2019年03月18日

やっとだ。あまりにも遅いから、ストライキかと思ってたよ


やっとだ。たいてい、インターネット中継の録画は、1週間後にアップされるのに。
木更津市議会3月議会の中継は、2週間以上もたってからアップ。
3/1の私の質問もアップ。

録画はこちら
http://www.kisarazu-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=speaker_result&speaker_id=48

質問の中で、たくさんの資料をつかった。
インターネット中継を見る前に、これらの資料を印刷してみると、いいかも。

田中のりこ2019年3月市議会質問資料PDFファイル
・資料1  住み続けられるのか、路線バスを検証
 https://tanaka-noriko.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2019/02/sirou1-rosen-basu.pdf

・資料2  空に関する市民の安全・安心の確保
https://tanaka-noriko.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2019/02/842414720a2d1906a5392b754ed9b7cf.pdf

・資料3  保育の質を高める放課後児童健全育成事業を
https://tanaka-noriko.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/2019/02/592b42ae105d371e20510174da998a9d.pdf

posted by のんのん at 22:33| 議員・議会

基地対策特別委員会に、北関東防衛局と防衛装備庁がきた


今日は、今期最後の基地対策特別委員会があった。
北関東防衛局と防衛装備庁が、オスプレイの定期整備の報告
●オスプレイの1号機は、H29.2.1から整備し、やっと今年計4回 試験飛行を行い、定期整備を終えた。

●覚書は全て遵守された。運用時間内での定期機体整備 場周経路もした。遵守

●反省点としては、
・定期機体整備の実施には、オスプレイの可能な限り情報を適宜おこなうこととする。
・米軍からえられた情報は結果として、直前になった。
・やはり制約があるのでしかたない。

●オスプレイの定期整備2機めの進捗状況
・分解、点検、修理の段階である。
・今後1機あたりの時間 短縮されると見込んではいるが、分解してみないとわからない。

●質問タイム
場周経路を遵守したというが、木更津飛行場運用規則には
場周経路への進入・場周経路からの離脱経路も決められている。
そこも遵守したのか。
→米軍のことであり、答えようがない。

木更津飛行場運用規則の
場周経路への進入・場周経路からの離脱経路は陸側もある。
遵守していても、陸側をとおる場合がある。
試験飛行ではなく、人員や物資を運ぶオスプレイが飛来するとき、
陸側でも目撃情報があった。
場周経路だけでなく、進入・離脱経路も情報開示しなくては、
市民からの陸側での目撃情報があるたびに、覚書が守られていないのではと問い合わせが市や議員に届く。
進入・離脱経路も情報開示をしてほしいということは、木更津市から届いてるでしょ。
→届いている。

1機整備に7ヶ月と報道されていますが、普天間基地の24機のうち、2機だけ木更津に来ているが、残りの22機の修理を全部終えるのは無理ではないか。
→順次やっていく

昨年末にアメリカは整備に関する企業を新たに公募したが、どこでするのか。木更津基地はにはいらないと私は思うが。
→どこでするかはわからない。

その業者の説明会があり、放射性物質の管理が含まれることがわかった。
木更津基地での整備でも、放射性物質の管理があるのか。
→自衛隊のヘリもエンジン点火装置にも放射性同位元素がつかわれている。
原子力規制委員会に、スパル事業所として、報告済。
漏れた場合は、情報開示を求めていきたいが。
→漏れた場合は、放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律に基づき、原子力規制委員会に報告することになっている。

など、質問し、回答を得たが、
覚書を遵守したかどうかは、防衛省がいうだけでなく、私たち住民が自分たちで暮らしの中で確認できなければならない。
そのためにも、守ることはなにか、どんなルールになっているのか、情報開示を求めることは、今後もつづけなければならない。
安心だから、安全なのではない。
安全を確認できたら、安心なのだ。

ひとこと、ここで申し添えておくが、田中は、日本の空にオスプレイはいらないと思っている。
なぜなら、オスプレイは、安全に飛行するという国際的なルール「型式証明」と「耐空証明」を持っていない。軍用機だから例外的に飛んでいる。つまり、田中に言わせれば、国際的に、安全に飛行できないものが、飛ぶこと自体、安心できないわけ。
でも、定期整備をはじめたから、ならば、しっかり、決めたことは守ることから安全を確保するしかないと思っている。そのためにも、「決めたこと」は情報開示して、住民が安全を判断し安心をすこしでもと考える。

ということで、今日もらった資料を情報共有の意味で
「V-22オスプレイ定期機体整備に際しての陸上自衛隊木更津駐屯地の使用に関する確認事項」
を添付する。(特に目新しいことはないが)
基地対策特別委員会 防衛省資料.png

posted by のんのん at 21:51| オスプレイ