2018年05月17日

財政をチェックする大切さ


甘い。
財政調整基金(預金)そこをつく事態は、とんでもない。毎年、それを取り崩してきてやりくりしていたところに大雪。大雪のせいだけではないと考える。
調べてみた。福井市の財政運営計画にこんなことが書いてあった。
「福井市の財政は、平成9年度に赤字決算となった。」
その対策で、平成10年度〜平成15年度までの6年間の「財政健全化計画」を策定。
平成19年度から28年度までの10年間の、財政見通しの試算をもとに財政指標の目指すべき水準を示した「健全財政計画」
平成19年度から21年度までの3か年間の「中期行財政計画」を柱とした「福井市財政運営計画」を策定。
それらは、名前こそ変わっているが、視点はどれも同じだった。あー、これじゃと思った。
●貯金はどのくらいすると決めてあるか。
→災害のときに、急に入用なときに融通つくお金だ。記載がないようだ。
●借金は限度枠を決める。
→記載がないようだ。これじゃ我慢できず、事業優先となる。
 どの計画にも、事業にかかるお金はいくらかはしっかり記載があった。
●毎年、計画とずれはないか見直し、ずれを修正した計画をもとに、次年度を運営する。
→5年の計画をたてて、見直しがなさげ。これでは、途中で軌道修正できない。

http://www.fukuishimbun.co.jp/articles/-/331069
福井市赤字、甘い財政運営見通し
財政調整基金が急減時に大雪
posted by のんのん at 23:59| 財政