2018年04月20日

木更津アピール


今日は一番に、朝日庁舎に資料をもらいに行った。
その後、議会運営委員会。これはすぐに終わった。
そして、11時に待ち合わせていた。
北中城村議会議員の山田さんと大学時代からの友達という吉田さんと合流。
吉田さんは、山田さんが本土に視察にくるときは、
いつも同行して、ナビ役のようでした。

オスプレイくるないらない住民の会の野中さんにオスプレイ関連の話はお願いした。
中の島に向かった。
2018.4.20 @.jpg

山田さんは、一番右
元職員だそうで、明後日からは、東北を視察するという。実に精力的。

あゆみ会で携帯などの部品を分解して資源とする仕事場、障害者就労支援の働き場を視察。
今日は、ハードディスクの分解をしていた。
2018.4.20 あゆみ会@.jpg


すべて分別して資源にする。
2018.4.20 あゆみ会⓶.jpg

説明をきいてると、トラックがはいってきた。
入荷だ。
利用者さんや職員が荷下ろしを始めた。
写真は承諾を得たのて゛ご紹介。
2018.4.20 あゆみ会➂.jpg

はじめに下ろされたのは、
これ。
2018.4.20 あゆみ会D.jpg

火災報知器。
これは、すべて分解し分別し、重量を測って、返却する。
分別した作業料金をもらうという。
ごみは出さない。だせば、処理費用がかかる。分別する仕事であり、ごみをこき受けるのではない。
資源として再利用できるように分別している。と熱く友田さんは語る。

2018.4.20 あゆみ会C.jpg

手際よく次に荷下ろししたのは、これ。
2018.4.20 あゆみ会E.jpg

ハードディスク。

木更津市でパソコンや携帯もクリーンセンターに持ち込んでもよい。
それは、あゆみ会で分別となる。
倉庫をみせてもらった。
なんと、市で回収したら、1週間ほどで分別し終えるという。
それぞれ、の重量を測り、資源として売った分は、市へ報告し、それは、利用者の労働賃金になる。
市としては、回収したパソコンや携帯などが、どれだけあり、それが就労者の賃金にどのくらいになっているのか知りたいようだ。毎年報告しているとうれしそうに説明してくれた。
だすほうも、受け入れるほうもメリットのある仕事にすべきと力説。
その後、市民活動支援センターに行き、フリースペースをお借りして、座学。
16:30まで。みっちり、木更津の財政や子育て支援、市民活動災害補償制度、市民の声の集め方など
多岐にわたって、情報交換をした。

いやー。木更津、頑張ってるね。いいねー。と話していた。
山田さんの話に、米軍基地のゴルフ場が返還されて、イオンができて、病院もできたという話をしていた。
以前、沖縄に視察に行ったとき、たしか、そんなところを通った。
立派な道路だった。
なんと、あれは、北中城村だったんだーと私は思ったのでした。

さて、夜は、波岡中PTAの懇親会に参加。
では、おやすみなさい。
posted by のんのん at 22:32| まちづくり