2018年07月19日

移転先の中央公民館の駐車場 結局どうなったか


駅前庁舎に移転する中央公民館の駐車場は、どうなるのか。
3月議会で質問していた。

これ、3月議会の市議会だより  
2018.3月議会だより.png

ここでは、紙面の都合上、質問をピックアップして掲載している。

田中 市民活動支援センターの駐車場の利用は、どのようになっていますか。
市  14台の利用が可能。なお、満車になった場合については、周辺のコインパーキングを利用してもらう。
田中 では、教育部にお聞きします。公民館が駅前庁舎に移転したら、駐車場はどのように考えていますか。
市  利用者の駐車場については、仮移転後も現在の駐車場は同じように使用できるので、引き続き中央公民館の駐車場を利用してもらう方向で考えている。
田中 公共施設再配置計画の第一期実行プランでは、H29年度からの5か年計画が策定されました。
それによると、2018年は仮移転、2019年に解体、跡地活用ができるのは、2020年半ばからと計画されています。中央公民館の利用者への説明会で、現中央公民館は取り壊すため、そのさいの駐車場利用は難しいと言われた、移転によって有料になり、駐車場もなくなるのかと、いろいろ市民から聞かれます。
市民からみたら、公民館を駅前庁舎に移転し、歩道もない道路を歩き駐車場が遠くなり、その駐車場も一時期使えなくなるという不便さを抱えます。
一方、木更津市では、大和一丁目土地(駐車場跡地)を効果的に活用するためにサウンディング型市場調査、駐車場跡地の再利用に民間事業者の意見をきくという状況です。
縦割り行政、そのものであり、市民からみたら全く、ちぐはぐな市政運営です。
中央公民館を取り壊す間、ここを一時期駐車場に利用にと、市民の利便性を全庁的に考えることも必要ではないかと苦言を呈しておきます。

実際には、こんなやりとりをしていたのだが、議会だよりでは、コンパクトにまとめていた。

さて、駅前庁舎の中央公民館は、7/21にオープンセレモニーをする。
それに先立ち、駐車場について、検討したことが議員にメールで報告があった。
市民にも、広く知らせることになると思うが、せっかく、議会質問したその後の対応でもあるのでここでもお知らせする。

中央公民館利用者への木更津駅前西口駐車場券配布について
高齢団体の利用、荒天時や夜間利用時の安全性など、利用者の便性の観点から、再度関係部局との協議も含めて 検討した。
その結果、目的外での利用を除く公民館団体には、現在の中央公民館駐車場の利用に加え、木更津駅前西口駐車場を利用した場合も、回数駐車券を渡すことにした。
回数駐車券って、聞きなれないけれど、議会傍聴にきたら、帰りにもらえる駐車券のことだと思う。

だれでももらえるわけではない、どんな場合か
・あらかじめ公民館使用許可申請書を提出し、使用許可を受けている団体
・展覧会 、講演会、 各種 イベントの来場者、企業の試験会場や研修などの利用者を除きます

無料になる時間は、次のうち、どちらか、短いほうです。
・公民館使用許可申請書で許可された時間の範囲
・実際当日使用時間の範囲

配布日は、7月21日の再オープン日から
問い合わせは、中央公民館へ25-4581
posted by のんのん at 22:24| 議員・議会