2019年08月03日

8/3 オスプレイ暫定配備の住民説明会 9:00-11:30


地域のまつりの一番多い本日、行われた。
参加したくても、できなかった人もいる。
だから、ここにメモ書きで報告。
DSC_0616.JPG

防衛省北関東防衛局の説明は、恒久的な配備は、佐賀空港であることをはじめに話した。

議会に説明した資料の他に、住民説明会補足資料「オスプレイの安全性について」も配布された。
(以下、それぞれ田中のツッコミをまじえ、報告)

オスプレイの必要性は
南西諸島をいち早く対処するのに、自衛隊をすみやかに配置するため。
(木更津から南西諸島の最南端与那国島まで、約2000km
オスプレイは、時速約465kmということは、4時間20分要する。 
水陸機動団のある相浦駐屯地からはざっと1170km
相浦駐屯地のCH-47JAは時速約270km 
直通でいっても4時間20分。
ただし、航続距離が800kmのため、
途中沖縄本島で給油の必要がある。 
だったら、オスプレイのほうがいいだろうと思うかもしれない。
しかし、
オスプレイの搭乗者は24人まで  
CH-47JAは55人まで 
そう考えると、そんなにオスプレイが有利とは思わない。
ましてや、木更津に
なにがなんでもオスプレイを暫定配備する意味が感じられない)

オスプレイは、島嶼防衛に
回転翼機(ヘリコプター)固定翼機(飛行機)の両者の機能を備え持つ。
ch-47のヘリコプターより速度2倍 飛行高度3倍

熊本地震でも災害援助しました。
(この件はなんどもブログで紹介したが、再録
熊本地震で、オスプレイが災害の救援物資を運んだ。
距離 たったの27km
物資 10t
費用 5000万円
トラック1台で済んだのに。パフォーマンスだ。)


安全性については、特別チームで確認している。
単なる技術的な確認だけでなく、実際の運用でも確認。
教育課程で、操縦もして、確認。
整備員を米国に派遣し、実施。

オスプレイは、コンピューター化され、無理な操縦をしても、最適な環境にする

これまでの事故 別紙資料をご覧ください。
MC130給油機 乱気流で非常に困難なときに、給油したためのミス
だから、東京湾を含む千葉県下では、空中給油訓練をしない

オーストラリア 輸送揚陸艦での事故
オスプレイの下降気流が船体にぶつかり、乱気流になったためで、パイロットのミスではない。


暫定配備の必要性について、佐賀空港が最適
昨年8月に佐賀県知事が受け入れ表明した。
今、有明海漁港と話し合いをしているところ
佐賀県、現地の漁港との話し合いをこれまで行ってきて、
これからもやっていきます。
(ムムム、「漁協には、担当者が変わるたびに、
挨拶にくるだけ」と佐賀の知人と7月はじめに確認したばかり、
さっそく、集会後にも確認電話をしたが、やはり、進展なし)


木更津駐屯地が最適なわけ
8.3.png

(議会に説明した民間空港を除くとか、陸海空すべての自衛隊の中からという話はなかった。)

暫定配備の開始時期は
当面 米国での教育訓練 国内で安定的に運用可能
現時点では、今年度末に新航空隊を設置予定。
今年度末から隊員の宿舎など必要かも。


オスプレイ17機、すべてを配置したら、平均 15回/日増加
暫定配備の了解をうけいれてもらえたら。
オスプレイは、Ch47の飛行経路 と同じ経路を飛ぶ。
場周経路 固定翼機同様
悪天候時 定期飛行方式 国土交通省がさだめた経路
(住民には、場周経路は、離発着のためのエリア。そこへ進入する離脱する経路は、別途定まっているが、訓練場所へ飛行するルートはその日の天候もあり、定まっていないと議会で答弁があったが、防衛省は、あたかも、場周経路だけとおるような話しぶりだった)

オスプレイの訓練内容について
輸送機であるオスプレイ
駐屯地でのホバリング
基本操縦訓練
演習場での部隊訓練
(詳細は、配備されてから公表する。とのことだが、確かに暫定配備のオスプレイは、攻撃用ではなく、輸送用である。しかし、日米合同演習などしていく中で、訓練もとなったら、千葉県下の超低空飛行エリアや場外離発着訓練場なども使用するのだろうかと疑念が残る)

騒音比較
駐屯地内の測定では、 CH-47よりオスプレイのほうが高い

ざっと、30分間の説明のあと質疑。質問のルールは1つずつ、1人質問回数は、2回まで。
どういうわけか、質問者は、自分は、賛成の立場だとか、反対の立場だとか、意思表明をして質問していた。

