2018年04月17日

道徳の授業に懸念 


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00000011-sasahi-soci
教員たちも思考停止に…「道徳」で混乱する教育現場〈週刊朝日〉

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180413-00000010-sasahi-soci
「洗脳につながりかねない」現役教員が危惧する道徳の教科化〈週刊朝日〉

昨日は、立て続けにこんなニュース
ちょうど、市民ネットの機能の会議でも、道徳の授業がたいへんなことにと話題になった。

これの記事を読んで、4/14の憲法集会での講演を思い出した。
自民党改憲案26条3項 
国は、教育が一人ひとりの人格の完成を目指し、その幸福の追求に欠くことのできないものであり、かつ、国の未来を切り拓く上で
きわめて重要な役割を担うものであることに鑑み、各個人の経済的理由にかかわらず教育を受ける機会を確保することを含め、教育環境の整備に努めなければならない。

「国の未来を切り拓く上で」→教育が国家のためになってしまう
あー、道徳は、もうその路線かなと危惧する。
なにはともあれ「きまりを守ること」最優先でいいのかって。
それがほんとに正解の最終到達点なのか。

posted by のんのん at 20:34| こども