2017年12月17日

みずほトーク in 君津


今日は司会。
参加者に事前にシール投票してもらった。
1人2枚貼って。
やだー。迷うわ。
シールが足りない。などの声をいただきましたか(笑)。
IMG_2328.JPG


このパネルをみて、みずほさんのトークが始まった。
IMG_2330.JPG


憲法9条に第3項をつけたものが国民投票に。
時間は早くて、いつか。もしかすると、来年か。
国民の議論が深まらないように、さらっとやってしまいたい安倍政権。
国民投票法って、ちょっと不完全。
最低投票率を決めていない。
投票数の2割。
どんなに、投票しなくても、投票数の2割でいいわけ。
そして、ひとつひとつ聴かれたら、面倒でまあいいかとなってしまいそう。
というけれど、私自身、国民投票のしくみをもっとしっかり知らなくちゃと思った。

原発を止める方法は5つある
1.政府が止める
2.国会で法律により止める
3.規制委員会で止める
4.裁判で止める
5.自治体で止める

函館市が裁判をしている。函館市役所から海を眺めると、24km先の青森県に
原発がある。
函館市が裁判にした理由が理路整然。
 行政として、原発から30q圏内なので、避難計画を作りたい。
現状では、30km圏内の同意は複数の自治体ではない。
都道府県をまたいででも、30km圏内の複数の自治体にすべき。

爆弾防衛予算の増大
本予算、補正予算を含めて、約5兆3000億円
 2018年度予算は、本予算だけでも、5兆2551億円
 アメリカから武器を年間5000億円分、購入

爆弾社会保障の抑制
社会保障の自然増を年間5000億円まで抑制
 年金の切り下げ 
 生活保護の切り下げ
 医療の負担増

ひらめき税金のとり方
累進課税を1980年だいに戻すと7兆円の増収→これは、市民ネットも同様の考え
金融証券課税の強化
法人税減税の中止 →そうだよね。企業に3000億円、こどもの政策に寄付してと安倍総理がいったら、ホイホイ企業は出しますよっていってるもの。

司会の私、まとめの言葉
安倍総理は、「一に経済、二に経済」といつも経済優先です。経済という文字には、隠れているものがあります。

世をおさめ、民を救う、これが本来の経済。

みずほさん、ぜひ、国会で安倍総理に、『経済をすすめるのに、ぜひ、民を忘れないで』と具体的に提案してください。
posted by のんのん at 21:01| 活動