2019年01月05日

やっぱり無理でしょ。今年中に小中学校一斉にエアコン設置。


12月議会では、小中学校へのエアコン設置を2019年度中に行うと説明された。
でも、どうでしょ。全国一斉にエアコン設置に向けて、動くわけだから、
エアコンをつくる業者も設置業者もひっぱりだこでしょ。
だから、一斉には無理だと思う。
たぶん、仕切り直しだろうなー。
田中は、昨年9月議会で質問していた。
エアコンのない小中学校の実態調査もしたうえでの質問だった。
このグラフ、学校名を伏せてほしいと、執行部に言われた。
だから、ABCで表記してある。
エアコン設置 小中学校.png


こちらをみてほしい。
エアコン設置 小中学校1.png

明らかに、暑ーい学校となんとかすごせそうな学校がある。
測定方法に相違があるかもしれないが、明らかにそのクラスの児童生徒は劣悪な環境だったとていえよう。
この暑ーい学校から順にするなど、一番早くできる方法にとりかかるべきと、田中は考える。
一斉にでなくければ、設置できないとしたら、いつまでもできないかもしれない。
今まで、設置していた学校があるだけに、いまさら感もある。
posted by のんのん at 21:56| こども

木更津飛行場運用規則 みえる化バージョン その2


100円ショップで、積み木を買った。並べてみた。
陸上自衛隊木更津駐屯地には、木更津飛行場がある。
その滑走路に離発着する経路、場周経路がある。
回転翼機(ヘリコプター)の場合
IMG_3837.JPG

海側の場周経路は、244m
 ショートパターンは、152m以下で飛ぶ。
陸側の場周経路は、427m

固定翼機(飛行機)の場合
 
IMG_3838.jpg

海側の場周経路は、274m
陸側の場周経路は、427m


こちらは、場外離着陸訓練場
IMG_3835.JPG


房総低空飛行訓練場の超低空飛行エリアでは、
IMG_3836.JPG

飛行制限空域もあり、152m以上で飛ぶこととあるが、こんなに低い。

房総低空飛行訓練場には、場外離着陸訓練場もある。
IMG_3835.JPG

九 十谷場外着陸訓練場は、305m
大沢場外離着陸訓練場は、244m
宇藤原場外離着陸訓練場は、366m

そして、これが、木更津飛行場の場周経路にはいったりでたりする場合
IMG_3839.JPG

陸側に飛んで出ていくときは、約520m
陸側から入ってくるときは、 約420m
海側に飛んででていくときは、約180m
海側から入ってくるときは、 約240m

言っておきたいことがある。
陸上自衛隊のことを全否定しているのではないです。

オスプレイは、ティルトローター機
ヘリコプターのようなときは、回転翼機。
飛行機のように飛ぶときは、固定翼機のルートだろうか。
でも、滑走路は、短いので、回転翼機の場周経路かな。

米海兵隊のオスプレイの飛行は、覚書できめられている。

その覚書は、「木更津飛行場運用規則」と日米合同委員会の合意事項に基づく。

陸上自衛隊が購入したオスプレイの暫定配備場所が決まらない。報道では一時木更津と名指しされた。

もしも、暫定配備になったら、どこで訓練するのか。

陸上自衛隊木更津駐屯地の訓練場所は、木更津飛行場運用規則に書かれていた。

今まで、陸上自衛隊のヘリコプターなどは、すべて「耐空証明」(安全に飛行できる乗り物という証明)があった。

オスプレイは、耐空証明がなくても、軍用機として飛んでいいという法律で飛ぶことができる。
つまり、安全ではないが、飛んでも違反ではないということ。
米海兵隊オスプレイも、耐空証明がなくても、軍用機として飛んでいいという法律と日米地位協定によって、飛ぶことができる。これまた、安全ではないが、飛んでも違反ではないということ。

安全ではない乗り物は、パイロットの技術で安全になることはない。
横田基地のオスプレイも、米海兵隊のオスプレイも、陸上自衛隊のオスプレイもいらない。

1/6 一部加筆修正しました。
posted by のんのん at 21:44| オスプレイ