2018年04月25日

100万超えた


今日も、事務所で市民ネットワーク通信の印刷に奮闘。
スタッフ2人と3人体制。この2人、今日、初めて紙折り機の使い方を覚えたのに、流れ作業で分担したので、とても手際よいチームプレー。私は印刷に専念できた。画期的。
と、ところが。
カタンカタンカタッカッタッン カタンカタンカタッン…
ヤバっ。今壊れたら、どうなるの。印刷ストップ。急いでリース会社に電話したら、駆けつけて修理点検してくれた。
ほっ。
なんと、リースでの印刷機を取り換えてから、3年半。
すでに、100万5760枚も印刷したという。びっくり。
年に4回、市民ネットワーク通信を発行。
年に4回、議会速報を発行。
両面印刷だしなー。といっても、50万部だ。
計算したら、確かに。つまり、4年で120万枚、60万部印刷になる。改めて、コツコツやってきたが、すごいと思った。
いつも定期的にお住まいの近くをポスティングをしてくださる方、ありがとう。
業者委託もしているが、財政的に大変なので、市民ネットワーク通信は、年に一度は奮発して広いエリアに配布。
だから、市民にとってみれば、年8回届くところもあれば、時々届くところの家もある。また、どうしても、届けきれないところもある。だから、HPでも掲載している。
いつもポスティングを精力的にしてくださる方がこう話していた。
「田中のりこは、タイムリーな情報提供。これが売り。だから、ぼくは配るんです」
事務所の印刷機、紙折り機、そして、なによりもいつも身近な地域にポスティングしてくださる仲間はなくてはならない存在です。

さて、今日の午後も私は、印刷に専念。もうひとりのスタッフは、パソコンが得意。
財政白書の資料作成をお願いした。この表からエクセルでグラフを作ってください。
印刷機と紙折り機のうるさい環境で、なんと、すぐに作ってくれた。
棒グラフにしてみて。んー。今度は折れ線グラフ。
おー。
昨日、私が別の視点で、調べたグラフと照らし合わせる。
ティータイム。コーヒーを飲みながら、紙折り機担当のスタッフとパソコン担当スタッフを前に
私は、これらのグラフから分析してみたのでした。
そして、これはなんだろうとおもったところがありました。
それは、明日、教育部に聞いてみようかなと思いました。
posted by のんのん at 21:47| 活動

2018年04月24日

今から



本日は通信の印刷をしていて、ちょっとくたくたになったけど、朝から目標があった。

というわけで、今から見たかった映画を見る。明日の夜は市民活動の会議があるし、26日の夜は、この映画、最終日だから予備日にと思ってた。。
始まる。ペンタゴン ペーパーズ
posted by のんのん at 20:18| 日記

2018年04月23日

えー?


最近、ブログに費やす時間が多くて、
というわけで、今夜は、これ。

夫が飲み会で、私がらんまるの散歩当番。
ちょっと遅く行ったら、公園はだれもいなくて。

らんまるに、遊ばれてしまいました。
2回やったら、2回とも。
そのうちのはじめの1回をご紹介します。

posted by のんのん at 21:16| 日記

2018年04月22日

議会速報 号外できた


議会速報の号外ができた。
初めて議会速報の号外を出す。号外なので、いつものようにではなく、
できる範囲で配り方もイレギュラー。特に議会があったわけではない。
でも、市民から問い合わせもあり、
田中のりこが、知ってる限りのことをまとめて、今こそ情報提供しなくてはと思ったから。
表面
「陸上自衛隊オスプレイ暫定配備 木更津へ」報道があった!
 暫定配備の「暫定」っていつまで?
 ・防衛省「決定ではない。検討中」
 ・「暫定配備」実は長期的?!
 ・製造終了予定のオスプレイ  
 ・暫定配備は5機だけか?
 ・暫定配備すれば訓練も?!
 ・米海兵隊・陸上自衛隊・米空軍

裏面
おしえて! オスプレイのこと
2018年4月17日現在の情報を整理してみました

2018.4. 議会速報 表.png


2018.4. 議会速報 裏.png


さて、明日は早起き。
posted by のんのん at 20:34| 日記

2018年04月21日

究極の歴史的公文書である憲法の改ざんを許さないために


憲法「改正」を考える
-9条「加憲」は「憲法改ざん」-
千葉県弁護士会主催 
講師 水島朝穂さん   早稲田大学法学学術院教授

千葉の弁護士会館へ行ってきた。
2018.4.21 憲法集会 @.jpg


2018.4.21 憲法集会.jpg


松竹梅で例えると、松クラス。楽しく、現在の政治をちょこちょこ入れて、問題提起。
うっかりわらって楽しんでると、記録するのを忘れてしまう。
政務活動費とは関係なく、軽い気持ちでいってみようと思ってたので、ブログに書くつもりはなかった。
でも、ぜひ伝えたいと思うので、今からとりかかります。

