2019年03月09日

とってもうれしくて涙があふれちゃった。15年かかって復活


ピアノを奏でる。歌いだす。私も歌い始めたら、
あっ、あー、胸が熱くなった。視界がうるうる。
とても懐かしくて、ありがとう、ありがとう-。
また、聴けて、一緒に歌えて、とても感動した。

今日は、波岡中の卒業式。
わが子が3人とも卒業した中学。
当時、PTA会長をしていたので、卒業式はより思い出深い。
子どもが卒業後も、地域の青少年育成連絡会議の会長をしていたので、
卒業式や入学式の来賓に何年も。そのうち、市議会議員になって、
またまた、来賓に。
今日は、私が保育園で夕方パートをしていたときの子どもも卒業。
もう、そんなに年月が経ったんだと。

さて、話しはうるうるの続き。
3番目の子どもが在校のとき、ちょうど波岡中は創立20周年だった。
記念行事は、波岡中の作曲者 佐藤眞先生をお迎えして、指揮をしてもらう…。
大地讃頌の作曲者でもある。
その先生をお呼びして、君津高校の管弦楽部と波岡中の吹奏楽部とその卒業生と
波岡中の全校生とで合唱した。確か大地讃頌と校歌だった。
佐藤先生の作曲した校歌は、珍しく、パートに分かれていた。3部合唱だったような。
20190309_102840.jpg

だから、卒業したあとも、こどもたちがそろったら、
校歌を歌ってくれたときがあって、ハモッてた。
3番目の子どものときは、だんだん生徒数が減っている時期だった。
卒業したあとは、式のときに、校歌を聴いたら、全校生徒が主旋律を歌う
なんとも、ちょっと物足りない。
生徒数が増えてきたので、今年度は、音楽の先生、頑張ったそうです。
見事に、ハモッてた。
波岡中は、今年度で35周年。
ということは、15年の月日を経て、復活。
あー、なんとも感慨深いです。
あまりにも、うれしくて、このうれしさをお裾分けしたくて、
午後は、何人か、当時のPTAの方に伝えに行きました。

今度、録音して聴かせて?
そうしよう。入学式の時の歌声をお裾分けしよう。
posted by のんのん at 21:13| こども