義が書かれている。
授業日の夕食時に、当該夜間課程において行う教育を受ける生徒に対し実施される給食
つまり、試行的廃止をしたこの2年間は、法律違反。
木更津東高校も試行的廃止をされてしまった学校です。
B喫食率の原因はなにか。報告書では書かれていない。
なんと、2009年以降に夜食費補助月額1000円以上を千葉県は打ち切った
(千葉県だけ、埼玉県も打ち切ったが、埼玉県は、地域振興会の補助があった、
 全く打ち切ったのは、全国で千葉県だけ)
家庭環境が厳しく、給食を食べたくても月5000〜6000円の給食費が払えない生徒もいる。
また、自校方式からデリバリー式に変更(冷たい食事・使い捨て容器)
20161210_191021.jpg

ある定時制高校では、全校集会で、給食の現状を知らせたという。
みんなの食べている給食は350円で、千葉県が450円補助している。
給食がなくなってしまった学校もあることを伝え、給食は食べ続けようって。

夕方、学校へ行く。まず、給食。その後、授業。部活動。帰宅。
給食がなくなった定時制高校の生徒は、家で食べてからくる生徒もいれば、コンビニでパンやフランクフルトを食べるだけ、とか、食べる時間もお金もなく、我慢する生徒も。家に帰ってから食べる生徒は、夜11時以降に夕食。
ある定時制高校の夕食アンケート結果
1年から4年までで120人いる。一日に3食食べているのは、25%
3食未満57%(2食43% 1食8%)

定時制高校の給食を切り捨てている千葉県。
どう思う? 千葉県議会、今、出された請願は継続審議。もう人がんばりで、給食再開を目指したいものだ。

ところで、ひとつ、疑問。
千葉県は、試行的廃止としている学校。試行的ということは、
廃止とはまだ決定していない。ということは、復活するかもしれない。
調理器具のメンテはしているのか。

家に帰ったら、21:45
夫はハーフマラソンに泊りがけででかけてたので、らんまるはひとりで留守番。
まちくたびれて、いじけてた。


posted by のんのん at 23:47| こども