位置情報@
<なぜ、弁護士会が憲法問題を取り組むのか
それは、弁護士法の第1条と第8条があるから
(弁護士の使命)
第一条 弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。
  2弁護士は、前項の使命に基き、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならない。

→つまり、国民の基本的人権が損なわれるときは、反対する。

(弁護士の登録)
 第八条 弁護士となるには、日本弁護士連合会に備えた弁護士名簿に登録されなければならない。

→弁護士として活動するには、強制加入団体の日本弁護士連合会の名簿に登録しなければならない。
もぐりは、刑事罰。
9条は、安全保障の方法論。単なる政策方法論ではなく、弁護士会は、本腰で動かなくてはと思うよ。と講師。

位置情報歴史は日曜日に
1961.8.1日曜日 ベルリンの壁ができた 
独ソ戦争も朝鮮戦争も真珠湾攻撃も、現地は日曜日だった。
ベルリンの壁が崩壊したのは、1989.11.9 
講師は、ベルリンの壁が崩壊した半年後から現地に住んでいたという。
壁ができて崩壊するまで10315日 28年と88日間。
東ドイツから西ドイツに逃げるのに、背中から銃で撃たれて射殺された方もいる。
背中から撃つことは禁じられていたのに。
ベルリンの壁が崩壊してから、ちょうど、壁があったときと同じ時間がすぎたとき、トランプ政権となった。すると、トランプ政権は、メキシコに壁を作るといった。
ハンガリーも難民を受け入れないと壁を作った。

アメリカのブッシュ大統領が、イラク戦争をした。
戦争には、理由が必要だ。
➀テロ(アルカイダ)との戦いだ、フセインをやっつけろ
→ところが、のちにわかった。シーア派のアルカイダ、スンニー派のフセイン政権
仲がわるかった。だから、これは、フェイクであることがわかった。
⓶次に考えた理由が、大量破壊兵器があると言って、調べたが、それは、農薬工場だった。
➂結局、レジュームチェンジ、政権を変えて民主的にしたと大義名分をつけたわけ。
このイラク戦争に、イギリスは参加し、ブレア首相は、国会で追及された。
日本は、追及はごまかされてしまった。
など、いろいろな意味で、客観的にみてみる。
内閣法制局は、当時、戦闘地域の定義をいわなかった。
非戦闘地域のことを国会で説明していた。現に戦闘が行われていない…。
今回、日報がでてきた。しかし、2004.3〜5月がない。
陸幕衛生部からでてきた。これは医者。
相談にきた隊員のメンタルケアなどには日報はのちに重要な役目をする。
当時は小泉政権。
戦闘地域でないところに派遣されるべきなのに、戦闘があったということは、公にできないから
隠されてしまったのではないか。なんか、今の政権に似てる。
だから、現地では、髪がばっさり抜けるほど、ストレスがたまったりしたのではないか。

位置情報
政治がやってはいけない3つの介入
@司法に介入
時の政権の都合のいい裁判官に取り換える
 選挙のときに、×をつける。あれ、あの中に、安倍首相の友達がいた。プロフィールに、加計学園の監事だったということを書いてなかったからわかりにくかったですが。
⓶メディアに介入
 フェイクニュースを出してしまう恐れがある。
放送法(国内放送等の放送番組の編集等)
第四条  放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たつては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。
2  放送事業者は、テレビジョン放送による国内放送等の放送番組の編集に当たつては、静止し、又は移動する事物の瞬間的影像を視覚障害者に対して説明するための音声その他の音響を聴くことができる放送番組及び音声その他の音響を聴覚障害者に対して説明するための文字又は図形を見ることができる放送番組をできる限り多く設けるようにしなければならない。

政治を公平に放送してほしくないから、この第4条を撤廃したかった。
今は、息をひそめているが、また、復活してくるかも。
➂教育統制
ハンガリーでは、すでに、中高一貫となり、政府のお気に入りにならなかった中学教師は、職を失い、デモをした。
日本でも、今年から、道徳では今までと違った教育となっているから、なるほど、安倍政権は着々とと思った。

位置情報国民は、法律は守らなければならないが、憲法は国民が守るものではない。
では、憲法は、だれが守るべきなのかはここに答えがある。
第99条
天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う。

これは、マグナカルタに基づいている。世界の立件主義は、このときに。
王様が勝手に税金を上げたりしたので、そんなことをする際は、われわれの言い分を聞いてからにしろと。
1215年、イングランド王ジョンが封建貴族たちに強制されて承認、調印した文書。前文と63条からなり、国王の徴税権の制限、法による支配などを明文化し、王権を制限、封建貴族の特権を再確認したもの。権利請願・権利章典とともに英国立憲制の発展に重要な役割を果たした。