質問@ 賛成の立場
災害派遣のとき、急患輸送は、どのくらいの人数できるのか。

回答 
防衛省 患者の状況によりわからない。

(そりゃそうだ。担架ごとだったり、また、通常の搭乗者は24人なのだから、スペースは狭い。さらに、シートベルトも頑丈にX状にするので、担架などは、固定しなくてはならない。さらに、オスプレイの後ろは、扉がない。開いているのだから、災害救助のための乗り物ではないということを認識すべき。しかし、しっかり閉まるのに、試乗したときに、サービスでわざと開けていたのかもしれない)
参考に、2016.10.24に試乗した写真を再録
2016.10.24オスプレイ.jpg

FB_IMG_1477565647142.jpg


IMG_0235.JPG


IMG_0245.JPG


IMG_0238.JPG



質問A 冷静に判断したい市民
安全性の説明では、外的要因だったことが挙げられたが、飛行機自体について、政府が独自に安全性を確認したのか。
回答
普天間基地に配備のときに、米国本土に派遣し、事故調査報告書を受け、シュミレーター、実際に乗ったり、さまざまな要員を自衛隊の管理と比較し、調査確認事項に照らし合わせ、実施した。
再質問
防衛省の中だけでの調査か。

回答
部外専門者も入っていた。

質問B 反対の立場
われわれ住民の声をまったく聴いていない。車にたとえるのも、なんだが、駐車場もなしに、買ってしまったのではないか。
安全保障上、必要だ。めまぐるしく変化。暫定配備をしたいというが、日本の自衛隊は、そんなに弱いの? ある調査では日本は7位だ。核兵器をもっているところが6位までを占め、核兵器もたない国では、日本が一番だ。
回答
防衛力を比較する場合、尺度は、予算高で、核抑止力で、などいろいろある。
南西地域は、我が国防衛の空白地域だった。南西の防衛の関係で、オスプレイは必要。
西太平洋における活発化し、迅速に部隊を派遣するため。

質問C 反対の立場
江川総合運動場に行ってみた。騒音がうるさい
オスプレイが定期整備をしたときに、みたら、重低音が体に響いた。これは、調査のデシベルでははかれないのではないか。南西諸島へ行く訓練として、タッチアンドゴーの騒音になるのではないか。
回答
v22オスプレイでさらに騒音がひどくなるようなら、周辺環境整備法を適用し、環境を整備させてもらう。
(ということは、現状の周辺地域の日常の測定を常時今から行い、現状を基準にどのくらい騒音がふえたかを木更津市として、市民の不満度を防衛省に提示しやすいようにすべきだ。)

質問 D
小浜(悪天候時の飛行ルート付近)に住んでいる。畑で,オスプレイをみた。大きな音だった。これからも悪天候時は飛ぶのか。
回答
悪天候時の飛行経路は、国土交通省が定めているルートであり、このコースをこれからも飛行する。

質問 E
なぜ、オスプレイを必要とするのか。相手が軍備を拡大したから、こっちも軍備拡大とは、憲法とちがう。軍拡競争におちいっているのではないか。
回答
専守防衛をまもるために、防衛省で働いている。中国は、友好国
一方、軍備は、各国で行っている。中国は、年々増えてきている。
なにかあった場合に、国民の生命、財産をまもらなくては。
だから、防衛の南西諸島に配備。水陸機動団を迅速送り込む。
オスプレイは、CH-47より、迅速に対応。
いざ、災害にあったときに、有効である。
再質問
いまのまま、オスプレイをアメリカにおきっぱなしにしてはどうか。
回答
H28.からアメリカで訓練しており、日本で行いたい。

質問F
九州に間借りできなかったのか。
→ 4つの条件を満たしたところは木更津基地が一番近かった。
(リスト一覧があればいいのに。だいたい、オスプレイを置くには、どのくらいのスペースが必要なのかもわからないもん)

質問G
日本とアメリカの他は、オスプレイをもっていない。他の国は買わなかったでしょ
回答
装備品の必要性はその国によってちがう。
再質問
アメリカは、日本を守ってくれない。
回答


質問 H
滑走路 並行しているので、うるさい。ホバリングは、海側で。
回答
近隣住民説明会でも、やはり、多く、今の駐屯地の騒音の意見が多かった。
現在、木更津駐屯地のホバリングの場所が決まっているが、
住宅に近い場所は、避けようと検討中。
しかし、
ホバリング訓練は必要。騒音は、ゼロにはならない。

