2019年04月30日

世の中、改元だけれど、私はリセット


ようやく、大掃除というか、断捨離、ほぼ終わりましたよ。
押し入れに、壁紙貼って、収納完了。
今回、本棚2つ、たんす兼本棚も1つ、夫が庭で壊しました。
粗大ごみになるところを燃やせるごみサイズになりました。
さらに、部屋も模様替え。リセット。
これで5月から、スタートできます。

そうそう、スマホも機種変更しました。
充電を必ず、昼に一度しないと、電池切れになってしまう状態だったからです。
スマホもリセット。

さー、もうすぐ、新元号に変わりますね。

posted by のんのん at 23:18| 日記

2019年04月29日

まだ終わらず

大掃除というか、模様替えというか、まだ終わらず。紙ごみの多いこと。
年数がたつと、必要でなくなる情報や資料。
こんなにいろいろ調べたり、研修に行ったなーと思いながらコツコツ。
でも、予約していた美容室にも行き、スッキリ。
ちょっとメッシュのカラーリングを代えてみました。
さっ、もうひとがんばり、お部屋もスッキリしなくちゃ

追記
押し入れに入る棚を組み立てた。
20190429_223025.jpg

本棚の本や資料を整理して押し入れに片付けた。
20190429_222935.jpg


posted by のんのん at 20:22| 日記

2019年04月28日

OFFなのかそうでないのか微妙な休日


10連休は、忙しい。とっちらかっていた諸々、プチ断捨離中。
分類が大変だ。
議会関係は、事業系ごみ扱いで、GWの間はクリーンセンターは受け付けない。 
プライベートは、家庭ごみなら、日にちは限定されるものの、GWの間も持ち込み可能。
でも、終わらない。 
友達から、いろいろ書類が送られてきて
他市の財政や総合計画をみてて、ムムム。
どうも、興味があるほうへと誘導される。

というわけで、まだ、プチ断捨離は続く。
10連休のあいだに、プチ断捨離をすることと、
6月議会質問の質問骨子をまとめたいんだけれど。
posted by のんのん at 22:25| 日記

2019年04月27日

千葉県教育委員会の思惑はなにか


教育現場で起きたことを直接聞くことができた。
そして、千葉県教育委員会の対応をきいて、あー、やっぱりと思った。

沖縄の修学旅行・平和学習プリント回収命令事件について。
通信2号は、「文化」について
3号は、「1995年米兵少女暴行事件」について
すると、3号は、回収命令がでて、
学年会で、先生方と話し合いをすることになった。
しかし、執筆した先生の勤務時間ではないときに、話し合いがされた。

書き直しをして、再発行することになった。
なにを書き直すのか、しかたなく、書き直し、訂正版ができ、
校長もOKだった。しかし、これも、県教委から指導がきた。
なぜ、県教委か。

教頭が模範版を作成した。
教頭の模範版は、あちこちの抜粋ばかりだった。
通信5号は、「沖縄戦 ひめゆり学徒隊員の証言」
ガマの惨状をおさえた内容にしたのに、若手先生は、
それでも、悲惨だから、生徒がびっくりするのではと意見があり、
何も知らずに、現地に出向くほうがショックは大きい。
知ってて行くほうがいいと話し合った。結果、
悲惨な状況を認識させてそこへいくべき。と5号を発行。
クラス単位で、千羽づるを折ることになった。
また、
なだそうそうを三線(さんしん)で演奏したのも 5号の影響力だ。

その後も、検閲が続いた。
文言には、出典を書くこと
沖縄の地図もさしかえるように言われた また、出典を書くこと
教師の書いた文章に対し、出典をかけと指導があった。

