2019年11月26日

身近なところでコツコツとできることを積み重ねる


あるニュースをみて、ドイツに視察に行ったときのことを思い出した。
2012年1月25日のブログ末尾に、こんなことを田中は書いていた。
***********
IMG_2942-thumbnail2.jpeg

http://tanaka-noriko.sblo.jp/article/53290501.html
各氏とも2000年にできた代替エネルギー優先法が分岐点のように話す。 
連邦政府のこの決定は、原発で作られた電力の不買運動だったと私は思った。
単に環境問題としていやだというだけでなく、代替のエネルギーを使える環境づくりも整え、その代替のエネルギーを使いたい人をふやした。
原発要らない=電気を使うな 
ではなく、エネルギーシフトできる環境づくりを個人、行政、産業、あらゆるところで行うことなんだなーとつくづく思った1日でした。

**********
今日ニュースをみて、木更津市の駅前でずっと思っていることがあることを今日はここに書くことにする。
木更津駅には、西口にも東口にもバスがある。
東口は、ロータリーが狭く長く駐車してしているバスはないが、西口は駐車しているバスが何台もある。

千葉県条例を調べてみた。

千葉県環境保全条例第56条の6
この3つ以外は、アイドリング・ストップの義務がある。
・信号待ち・交通渋滞・人の乗り降りで停車する場合
・貨物の冷蔵装置等の動力として使用する場合
・緊急自動車を緊急用務で使用する場合


千葉県のHPには、
千葉県条例では、運転者に自動車を駐車又は停車するときのエンジン停止を義務付けています。
アイドリング・ストップは、大気汚染の改善、騒音の低減及び地球温暖化の防止だけでなく、燃料の節約にもつながります。
きれいな地球を未来に残すため、アイドリング・ストップにご協力をお願いします。アイドリング・ストップをしましょう。
とある。
そして、こんなことは、やめるよう啓発している。
●運転者が車から離れているとき
●荷物の積み下ろしのとき
●駅などで客待ち、人待ちのとき
●スーパー・コンビニなどで買い物のとき
●サービスエリアなどで休憩するとき

さて、木更津駅前を条例に照らし合わせてチェックしてみよう。
チェック1 
事業者が管理する自動車の運転者にアイドリング・ストップをするよう指導しているか。
→路線バスには、大きくアイドリング・ストップのステッカーが貼ってある。
→タクシーはどうだろうか。

チェック2
収容能力20台以上又は面積500平方メートル以上の駐車場の設置者及び管理者は、駐車場の利用者がアイドリング・ストップをするよう、看板の掲示等により周知しているか。
→木更津駅西口のロータリーの面積は、何uなんだろう。500uを超えていたら、管理者、たぶん、木更津市が、看板設置などで周知が必要となる。

チェック3
千葉県環境保全条例の (調査の請求)については、
第六十条 公害を受け、又は受けるおそれのある者は、規則で定めるところにより、知事にその状況等についての調査の請求をすることができる。
2 知事は、前項の規定による調査の請求があったときは、その状況等を調査し、その結果を当該請求をした者に通知するものとする。
おおげさになるかもしれないけれど、こんなこともできるんだね。

チェック4
木更津駅西口の路線バス、高速バスなんだけれど、
アイドリング・ストップとステッカーを貼っていながら、「回送」の表示を出して、どうどうとアイドリングをしている。夏も冬も。
赤字路線は、市から補助金も出しているけれど、このアイドリングによる燃料費、節約したらと思う。
11.26.png

一年間でどのくらい排出量を減らすことができるだろうか。
バス会社、がんばってー。タクシー業者も。

チェック5
私たちも努力が必要である。夫と15.6年ほど前に、勤続〇〇年記念でドイツに旅行へ行った。
そのとき、観光地を巡る際、バスは、全くアイドリングをしないので、エアコンが効かない。
ガイドさんが、環境保全でドイツは厳しいんですよと、といわれ、そっかーこのバスの中の暑さを出発するまで耐えることも、環境保全なんだとと思ったものである。
できるか。みんなで少しずつできることをしよう。