質問I
騒音を減らすという問題ではないと思う。しまうところがない武器を。
北朝鮮が脅威なら、ロシアはどうか。
回答
日中関係は改善にむけて、対話継続されている。防衛交流の下敷きがある。
軍隊同士がなんかがある場合を防ぐ。日中間の対話、学生の交流を続けてる。
大使館、増員もしている。
再質問
説明会をひらいた。はい。説明しました。反対の声は、聞きました。では、
暫定配備します。ということは無しですね。
回答
このような状況を理解してもらおうと。このあと、木更津市から改めて、質問がくるので、答える予定。そのあとに。
(え? これ一回で終わりなの? 木更津市が出した質問に答えたら、それに対する市民の意見は聞かないの? これって、ガス抜き?)

質問J
熊本の災害派遣、水をまいた。
ヘリパッドがなければ、瞬間的に650度の熱がでる。
ヘリパッドがないところに着陸するのには火事にはならないのか。
回答
垂直に降りるときは、熱風が真下におりる。
ナゼルは真下にではなく、空気の向きをかえる。

オスプレイだけでなく、陸上自衛隊のヘリコプターも、風圧で物が飛散、土ぼこりもある。
再質問
震災のときに、災害救助で水をまいて、オスプレイで物資を運ぶというのは、
水はとても貴重だけれど、オスプレイがあるから助かるという論理はおかしいと思う。
オスプレイは、型式証明、耐空証明がない。それでも、飛ぶのか。
回答
航空法とは、別に
自衛隊機は、自衛隊法107条 別途、防衛大臣と国土交通大臣とはなしあい、決める。
自衛隊も確認が必要。
オスプレイは納入前から、基準に適応しているか、確認した?する?
(あー、肝心なところ、曖昧な答弁。すでに確認しているのか、まだその途中なのか)

質問 K
暫定とは、いつ、どのくらいの年月か。もわからずでは納得できない。
回答
期間が説明できず、申し訳ない。
相手方の交渉の状況をふまえて、具体的な交渉もはじまれば、示せる。
再質問
現時点では、答えられない。
漁協の諸問題によって、そちらで受け入れなければ、ずっと配備になってしまうではないか。
回答
有明海漁港は、県と公害防止協定を結んでいる。
協定は、第三者で行い、その後、
土地を買う。地盤の調査をし、どのくらいの予算がかかるかを検討する。
(これを聞いただけでも、暫定配備は、20年30年くらいかかりそう)

質問L
オスプレイは劣化ウランをもっている。水源にオスプレイが墜落したら、飲み水がなくなる。トリチウムもさ20-30倍はいっているのではないか。
回答
航空機のエンジンの点火装置には、つかわれている。
劣化ウランは、使用していない。
クリプトンを使用。
再質問
劣化ウランがローターに重石をしているのではないか。
回答
確認できていない。
再回答
クリプトンを使用。

質問M
オスプレイに対して、納税者である市民の声をたくさんきいてほしい。

質問N
第一空挺団は 千葉県の災害を担当している。
オスプレイを第一空挺団にどうか。
回答
なるべく、早く任務に備えたい。
再質問
この会場は、少数派の反対意見が多く、航空祭でオスプレイの体験搭乗はできないか。
回答
検討する。

質問 O
他の公表は、差し障りがある。
というのは、木更津にたいして、大変失礼。
比較検討をだすべき。防衛省が判断するのではなく、
市民がちゃんと判断できる材料をだしてほしい。
回答
たとえば、
Aは、何点、Bは…と出すと、混乱を生じる。

再質問
オスプレイの安全性 補足資料によると、2つの事故、
パイロットミス とパイロットの任務上の問題はない。
正誤性がない。
故障のとき基地に帰ろうとする。
どういう形で安全確保のために、着陸しようとしているのか。
回答
航空機の不具合は操縦士の判断だが、
河川敷 各市町村と場外離着陸場をきめている。
そこへ予防着陸をする。
(えー。木更津のばあいはどこだ。各市町村と決めているのか。どこだ。)