などなど、聴いてても、私はこれはいやがらせかと思った。

「世界一危険な飛行場」これ、最近、よく聞くでしょ。これも
出典をかくように指導されたそうです。

県教委の思惑
教師に沖縄通信を書かせないってことか

教育への不当な介入
このようなことは、千葉県でいくつもあったわけじゃないそうです。

今、学校現場では、どうなっているのか。
6年生の校外学習がなくなって、修学旅行だけになってしまった。
なぜか。
アクティブラーニング(主体的・対話的な学び)を多く取り入れるようになっている。
全教科164点中、地図を除いて162点でアクティブラーニングを盛り込まれているという。
学校の先生も大変だ。授業は、高度になるから、
なんと、板書例や授業の進め方などのガイドラインを掲載する教科書も多くなってきたという。
学びも教え方も、パターン化していくのだろうか。

事例紹介1つ
東京の養護学校の性教育に関する学習をしたところ
都議が見学して、やめさせる圧力。
都議団が視察。都教委が処分 降格 裁判で学校が勝っている
東京高裁は、教師に裁量をもたせなければ、教育は発展しない。との見解。

さて、話しは、千葉県教委のことに戻る。
通信の検閲に関して、憲法16条により、請願したものの、県教委は
「回答していないので、請願書を開示しない」
その文書も保有していない。という。
そこで、今度は不服申し立てをした。
また、最大3ヶ月延期でき、6月下旬に回答がくるのだという。

これをきいて、私は、やっぱりとおもったのだった。だって、
市民ネットワークでも、昨年まで県議とともに、
ヒアリングをして、要望を出していた。その中で、いつも、出していたものがある。
陳情や請願があった場合、提出者に対し、その案件の取り扱い方法や結果を文書で通知すること。
それに対し昨年、県教委はこのような回答があった。
請願に対して教育委員会会議に付議した案件については、その結果を請願者に通知している。また、付議しなかった案件については、その理由について、教育委員会会議の中で教育長がその理由を報告している。また、その発言内容については、議事録を作成しホームページ等で公表している。
他にも、君津市の学校統廃合問題
なぜ、労働者の日のメーデーに改元か
小櫃川上流の最終処分場の裁判のゆくえ
木更津が抱えるオスプレイのこと
凝縮された学習会だった。
posted by のんのん at 23:40| こども

2019年04月26日

2019木更津市議選 投票率を分析 


質問➀ 高齢者の占める割合をみると、有権者の3割だが、投票率でみるとどうか。
質問➁ 投票率が低い年代は、何歳代か
質問➂ 女性と男性では、どっちが投票している人の割合が多いか

調べてみました。
選挙が終わって、入手した資料(紙)を、昨年、一緒に財政白書を昨年つくった方に、
パソコンにデータ入力をしてもらい、グラフにしてもらいました。
おもしろくて、もう少し、私も手を加え、できあがりました。

さて、お答えしましょう。
質問➀ 高齢者の占める割合をみると、有権者の3割だが、投票率でみるとどうか。
無題.png


なんと、
65歳以上の方は、有権者の3割しかいないのに、投票率でみると、5割近くを占めていることがわかりました。

では、各年代は、どのような投票率だったのか。というと、
2019選挙 有権者数.png
2019選挙 投票者数.png


質問➁ 投票率が低い年代は、何歳代か
2019選挙 年齢別投票率.png

歴然です。
18歳・19歳の投票率は少し高いものの、20歳〜29歳はガクンと下がる。
18歳、19歳で、投票した方、20歳を過ぎても、ぜひ、投票に行ってください。
といっても、住所は、木更津市のままで、大学や専門学校で市外で独り暮らしをしているかもしれませんね。

質問➂ 女性と男性では、どっちが投票している人の割合が多いか
2019選挙 女性の投票率.png

ほとんどの年齢で、女性のほうが投票率が高いという結果がでています。
だんとつに、男性の投票率が高いのは、80歳以上です。これは、どういう理由なのか、わかりませんね。
施設や病院での不在者投票もできるところがありますが、男性が多く入所・入院しているわけでもないと思うのですがね。

今日はここまで。おやすみなさい。

2019.5.13 加筆修正
posted by のんのん at 23:51| まちづくり