というわけで、
今日、気になったニュースはこれ。箇条書きにしてみた。

温室効果ガス排出量、昨年は過去最高=国連環境計画 2019年11月26日(火)18時25分
右向き三角1 国連環境計画(UNEP)が26日に公表した地球温暖化に関する年次報告書によると、昨年の世界の温室効果ガス排出量は過去最高
右向き三角1 報告書は「このままだと、気温は今世紀中に3.2度上昇すると予想され、気候面で広範囲で破壊的な影響をもたらされる」と指摘した。
右向き三角1 2020─30年に温室効果ガスの排出量を年7.6%削減する必要があると指摘。
上昇幅を2度とする場合は年2.7%の削減が必要
右向き三角1 報告書は、各国・地域が独自に策定した温室効果ガス削減目標を達成できていない国として米国、日本、ブラジルなどを挙げた。


posted by のんのん at 20:44| 環境

2019年11月25日

今日は久しぶりのオフ 走行距離252km


今日は、●●くんのお食い初めに行ってきました。
●●くんが一番落ち着くように、●●くん宅でお祝い。
DSC_1414.JPG

次女ちゃんのつくった筑前煮は、しっかり味がしみ込んでました。
大きなタイは、画面からはみでてるー。
お赤飯は、先方のおかあさんがつくってきて、
私は、肉団子スープとイカのサラダをもっていきました。
持ち寄りの会は、アットホームでした。
ちょっと夫は、酒を飲みすぎてましたが。
帰りは、車に乗ったら、すぐに爆睡されて、2時間高速を走り、
帰宅してから、私はどっと疲れて、崩れるようにソファでひと眠り。
というわけで、今日はたっぷりオフでした。
さて、すっきりしたところで、
12月議会質問のオリエンテーリング、続きにとりかかります。

posted by のんのん at 20:29| 日記

2019年11月24日

今日は、水道の出前講座に参加 新たな気づきあり


水道の民営化になるのではと、懸念されて、
熱心に勉強されている市民団体の方が
かずさ水道広域連合企業団の方を講師に
「出前講座」を企画した。
DSC_1410.JPG

私は、民営化にはならないだろうと思っている
ひとりですが、市民が懸念することは、
どんなことだろうと学ばせてもらおうと
参加しました。

参加してよかったですよ。
簡単に民営化にはならない。
民営化するには、こんなハードルがありますと
学んだ。
そうか。それは議会としても、重要だと
いうことを認識しとかなくちゃ。

もうひとつ、参加者からの意見があった。
千葉県は、今年、水道ビジョンを公表した。という。
ムム。そうだったのか。
さっそく、ググってみた。

2019年度から2028年度までの10年間の方向性だ。

そもそも、千葉県の基本的な考え方が納得できないという。

基本的な考え方
本県は、水源に恵まれず、水源の大部分を利根川水系に依存しており、同じ利根川水系の水を使用する水道事業体の経営基盤に大きな地域格差がある。このため、広域自治体である県が水源確保と用水供給事業を担い、基礎自治体である市町村が末端給水事業を担うことを基本に取り組むものとする。

納得できない理由。
➀ 君津4市は、利根川水系に依存していない。小櫃川水系である。
➁ 千葉県が揚水供給事業を担って、市町村は、末端給水事業をやれって、おかしくないか。

なるほど。
水道を千葉県からもみてみることを気づかせてもらった。
広域になる説明は議会でも、何度もあったけれど、 
この出前講座、議員も知っておくべきかなと思った。
4市、それぞれの水道の歴史も教えてもらえたし。

posted by のんのん at 22:07| 水道

しらべものオリエンテーリング、まだまだ続く


昨夜は、長いブログを書いたあと、12月議会質問の
しらべものオリエンテーリング。続きを開始。
午前中もどんどこどんどこ。
ゴールに近づくかと思って、どんどん調べていくと、
えーーーー?
なにこれ。

たとえて言えば、どんどん道を進んでいったら、
ひとつひとつ、カーブごとに、
回りの景色があれよあれよと変わり、
とうとう、ゴールかなと思ったら、
歩いていた道が消え、ふりかえったら、
スタート地点に戻ってしまったという
達成感のまったくない夢のような感じ。

国土交通省が発表している全国の市町村のデータの
木更津市の数字と
木更津市の発表している数字がちがーう。

まず、というわけで、どうしてこんなことになっているのか、
そこから問いたださなくちゃというわけです。

posted by のんのん at 21:29| 消防・防災

2019年11月23日

台風15号など一連の風水害を巡り、千葉県の対応を検証だけでなく、防災・減災の予防対応ができてなかった


22日に、台風15号など一連の風水害を巡り、
千葉県の対応を検証する有識者会議の初会合が開かれた。
と、新聞報道があった。

どうだろうか。千葉県は、高潮ハザードマップ作成後、
防災・減災にどのように取り組んできたのかも田中は検証したい。

台風19号がきたとき、高潮警報も発令されていた。
あちこち、大雨で川が氾濫した。
10/25には木更津市も小櫃川が危険水位でレベル4の避難指示が発令された。

千葉県では「水防法」改正に伴い、昨年11月に本県の東京湾沿岸で、想定し得る最大規模の高潮による浸水想定区域図を作成し、公表した。
想定し得る最大規模の条件は、まさしく、先月の台風に類似していた。
・台風の中心気圧:910hPa 室戸台風級(我が国既往最大規模の台風)
・台風の移動速度:73km/h 伊勢湾台風級(我が国で移動速度の大きかった台風)
・主要な河川は、洪水(増水)を考慮
・堤防等は、最悪の事態を想定し決壊を見込む
・潮位は、朔望平均満潮位(さくぼうへいきんまんちょうい)に、過去に東京湾で発生した異常潮位(13.9cm)を見込む
・排水施設等は、周辺の堤防と共に決壊、または水没により機能停止を見込む