日本国憲法には、権力者の限界を憲法の前文に書いてある。

9条は、軍事的手段を放棄していいのか、高度な理想であり、原爆やアジアででの日本がしてきたこと、過去の大失敗をもとに、憲法を作っている。

これは、当時、イングランド国教会だったイギリスから、アメリカが独立するときに、政教分離をした。精神的にもイギリスから独立した。

位置情報80年前のだまれ事件 先日の民進党議員への国家の敵だ発言が似てる
いまだかつて歴史上、この2件だけだ。とても重大。 
「黙れ事件」は、日本が徐々に戦時体制に入りつつある1938(昭和13)年3月3日の帝国議会で起きた。
当時の佐藤賢了・陸軍航空中佐が衆議院の「国家総動員法案委員会」の審議中、議員に対して「黙れ!」と怒鳴ったのだ。
これに、国会は騒然。中佐は発言を撤回したが収まらず、陸軍省の大臣が釈明に追い込まれることになった。
この1か月後に、国家総動員法はでき、陸軍では、年次と階級の上下は大きな意味を持っていた。軍の先輩で、しかも現役時代の階級が上だった国会議員に対する発言だったにもかかわらず、それ以上問題視されることはなかった。また、佐藤中佐が処分を受けることもなかった。この事件の4ヶ月後には、大佐に昇進した。
この記事は、ここにも資料付きで詳しく書いてある。
https://www.buzzfeed.com/jp/kotahatachi/damare?utm_term=.ff3xL3V8K#.kr3G6Eagp

位置情報憲法第96条から変えようとしていたが、
国民投票の改正案がよくない。
➀最低投票率が決まっていない。つまり、国民が100人だとする。30%の投票率でも、その2/3でOKとすると、20人が変えてもいいと決まれば、憲法は変えることができる。投票率が15%だったら、10人でよい。どんどん少ない人数でも国民投票で変えていく。そして、最後に、やっぱり、最低投票率は50%以上とかにしましょうとすれば、二度とかえることができそうにないとてつもなくハードルの高い国民投票となり、時の政権のやりたい放題になってしまう危険性がある。
(2018.4.22 思い出したので加筆 紫部分)もうひとつあった。
メディア規制がない。14日前までなら、テレビでもコマーシャルをすることができる。
憲法改正したい側がおカネをいっぱい持ってるので、こんなの簡単。
昭和天皇がお亡くなりになったときや福島原発事故のときを思い出してください。
あー、そうだったそうだった。若者に人気の人を起用するなんぞ、電通はおてのものでしょ。


位置情報講師のおすすめ。憲法改正の作法
➀憲法改正をする場合は、重い説明責任を課す 
→刑事訴訟のように。
⓶改正したくない人は、理由を説明しなくてよい
➂十分な情報開示と熟議の時間 
→オリンピックまでと期限付きの思考はとんでもない

位置情報そもそも自衛隊は、今までずっと合憲としてきた。
朝鮮戦争があるからとアメリカに要請されて、苦肉の策で
当時、陸軍警察予備隊を結成。
当時の内閣法制局は、憲法での戦争の戦力とは、警察力を超えるものをさす。これは、警察予備隊だから、警察力を超えないので戦力ではない。
そして、アメリカから空軍もと言われ、日本は考えた。
自衛権は憲法に書いていないから大丈夫だ。必要最小限の自衛!
個別的自衛権
1954年7月にでき、2014年7月には、自衛隊は還暦を迎えた。
安倍政権は、
憲法では、戦力不保持だが、
集団的自衛権もといいとしてしまったから、
爆撃装備も、ICBMも攻撃型空母も持てないはずだったのに。
F35B 巡航ミサイルも、装備も違憲だったのに。
2014.7.1の閣議決定で、自衛隊の幕僚長もお友達人事。

むかっ(怒り)
・情報隠し
・争点ぼかし
・論点外し
・友達重視
・異論つぶし

ひらめき講師は、「君はサンダーバードを知ってるか」と突然話す。
以前、この題名の本を発行したという。
自衛隊は、今まで優れた技術を身に着けてきた。
戦闘地域でも戦闘地域といえずに、髪が抜けるほどのストレスをためてしまえうことがないように。
東日本大震災のときに、講師は、被災地での自衛隊の災害救助をみてきた。風呂にバスクリンを入れて提供していた。そのバスクリンは、隊員が用意したという、すこしでも癒せるようにとそういう自衛隊の心底国民を守る任務をこれからも発揮できるように、災害救助隊に徹したらと思っている。
北朝鮮のミサイルが危ないと言ってきたが、今、まさに変わろうとしてる。
これからは、平和の守り方ではなく、平和のつくり方である。
憲法は変えなくてもよい。
究極の歴史的公文書である憲法、の改ざんを許さない。
少なくとも、憲法を変えるのは、改ざんに手を染めた人にゆだねてはいけない。
と講演を結んだ。
その後、質疑がまた、おもしろかったが、すでに、ブログを書いて、3時間が立ってしまった。
もうおやすみなさい。

posted by のんのん at 21:24| 憲法