2019年08月09日

朝から晩まで


今朝はまちかど挨拶。あっ、写真を撮るのを忘れた。
いつものピンクの旗に、「平和 つなぐ」のパネル
Kさんと楽しくスタンディング。

昨日の続き、ポスティング
市民が声かけてきた。
「あっ、あれ、知ってたら、教えて」
「あー、それ、ちょうど調べたところです。…」
「そうかー。まだ、そんな感じかー」
「また、詳細がわかったら、お伝えします」

坂が多くて。2時間ほどかけて、しましたよ。
完了。

午後、さすがに、ぶったおれそうなので、
市役所の会派室にこもって、しらべもの。
涼しーーい。
そう、9月議会質問は、準備完了したので、
決算審査に向けて調べものをピックアップ。

夕方、こども食堂。
DSC_0639.JPG

本日のメニュー 親子丼と野菜プレート。
おやおや、いつもの1/3の来訪。
みんなおでかけかなー。
いつも、とても長い時間をかけても、食べきれない男の子。
今日、ちらっと目があった。
ちょうど、すいかをかぶりつくところだった。
「あ、すごいじゃん。全部食べたね」
「うん」満面の笑みで、すいかをほおばっていた。
子ども食堂は、地域のもうひとつの居場所だ。
経済的に困っている人とは、限らない。
困っている人だけいらっしゃいと言ったら、だれもこないだろう。
だれでも参加できる。ごはんを用意して待っている人、場所がある。
それがいい。
お仕事で忙しいおかあさん、夕飯を急いで作る時間をちょっとやめて
ゆったり、子どもと一緒にこども食堂にくる。すると、おかあさんどうしで
話しをすることができる。
作っている人も、また、そこが居場所だったりする。
この1年で、子ども食堂は、地域のもうひとつの居場所になったと思う。
今日は、学生さんが学習支援も行っていた。夏休み中あと、2回あるようだ。
10人ほどが参加していたという。

我が家のらんまる。散髪に行ってきました。
DSC_0638.JPG

ちょっと、身だしなみを整えなくてはと。

さて、明日、娘が帰省します。ちょっとoff気分にさせてもらいます。
posted by のんのん at 22:42| 活動

防衛省、佐賀では


防衛省、佐賀に8/9に話に行くというニュースが先日
あったから、気にかけていた。

今日のニュース
オスプレイ、防衛省が漁協に説明 配備前提の「振興策」に漁協不快感
https://www.sagatv.co.jp/news/archives/2019080900757?fbclid=IwAR0jbNhUa9Mh8EVpIaI9uUN1nZNQ-UPmZWIGuOCe4W_I0k6MXh4idsV88pM
記事内容は、末尾掲載

さて、この記事を検証してみよう。
@ 県有明海漁協は9日、防衛省から直接説明を受けました。
これは、話し合いではない。

漁協が防衛省から説明を受けるのは初めてですが、その後の質疑応答では漁協側からの質問や意見は一つもなかった

説明を受けただけで、それについて、なんの議論もしていない。
説明を受けたからといって、
配備に歩み寄ったわけではないという強固な漁協の意思だろう。

A防衛省が一方的に決めることはないといいながら
配備を受けいれてくれたら、これをあげる。これもどうかな。
はたまた、こんな風に、と振興策まで打ち出している。
そもそも、漁協は反対しているのに。

佐賀に、配備は無理。
なのに、木更津での説明会では、佐賀と配備について
話し合いが始まってるような話しぶり。

だまされない。ストップ詐欺被害

佐賀の状況は、防衛省に聞くものでもない。
民レベルで。
日本の空にオスプレイはいらない



***************************
佐賀空港へのオスプレイ配備計画をめぐり、空港周辺の地権者が多く所属する県有明海漁協は9日、防衛省から直接説明を受けました。

山口知事が計画の受け入れを表明してからは初めてですが、国と漁業者の温度差が改めて浮き彫りとなりました。
佐賀市の県有明海漁協で行われた説明会で防衛省側は、着陸料として20年間で100億円支払うことや、事故などの際は補償することなど従来の説明を繰り返した上で、改めて計画への理解を求めました。

防衛省 土本英樹審議官:「我々防衛省がみなさまの意見を聴かずに、勝手に一方的に物事を決めることはしない」

山口知事が去年8月に計画の受け入れを表明して以降、漁協が防衛省から説明を受けるのは初めてですが、その後の質疑応答では漁協側からの質問や意見は一つもなかったということです。

また、漁協側は防衛省から避難港や船揚場の設置など、具体的な“振興策”を提示されたことに不快感を示しました。
【県有明海漁協・徳永重昭組合長】「(オスプレイを)受け入れるとか受け入れないとかのあとの分。ちょっとした“振興策”を示されたので、あまり気分はよくない」防衛省は今後、要望があれば、漁協の各支所でも説明の場を設けたいとしています。
posted by のんのん at 22:15| オスプレイ