2019年11月23日

千葉県の対応を検証というが、高潮ハザードマップ作成後、防災・減災にどのように取り組んできたのかも


22日に、台風15号など一連の風水害を巡り、
千葉県の対応を検証する有識者会議の初会合が開かれた。
と、新聞報道があった。

どうだろうか。千葉県は、高潮ハザードマップ作成後、
防災・減災にどのように取り組んできたのかも田中は検証したい。

台風19号がきたとき、高潮警報も発令されていた。
あちこち、大雨で川が氾濫した。
10/25には木更津市も小櫃川が危険水位でレベル4の避難指示が発令された。

千葉県では「水防法」改正に伴い、昨年11月に本県の東京湾沿岸で、想定し得る最大規模の高潮による浸水想定区域図を作成し、公表した。
想定し得る最大規模の条件は、まさしく、先月の台風に類似していた。
・台風の中心気圧:910hPa 室戸台風級(我が国既往最大規模の台風)
・台風の移動速度:73km/h 伊勢湾台風級(我が国で移動速度の大きかった台風)
・主要な河川は、洪水(増水)を考慮
・堤防等は、最悪の事態を想定し決壊を見込む
・潮位は、朔望平均満潮位(さくぼうへいきんまんちょうい)に、過去に東京湾で発生した異常潮位(13.9cm)を見込む
・排水施設等は、周辺の堤防と共に決壊、または水没により機能停止を見込む


このようなとき、どのくらい浸水するか、
それはどのくらいの時間かがわかるハザードマップだ。

千葉県は、高潮ハザードマップを作成したが、
海がない埼玉県は、川の洪水ハザードマップを作り直している。
だって、平成27年水防法改正は、想定最大規模の降雨・高潮に対応したハザードマップの改定なのだから。

千葉県の場合、川に関するハザードマップは、H19年頃に作ったもののままである。
最大級の台風がきたときなどは、想定していないハザードマップのままだ。

まっ、それはおいといて、千葉県は高潮ハザードマップを作って、その後どうしたか。
千葉県のHPによると、今後の対応について このように書かれている。
「県では、この浸水想定区域図を基に、各市町村と連携し、水防法の規定に基づく想定し得る最大規模の高潮への対策に向け取り組んでいくとともに、高潮ハザードマップ作成などの取組を支援してまいります。」


いっておくが、木更津市の現在の地域防災計画は、
県のつくった高潮ハザードマップを反映していない。
木更津市だけではない。15市町どこもだ。
東京湾沿岸 高潮被害が想定され、約23,599ha
高いところでは、地面から10mの深さになり、
長いところでは1週間以上浸水する
というのに。

実は、
2017年(H29)「水防法・土砂災害防止法」が改正され、
各市町村の地域防災計画には、浸水想定区域や土砂災害警戒区域内の
「要配慮者利用施設」を指定し、公表することになっている。
どんな施設か。調べてみた。

高齢者施設、保護施設、児童福祉施設、障がい児・者施設等の社会福祉施設と、事業実施場所(学童保育などもあった)
病院、診療所の医療施設(有床に限る。)
幼稚園、聴覚特別支援学校、視覚特別支援学校及び特別支援学校

そしての「要配慮者利用施設」の管理者には、それまで努力義務だったものが、義務になったものがある。
それがこれ。
・避難確保計画の作成
・避難訓練の実施 


これは、H29年3月31日現在の取組状況だ。まだ、義務ではなかった。
努力義務のときから、積極的に取り組んでいた都道府県はどこか。
11.23.png


埼玉県のHPには、指定された市町すべてハザードマップは作成済みと確認までできている。
11.23-1.png


実際に、埼玉県久喜市の久喜市防災ハザードマップ(平成31年3月作成版)をみてみよう。
とてもわかりやすい。
11.23-2.png

実は、水防法改正で、住民目線のハザードマップにするよう決まっていたのである。

というわけで、まとめる。
高潮ハザードマップ作成後、千葉県は、各市町村と連携してというが、これまでどんな連携したのか。
台風15号の起きたあとの対応だけでなく、災害の起きる前にできることを怠っていたのではないか。
木更津市だけできていないのならともかく、どこも県が作成したハザードマップをもとに、住民目線のハザードマップを作っていないというのは、やはり、県の対応は不十分とおもわざるをえない。

なぜ、こんなに田中は、重く受け止めているかというと、
津波の高さは、木更津市民も浸透している。
でも、それより、高潮ハザードマップでは、深く浸水するエリアが多くある事を知った。

たとえば、高齢者施設で、浸水0.1-0.3mの避難計画と、
1-3mの避難計画では、避難の方法も全く違う。
もしも、大きな水害が起きたら、想定外だったとは言えないのである。
その時、千葉県はどういうのだろうか。
ぼくたちは、高潮ハザードマップをつくってHPでお知らせしていたというのだろうか。

埼玉県が市町と連携は、ハザードマップを改正し、
各自治体は、要配慮者利用施設に対して、避難確保計画を作成させ、
避難訓練を実施させていたから、浸水しても無事だったのだろう。
それは、このニュース。
/////////ヤフーニュース10/15(火) 11:00//////////////
屋根まで浸水した川越の老人ホームは、なぜ全員が無事避難できたか
https://news.yahoo.co.jp/byline/miyashitakumiko/20191015-00146818/
posted by のんのん at 21:49| 消防・防災

2019年11月22日

会議録を検索してたら、ジーンときた


平成19年9月議会の基地対策特別委員会の会議録をみると、
この時、T議員が市の基本的な考え方を執行部に問いただしています。

とりあえず日米地位協定の枠から外した米軍基地として
存続していこうという市の考え方なのか、
いや、従前どおり、日米協定の枠のたかがかかっているので、
もう国の推移を見ていくしかしようがないと、
要望行動も起こさない、
陳情行動も起こさない、
もうただ国の推移だけを、動きを見ていろというふうな、
二者択一のその方法はある。
本市としては
どういう態度でこれから臨もうとしているわけか。
傍観していこうということか。
国の動きを見ていこうというスタンスで、
今の時点では考えているというふうに理解してよろしいか。

