2018年07月03日

明日から研修 社会保障・社会福祉


明日から3日間。
もりだくさん。知恵熱出そう。

政策研究大学院大学 小野太一教授 
 2025年問題と社会保障政策

淑徳大学コミュニティ政策学部  鏡 諭 学部長・教授
 介護保険と地域包括ケアシステム

東京大学政策ビジョン研究センター 尾形裕也 特任教授
 地域医療の現状と課題

東京都健康長寿医療センター研究所 社会参加と地域保健研究チーム 鈴木宏幸研究員
 認知症の基礎知識と社会参加による予防の可能性

京都大学経営管理大学院  高齢社会街づくり研究所株式会社顧問 岩尾聡士 特定教授
 町全体で人々を看守る街づくり


posted by のんのん at 21:24| 介護・看護

ムムム


https://dot.asahi.com/aera/2018070200032.html
この記事。
在日米軍に国内法は適用されない? 外務省が国会で炎上中

政府がいっこうに変えない国会答弁がある。
「一般国際法上、駐留を認められた外国軍隊には特別の取り決めがない限り接受国の法令は適用されない。日本に駐留する米軍についても同様です」
ところが、一般国際法上って、何?

沖縄県は米軍機の飛行について米軍が駐留するドイツとイタリアで今年2月に調査し、中間報告書で「事故をきっかけとした世論の高まりを背景に地位協定改定などで活動をコントロールしている」と指摘。一方で「日本政府は一般国際法上、国内法が適用されないとの立場を取り、両政府で合意した飛行制限も守られていない」とした。

末尾に
「駐留米軍の事故を機にドイツは地位協定を改定し、国内法適用の範囲を演習空域などへ広げた。改定を避け、駐留外国軍に国内法は不適用と言い続ける日本政府に、日本人や、自衛隊を派遣した先の国の住民の人権を守れるでしょうか」


別件
埼玉県所沢の米軍基地に、オスプレイが離発着したというニュース。
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12198-051677/

一切の説明もなく、埼玉県の上空を勝手に飛んだ。
いざ、事故が起きても、日本の法律に従わないでいいことになっている米軍機が好き勝手に空を飛ばれちゃ、困る。




posted by のんのん at 21:14| オスプレイ