2019年03月01日

安心だから、安全なのではない。安全だから安心なんだ。そこを見失うな


今日も、議会が始まったころに、オスプレイが試験飛行をしたという議会事務局からの報告メール。

さて、私の質問、ダイジェストに報告。
2)陸上自衛隊の訓練中部品落下のその後は 
 昨年5月10日に 陸上自衛隊木更津駐屯地広報班は、駐屯地周辺を訓練飛行中の対戦車ヘリコプターから、衝突防止灯レンズのカバー(直径約10センチ、高さ約5センチ、重さ約185グラム)が落下した可能性があると発表しました。
 ヘリは、訓練のため、10日午前9時半ごろ木更津駐屯地を離陸し、周辺の陸上や海上を約10キロ飛行した後、午前11時20分ごろに同駐屯地に着陸しました。着陸後の点検で、飛行前にはあった機体上部のレンズカバーがないことが判明しました。

@落下部品の捜索のその後は。
 答弁→まだ捜索中

➁ヘリは、周辺の陸上や海上を約10キロ飛行したとのことだが、このときの場周経路は、海側、陸側どっちだったのか。それによって、場周経路への侵入・離脱 経路もどっち方面だったのかもわかる。12月議会でも質問したが、場周経路への進入・離脱経路の情報公開については、その後の検討結果は。
 答弁
→海側。場周経路への侵入、離脱経路については、運航の安全と秩序を図ることを目的としているからと、防衛省の回答。今後も、市としては、情報公開できるよう努める

と、すっきりしない防衛省の返答を報告するという木更津市の答弁。

私は、意見を述べた。
米海兵隊オスプレイ定期整備の覚書は、この運用規則と日米合同委員会の合意事項をもとに作っています。
米海兵隊オスプレイが人員や物資を運ぶばあい、場周経路は海側でも、そこへ侵入または離脱するとき、陸側も通ることがあります。これは、運用規則できまっています。
この侵入離脱経路を公表しない限り、陸側を飛行するオスプレイを市民が目撃するたびに、木更津市へは覚書違反ではないかと問い合わせが来ます。
オスプレイの試験飛行に関しても、運用規則によると、飛行計画は前日にはわかっていますが、木更津市への試験飛行の情報は、防衛局の目視情報のみです。木更津市としては、市民の安全確保のため、毅然とこれからも情報提供を求めるよう尽力ねがいます。

さらに付け加えた。これは、以前、市民から教えてもらった言葉である。
安心だから、安全なのではない。安全だから安心なんだ。そこを見失うなと。


posted by のんのん at 22:26| オスプレイ