2016年12月19日

隣の芝生、いつも青いとは限らない


文字はやっぱり大きくしてというので、
大きくしてみる。
文字がひっついて、読みにくいと思うのですが、
いかがでしょう。
**********************************
午前は、市原市民ネットワークと情報交換。
ほめられた。というか、うらやましがられた。
木更津の議会のほうがよっぽどいいよって。
普通だと思っていたことなんだけれどね。
議会運営に関する情報交換。
「議会で賛成反対の討論、事前通告をするんだよ。」
「えー。なにそれ。議員間討議を活発にするなら、それはないでしょ。」
「前日でなくて、当日朝に通告したら、議会事務局、慌ててた。」
(というのも、10月に議会基本条例をすでに作っている市原市議会を視察していたものでして)
「木更津は、議案や一般質問は、数値など、細かいデータもあるから、事前通告するけれど、討論は自由だよ。今回の議会は、私は賛成と思っている議案を反対する議員がいたから、冗談じゃないやと思って、原稿なしで急きょ賛成討論したよ。議会だけじゃなくて、委員会でもしたよ。」
「それいいよね。それが自然だよね」
「議員年金の意見書は?」木更津では、議運で今議会では時期尚早の取り扱いを話した。
「議員報酬の期末手当の取り扱いは?」職員や市長などとは、分けて、議員発議になったよ。反対討論したけれどね」
「どんな討論したの?」と聞かれ、説明。

委員会も10時から4時まで討議などがあることを話すと、びっくりしていた。
常任委員会が3つ。特別委員会が4つもあると話すと、
「えー? 常任委員会よりも特別委員会の数のほうが多いのね」
「問題意識をもって、活動してるからだね。」
「じゃあ、市原は?」
「しばらく考えて、やっとできて…」ふーん。そうなんだ。

活動の情報交換もした。小回りのきく、きさらづネット、人数で幅広く市原ネット。
デメリットをいかにメリットに変えていく活動をするか、情報交換は新発見がどっさり。

夕方、議会事務局に行って、聞いた。オスプレイ再開で、なにか動きがありましたかって。
自宅にFAXを送ったとのこと。ということで、copyをいただきました。

横田基地に配備される戦闘用の空軍のオスプレイは、
木更津で整備する海兵隊のオスプレイとは、用途が違う。
横田基地のオスプレイはどこで整備されるのだろうか。
横田基地のオスプレイも沖縄みたいに訓練をするわけで、
操縦不能に陥ったら、住宅の上を飛ばずに着陸しようと、
まさか、木更津にくるなんてこと、絶対ないとは言い切れないと私は思う。
木更津の駐屯地は、米軍が利用していない間、借りてるだけだから、木更津はいやとは言えない。
あー、やっぱり地位協定はやめてと、オスプレイ再開の政府見解を読んで思った。
posted by のんのん at 22:00| 日記