2017年12月06日

議会質問 


議会質問、終わりました。
今までで、一番、アドリブが多かったです。

今日は、木更津市のお財布は、ここ数年、これから数年、
どんな感じなのか。
火の車なのか。余裕しゃくしゃくなのか。
贅沢はできないけれど、なんとかやっていけそうなのか。
そんなところがわかればいいかなと思って質問しました。

そうでないと、あれもこれもと、お財布的に、
できもしないことを
市民が夢みて、息切れしてしまうのではと思うから。

思ったより、時間に余裕ができ、
難しい財政用語がいろいろいで傍聴されている方はむずかしかったろうなーと
思って、
一問一答では、ひとつずつ、市民目線の言葉で
確認しながらすすめました。

裏話@ 財政にまったく疎かった私
そもそも、
私は、議員になりたての頃
 歳入 右矢印1 収入のこと
 市債、地方債、右矢印1 借金のこと
 償還額 右矢印1 借金の返済額
 地方交付税 右矢印1 国から木更津市にもらえるお金
 基金 右矢印1 貯金(預金)のこと
 国庫支出金 右矢印1 国の仕事をかわりに市町村が請け負ったりするので、そのぶんの費用を国から市町村に。
         市町村にとっては、収入。
 などなど、ぜーんぶ、わからなかった。
 公債費って、借金のことだって、わからなかった。
 耳できいてて、交際費だと思ってた。
わからないから、いろいろ財政研修に行った。
そんな私だったから、だから、すこしでも、財政を身近にしたくて。
議会では、何度も、財政の質問をしている。

裏話A 「質問に至るまで」
今回の質問を組み立てるのに、
財政の本を2冊読みかえし、よく市民から聞かれることの答になりそうなものをピックアップ。
公会計に詳しい専門家からみたらどうなんだろう。
企業の公会計には詳しい税理士さんにも話を聴いた。
行政と企業の公会計、めざすところが営利目的ではないだけに、
逆に、行政は、こんな部分は、どう考えているのかといろいろ聴かれて、
私が答弁するという不思議な会話を税理士さんとした。
その税理士さん、
「いろいろ勉強させてもらった」
いやいや、私も勉強させてもらいました。

裏話 B 何度も財政課に
今日の財政の質問に至るまで
いくつも、財政には、質問をなげかけ、ききとりをしました。
経年的にみていくと、なんで、こんなに短期●●金がふえるのか。
財政課は、数日かけて、調べてくれて、答がわかりました。
水道事業会計が企業会計というしくみに変わって、それが原因でした。
これは、質問には、しませんでしたが、もやもや感が晴れてすっきり。
ありがとうございました。

裏話 C 予定を前倒し
ファシリティマネジメントの質問は、3月に質問する予定でした。
というのも、11/10に研修に行き、学んだことだったので。
でも、財政計画ととても連動するものなので、コラボしました。
だから、急いで質問する内容を
組み立てて、職員にヒアリングをしました。
質問受付日まで、1週間しかありませんでしたが、結果、
コラボにして、とてもよかったと思いました。
行政改革推進室には、忙しい思いをさせてしまいました。

裏話 D
福祉部への質問は、どれも、市民の声から組み立てたものでした。
これは、市民にとって、財政より、各段と身近だったと思います。
とくに、NPOライフサポート波岡のみなさんには、アンケートを
短期間で強力してくださり、おまけに、集計までしてくださってて
資料にまとめる視点のヒントとなりました。
ありがとうございました。
職員にとって、できてる成果を議会では、答弁したいだろうに、
福祉部にあっては、現状と今後ばかりを聴いてしまったけれど、
質問して、希望がもてました。今後を期待しています。

裏話 E
来年は、市長選がある。市長がかわるたびに、
計画が変わったり、財布の使い道が変わっては
市民はたまったものではない。
せっかく、今たてて、すすめようとしている計画、
だれが市長になっても、進めてほしい。
そうじゃないと、行政は計画ばかり作ってて
仕事をした気になってしまう。
というか、計画づくりに追われてしまう。
せっかく、行政が立てた計画、
どのくらい、達成しているか、市民も実感したいものである。
実感できるかどうかは、市民も財政を身近になることからだと思う。
だって、家計簿でも、そうでしょ。
こんな節約したら、これだけ得したって、ウキウキするもの。

追伸 
12.3の記事を紹介
http://www.sankei.com/politics/news/171203/plt1712030015-n1.html
なんと、国は、市町村の貯金をあてにしているのではないかと思われる記事。

これを読んで、私のコメントをはfacebookにも掲載したのですが、ここでも紹介。
「野田聖子さん、がんばっていい続けてください。
国を親にたとえ、市町村は子どもだとすると、
「親は、一人前の収入のない子どもには、日本のどこにすんでても、標準的な暮らしができるように、仕送り(地方交付税)をしていた。でも、親も借金がかさみ、仕送りが減ってしまった。少ない分は借金(臨時財政対策債)してまかないなさい。のちに借金返済分もあげるから。子どもは、一人前になるよう、いろいろ節約して、家の修理のために貯金(基金)していた。親は、なんだ、そんなに貯金があるなら、仕送りは減らしていいか」って、ことかな。
野田さんは、それはないでしょって言ってくれたってことだよね。」


posted by のんのん at 22:49| 議員・議会