2018年04月01日

財政研修 1日目


財政研修にきている。
なんと、いろいろ研修にいっていると、世間は狭いものである。
私を含めて10人参加。
そのうち、
昨年の市町村アカデミーの政策提案の研修で一緒だった阿賀町の議員 清野さん
おととし、ニセコ町でJAIM仲間の研修にいったときに一緒だった珠洲市の議員 米田さん
以前の財政研修で一緒だった高萩市の議員 坪和さん
そして、今日は公務でこられなかったけれど、明日から参加という
昭島市の議員 大嶋さんは、以前、綾町への財政研修に行ったとき、いっしょだった。

9人中4人が以前、研修であったことがある議員、これって、世間狭いよね。
それも、今回の研修は、大和田先生の財政研修を
基礎講座、ステップアップ講座、エクセル講座を完了した人だけの狭き門?!

@新潟県阿賀町の財政
大雪で、除雪費が9億円
ふるさと納税で、JALファーストクラス提供のブランド米が大人気。●億円も収入増。
でも、大雪で除雪費用がかさみ、…
面積は、900Ku 木更津市の6倍以上。
一番多く歳入で占めているのが地方交付税で、合併特例債が減りつつあり、過疎債があり、今後のやりくりが問われる。

A神奈川県二宮町の財政
なかなか財布のひもがきつい二宮町。
学校は大雨で雨漏りしても、お金がないという。
今、庁舎を建て変える準備をしている。国の制度ができ、補助金がもらえるからと。
でも、基本構想、基本計画、実施計画を進める中で、住民との合意もとり、とても時間的余裕がなく、国の締切に間に合わないのではないかという。

B 石川県珠洲市の財政
ここには、書けないけれど、聴いてびっくりな話がいろいろ。
高齢者が多く、人口減。あちこちグランドゴルフ場があって、たったひとつ、子どものための施設ができたのに、高齢者のための施設ではないという意見もある。
高齢者の人口とはたらきざかりの生産年齢の人口はほぼ同じ。
となると、それを比較して、住民サービスのあり方を市民が考えるきっかけになってもいいのかなと感じた。

財政の話から、トップの姿勢、議員と兼業の仕事、監査の在りよう、報酬審議会の審議、議会改革など、ディスカッションしたのでした。
類似団体比較カードを財政課が知らなかったという行政もあったり、いろいろ話は弾んだのでした。
posted by のんのん at 20:52| 財政