2018年01月19日

やっぱり松竹梅の松の研修



東金市に行きました。
26734317_2490108724461736_7517995314252507273_n.jpg


20180119_133431_HDR.jpg

防災・危機管理アドバイザー山村武彦さんの講演です。
20180119_135605.jpg

サイン入りの本もゲット。山村さんって、災害があればよくテレビのコメンテーターにでてきますよ。
録画、写真は、講演冒頭5分のみと制限があり、ぜーんぶノートに書き込みました。

今から、ミミズのような私の走り書きメモを解読しながら、まとめます。

ひらめき震度6強のあとは、確認できるまでトイレで水は流さない。
そんなことをよびかけている自治体もある。
断水になるからではなく、下水道管が耐震でないと、壊れてしまい、下水が漏れてあふれるから。

ひらめき議会によっては、災害のときの対応の条例をつくっているところがある。

しかし、形式的なものを定めていて、いざというときに役立つ条例をつくるべき。

ひらめきでは、それは、どんなものか。
目的 発災時にさらなる犠牲者被災者をださないようにするため、災害時市議会連絡本部に情報を集約し、市災害対策本部に知らせる。
1.情報収集、伝達、洞察、臨機応変、身体生命にかかる緊急性、刻刻変化する被災ニーズ
2.災害時要援護者への目配り、気配り(震災時関連死ゼロ)
3.死災害対策本部の目の届かない場所の情報(指定避難所でないところ)
4.災害時タスクフォースへの支援(道案内、地域特性の説明)
5.災害ボランティアセンターへの情報提供

ひらめきこれはしてはいけないこと
職員などに、過大業務をしいたり、圧力とならないよう留意。
3交代などにして、職員を定期的に休ませること。

ひらめきリスク、コスト、対策の許容限界
生死にかかること優先

ひらめき議員がすること
上記のことを念頭におき、職員、住民の知識向上
地域の安全のしくみづくり
フェイルセーフ(欠陥制御)…ミス、問題が発生しても、安全に働くようにするしくみ
 例 水道の蛇口のレバーは、以前は、下に押すと水がでるものもあった。ものが倒れてきたら、水は出っ放しになるので、最近は、上にあげると水がでるように統一された。

ひらめき国民保護に関する情報 日本は欠けている
なんのために避難するのか。直撃するのは、避けられないが、近くにミサイルなどが落ちた場合、被害を少しでも避けるためだ。
半径500m以内だと、爆風、衝撃がある。
高熱破片が飛散。
だから、姿勢を低くし、頭部を保護で、深刻被災は軽減する。

ひらめき>関東に地震が起きるのは、今後30年間に70%
なぜ、70%の雨の確率だと、傘をもって歩くのに、地震の対策ししないのか。
それは、地震は70%の確率で起こるが、今日はおきないと思っているから。

ひらめき旗を持って、みんなでずらずら並んで避難所へ行く避難訓練をやっているのか
実際、地震が起きたら、旗を持って並んであるきやしない。
これは、避難訓練ごっこだ。実際には、役立たない。

ひらめき命を優先する「スマート防災」
災害予防訓練をする。
1.逃げる訓練とともに、状況別の命を守る訓練
2.火を消す訓練とともに、火を出さない準備と訓練
ろうそくよりらんたん、
3.閉じ込められた人を助ける訓練とともに、閉じ込められない訓練
4.電気、ガス、水道、電話を止めて「在宅避難生活訓練」

ひらめき日頃より安全ゾーンを決めておく
南房総で起きると思われる地震は、陸、または陸の近く。
ゆれは、東日本大震災ではなく、阪神淡路大震災に似ている可能性大。
つまり、津波より圧死の可能性大。

ひらめき地震の大揺れから生き残る訓練
地震のはじめはカタカタと3秒ほど。また、緊急地震速報がなったらそのときにじっとせずに行動。
安全ゾーンに逃げる。
安全ゾーンは、ガラス飛散、転倒、落下物の少ないいっとき避難所 
しゃがむより安全ゾーンに退避。
老朽化したマンションなら、部屋より階段。
目の前の火を消す、その場に合わせた命を守る行動
古い家の2階にいたら、圧死の可能性があるから1階には行かない
1階にいたら、小さな揺れの間に玄関のドアを開けてからくつをはく。
閉じ込められない訓練だ。
これは、いつも、地震のときにしていると、いざ大きな地震のときに役立つ。
小さな地震であったとしても、閉じ込められない訓練なのだから。

ひらめき自治体によっては決めているところもある
家庭防災の日
防災大掃除の日
防災用品点検の日

ひらめき>講師は、備蓄3か月分を常時おいている
行政は、備蓄は3日分というが、3日で復旧はせず、物資はこない。

ひらめき火災が発生したら
@知らせる
A消す
B助ける
C逃げる

ひらめき昭島市は、中学生が要援護者の安否確認
3000人中学生が行う訓練をしている。
また、「互近所カード」を自治会加入の家に配っている。
このカードを見せると、商店街100軒ほどあるが、5%引きで加入者がふえているという。
なんと、昭島市自治会連合会のHPがあった。
http://www.akishima-jichiren.jp/join/

そして、講師が作詞した歌を会場で披露してくれた。
どんな歌かは、昭島市自治会連合会のHPにあった。
http://www.akishima-jichiren.jp/blog/2016/11/17/%E5%B1%B1%E6%9D%91%E6%AD%A6%E5%BD%A6%E6%B0%8F%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%8C%E4%BA%92%E8%BF%91%E5%8A%A9%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E6%AD%8C%E3%80%8D%E3%81%8C%E5%B1%8A%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%9F/

ひらめき講師は、議員のみなさん、ぜひ、今日知ったことを地域のみなさんに伝えてください。
それが難しいのなら、私を呼んでくださいって。
以上、1時間30分をダイジェストにまとめました。


 
posted by のんのん at 21:52| 消防・防災