2017年08月03日

のりこ、県庁に行く


市民ネットワーク千葉県の県議、山本さんと入江さん。
と一緒に、県の福祉政策をヒアリングしたのは、
野田市議の小室さん
四街道市議の大谷さん
佐倉市議の五十嵐さん、大野さん、伊藤さん
毎年、この時期、テーマごとに県庁でヒアリングをします。
昨年提出した予算要望を提出したけれど、それがどのくらいできたのか、来年度の要望を作成する前に検証するために、必要な資料と質問を事前に出しておきました。
今日は、資料をもらい、また、質疑をし、今後の予算要望の参考にさせてもらいます。
IMG_1650.JPG

また、来週、こどもをテーマにヒアリングに行ってきます。
野田市議の小室さんは、特別養護老人ホームの空き状況が市の実態と県の見解と違うことを指摘。
IMG_1658.JPG

県の様子がわかるだけでなく、課題を明らかにする視点が鋭く勉強になった。
そうそう、千葉県は、臨時的任用講師、他県は臨時的任用教諭。この待遇は全然違うと他県の教諭から聞いたことがある。
今日は、それも質問してみた。千葉県の職員の給与表にないからって。
えー?どうして、千葉県にないのか。
他県と処遇はどこがどう違うのか、知りたい。
同一労働同一賃金で、臨時的任用講師も正規の教諭もクラスをもったり、部活動をしたり、同様に働いている。他県と比べてどうなのか、
その回答は来週またくるのでその時、お聞きしますとちょっと強気の私。
やっぱり、自分でも調べたことがあるものは、強気だね。市で解決できないことは県で解決できることもある。県議と市議の連携は必要ですね。

そうそう、未届け有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅の立入検査結果を住宅課から説明を受けた。
ふと、私、前をみたら、あらま。なつかしい。
昨年度まで県から木更津市の都市整備部に出向にきていた職員さん。
おひさしぶりです。
posted by のんのん at 22:00| 活動