質問 P
今の木更津には約70機が年25000回程度飛ぶ。
オスプレイが年間4500回だから、合計年29500回にもなる。
今、ヘリコプターが訓練しているところは北海道からで、
今度は島嶼防衛まで含む。
ということは、日本全国になる。
富津市には、場外着陸訓練場が2つもある。
千葉県超低空飛行のエリアは南房総一帯だ。
木更津市だけ説明でいいのか。
回答
木更津駐屯地周辺。部隊運用で近隣
国全体の利益となる。
飛ぶところ、すべての自治体に、説明というのも…。
再質問
木更津市以外の住民にも説明してほしい。
回答
千葉県とも相談する。

質問Q
目視がむずかしいときは、内陸の悪天候時の飛行経路を飛ぶ。
袖ヶ浦は屋外に、劣化ウランがあるところがある。そこに落ちたら、危ない。
普段、飛んでほしくない。
回答
悪天候時はここを定時飛行 国土交通省が定めている。
悪天候時の飛行は、通常の飛行と比べて、むずかしい。
計器のみに頼って、羽田空港からモニターしてもらって飛ぶ。

質問R
金田に住んでいる。頭の上にヘリコプターがとおっている。
これで、生活している以上、いつ、落ちてもしかたがないと思っている。
黒戸地域の説明会では、どういう質問がでてきたかというと、
金田は飛んでるところにさらにふえるんだ。
という、反対いうなら、自衛隊でていってくれよということだ。
地元の考え方は、すでに騒音は大きい。
防音装置の対策をやってもらえれば、騒音は解決している。

質問S
江川では、会話ができないくらい騒音がある。
1日15回 離発着がふえる。CH-47より騒音が軽減というが、具体的にどうか。
騒音がふえるのは確実。ふえるのが決まってるのに調査するのか。
回答
V22 対応の変更が生じたということになり、改めて、木更津市を通じて、調査し、相談。という段取りとなる。

質問㉑
飛行時間は、どう決まっているのか。
回答
木更津飛行場は 8:30-17:00
だが、夜間での飛行訓練も義務付けて.いるので
飛ぶこともある。17:00-20:00

質問㉒
沖縄に言って、実際に子育てしている親に聞いた。
こどもたちが睡眠不足 夜、ねむれない。
沖縄は、反対をすれば、逮捕。
オスプレイは、日本全体の問題だ。
オスプレイはアメリカの失敗作品。
ところで、アメリカでは、51州の中でどのくらいの州にオスプレイは飛んでいるのか。
回答
Mv22. 2012年データで、すこし古いが、
カルフォルニア ノースカロライナ ハワイ州のみ。

再質問
一機で、どれくらいのお金がつぎこまれたてのか。公開を。
回答
単価は年によって、ばらつき
27年度103億円
28年度112億円
29年度 98億円
30年度 98億円
意見
納得はできていない。憲法9条をかえて、
アメリカのいらないものを押し売りされたとしかおもえない。

ちょうど、11:30で説明会は終わった。

8/4一部加筆修正
posted by のんのん at 22:17| オスプレイ

集会がおわって、1時間後にはニュース


集会がおわって、1時間後には、ニュースになっていたので、田中も一報をここに。
質問した市民は、全部で22人。私は、他でも質問するチャンスがある。
だから、市民の声を聴くことに徹していたが、んー。
それ、スルーした回答と思えるところがいくつもあった。でも、新たに、
そうなの?というところもあった。

それにしても、佐賀漁協とあたかも話しあいが始まっているような説明。
んー。
集会が終わってから、佐賀の知人に電話で聴いた。
7月のはじめにも電話で聴いて確認していたのだが、
いまだに、挨拶だけで終わり、全然、話し合いははじまっていない。
https://www.fnn.jp/posts/00421869CX/201908031234_CX_CX

陸上自衛隊のオスプレイを千葉県の木更津駐屯地に暫定的に配備する計画をめぐり、初めて公開の住民説明会が行われ、反対や不安の声が相次いだ。

防衛省は、陸上自衛隊の「V-22オスプレイ」の佐賀空港への配備を目指しているが、地元との調整が難航しているため、2020年3月から木更津駐屯地に、最大で17機を暫定的に配備する方針。

説明会では、防衛省が離着陸の回数が年間で4,500回程度増えることや、騒音は既存の大型ヘリと同じ程度などと説明し、配備への理解を求めた。

木更津市民は、「『暫定』っていうのが、非常にあいまいに感じる」、「『(住民からの)反対という意見は聞きました。はい、配備します』なんてことは、絶対にしないでしょうね」などと語った。

住民からは、一部に賛成の声もあがる一方、反対や不安の声が相次いだ。
posted by のんのん at 14:43| オスプレイ