このようなとき、どのくらい浸水するか、
それはどのくらいの時間かがわかるハザードマップだ。

千葉県は、高潮ハザードマップを作成したが、
海がない埼玉県は、川の洪水ハザードマップを作り直している。
だって、平成27年水防法改正は、想定最大規模の降雨・高潮に対応したハザードマップの改定なのだから。

千葉県の場合、川に関するハザードマップは、H19年頃に作ったもののままである。
最大級の台風がきたときなどは、想定していないハザードマップのままだ。

まっ、それはおいといて、千葉県は高潮ハザードマップを作って、その後どうしたか。
千葉県のHPによると、今後の対応について このように書かれている。
「県では、この浸水想定区域図を基に、各市町村と連携し、水防法の規定に基づく想定し得る最大規模の高潮への対策に向け取り組んでいくとともに、高潮ハザードマップ作成などの取組を支援してまいります。」


いっておくが、木更津市の現在の地域防災計画は、
県のつくった高潮ハザードマップを反映していない。
木更津市だけではない。15市町どこもだ。
東京湾沿岸 高潮被害が想定され、約23,599ha
高いところでは、地面から10mの深さになり、
長いところでは1週間以上浸水する
というのに。

実は、
2017年(H29)「水防法・土砂災害防止法」が改正され、
各市町村の地域防災計画には、浸水想定区域や土砂災害警戒区域内の
「要配慮者利用施設」を指定し、公表することになっている。
どんな施設か。調べてみた。

高齢者施設、保護施設、児童福祉施設、障がい児・者施設等の社会福祉施設と、事業実施場所(学童保育などもあった)
病院、診療所の医療施設(有床に限る。)
幼稚園、聴覚特別支援学校、視覚特別支援学校及び特別支援学校

そしての「要配慮者利用施設」の管理者には、それまで努力義務だったものが、義務になったものがある。
それがこれ。
・避難確保計画の作成
・避難訓練の実施 


これは、H29年3月31日現在の取組状況だ。まだ、義務ではなかった。
努力義務のときから、積極的に取り組んでいた都道府県はどこか。
11.23.png


埼玉県のHPには、指定された市町すべてハザードマップは作成済みと確認までできている。
11.23-1.png


実際に、埼玉県久喜市の久喜市防災ハザードマップ(平成31年3月作成版)をみてみよう。
とてもわかりやすい。
11.23-2.png

実は、水防法改正で、住民目線のハザードマップにするよう決まっていたのである。

というわけで、まとめる。
高潮ハザードマップ作成後、千葉県は、各市町村と連携してというが、これまでどんな連携したのか。
台風15号の起きたあとの対応だけでなく、災害の起きる前にできることを怠っていたのではないか。
木更津市だけできていないのならともかく、どこも県が作成したハザードマップをもとに、住民目線のハザードマップを作っていないというのは、やはり、県の対応は不十分とおもわざるをえない。

なぜ、こんなに田中は、重く受け止めているかというと、
津波の高さは、木更津市民も浸透している。
でも、それより、高潮ハザードマップでは、深く浸水するエリアが多くある事を知った。

たとえば、高齢者施設で、浸水0.1-0.3mの避難計画と、
1-3mの避難計画では、避難の方法も全く違う。
もしも、大きな水害が起きたら、想定外だったとは言えないのである。
その時、千葉県はどういうのだろうか。
ぼくたちは、高潮ハザードマップをつくってHPでお知らせしていたというのだろうか。

埼玉県が市町と連携は、ハザードマップを改正し、
各自治体は、要配慮者利用施設に対して、避難確保計画を作成させ、
避難訓練を実施させていたから、浸水しても無事だったのだろう。
それは、このニュース。
/////////ヤフーニュース10/15(火) 11:00//////////////
屋根まで浸水した川越の老人ホームは、なぜ全員が無事避難できたか
https://news.yahoo.co.jp/byline/miyashitakumiko/20191015-00146818/
posted by のんのん at 22:21| 消防・防災