と委員の質問に対し、執行部は、
基本的には、まず地位協定に基づく米軍施設から自衛隊の施設へという考え方を示しました。

そのような議論を経て、
平成20年12月18日議会最終日に、木更津市議会は
要望書を提出することを決めました。

当時の浜田防衛大臣に清水議長が
「日米地位協定に基づく「木更津飛行場」の見直しに関する要望書」を
提出しています。
在日と合衆国軍が使用する施設及び区域として
位置づけられている木更津飛行場を
すみやかに国有財産として活用できるよう要望したのです。

このことは、
現在の市議会のHPの平成20年12月議会だよりの紙面にも載っています。
ここでピックアップしてお知らせしておきます。
田中は、このときは、まだ議員ではありませんでした。
でも、当時も今も議員だった方は、何人もおられます。
木更津飛行場の見直しの要望書.png


この要望書の末尾には、新安保条約及び日米地位協定による見直しをおこない、長期間にわたり米軍の使用実績のない木更津飛行場を、すみやかに日本国有財産として活用できるよう、検討されることを要望しています。
つまり、議会として、この要望書を提出したことは、非常に重く現在も考えるべきで、議会自ら、米軍の利用も促進するような姿勢は、してはならないと田中は考えます。

posted by のんのん at 21:16| オスプレイ

2019年11月21日

消防ウォッチング 新消防庁舎で「出前講座+見学」実施。


良かったー。良かったー。と言い合い、家路に。
そんなに良かったんだー。

大規模災害時の消防活動とはなにか。
木更津市や近隣市の応援をもらっても困難なとき、
全国からきてくれる。
DSC_1381.JPG

だれがいくのか。
各自治体の消防は、お互い様で、
いざというときに行ける隊員を登録しておく。
緊急消防援助隊。

だれが出動するように要請があるのか。
県知事や市長、消防庁長官の場合もある。

どんなことをするのか。
5年前、千葉県で開催した全国から出動して
大規模災害の消防訓練の動画をみた。

その出動する費用、だれが払うのか。
被災した市町村は払いませんからご心配なく。とのこと。
県知事が要請を消防庁長官に求めた場合は、
市町村は全国市町村振興協会の交付金でまかなう。
(政令指定都市は別)

直接消防庁長官が出動を指示した場合は、国が負担。

質疑も7.8人ほどいたかしら。活発でした。
やはり、災害を体験したからでしょうか。

そうそう、必ずでる質問は、最初の挨拶に入れておきました。
今まで、かなり不便だったこと。特に、夜も仮眠しての勤務で、
今までの建物は古く、女性専用スペースがなかった。
仮眠の建物には、女性用トイレがなく、
隣の建物に行かなければならなかったことを。

DSC_1392.JPG

鍵のかかった
扉の向こうは、女性専用スペース。

DSC_1394.JPG


廊下を行くと、いくつもの個室。まどのある部屋
DSC_1395.JPG


窓のない部屋
DSC_1393.JPG


奥には、シャワールーム
DSC_1397.JPG



ここは、市内の状況が一目瞭然。
DSC_1389 (1).JPG


「こちらは市役所です。」の放送はここで (一部駅前庁舎にて)
DSC_1391.JPG


ここは、ロープで登ったり下りたりする訓練。
4歩で移動。赤い線から赤い線まで。
足をつく場所は●で表示。
DSC_1400.JPG


はしごの訓練もみせてくれました。
DSC_1399.JPG


これは、水害用の道具が設置してある車。一番古いそうです。
DSC_1402.JPG


はしご車は、40m 今年、買ったんです。2億円を超えました。
DSC_1403.JPG

え? いくらですって? 2億円以上しました。と説明されていた。

私 自衛隊が木更津にあるからね。国からその分お金が来るから、
  コツコツ貯めて、買ったんだよ
A あら-。自衛隊のおかげだね。
私 そうだね。なんでも使っていいわけではなく、
  つかいみちが限られてるの。
  健康維持促進に使う提案があったときは
  やっぱり、自衛隊の騒音で悩まされている近隣の人にとっては
  なんでそうなる?って言ってたよ。
C ふーん。ところで、海がすぐそばだが、津波や高潮は大丈夫か。
私 心配ですよね。だから、津波は想定して1m盛り土したの。
  高潮はやばいかな。自衛隊関連のお金を使うから、
  自衛隊から近いところに建てなさいというルールがあって、
  だから、ここに建てたんだよ。
B そうなのかー。

いつのまにか、私、解説者?!
posted by のんのん at 21:19| 日記

2019年11月20日

議会ウォッチング どうぞ


12月議会の質問日と時間が本日、確定しました。
さっそく、議会ウォッチングを作りました。
11.20.png


さて、明日は、消防ウォッチングしてみませんか。
新しい消防庁舎で出前講座。
参加予約された方は、出前講座のあとに、
新しい消防庁舎での見学もできるので、楽しみにしています。

参加予約してなかったよと言う方もどうぞ。(出前講座に参加したい方に限ります)
11.20-1.png

posted by のんのん at 20:56| 議員・議会

2019年11月19日

これは便利。 あなたの家は大丈夫? 高潮のときに浸水する深さを調べてみよう


昨日、千葉県庁に行った。2つのことを調べに行った。
1点目 
私 縦覧(写真を撮るのはOK)したいです
といって、書類に名前を書き、
いざ、データを閲覧しようとしたら、
私 (あれー。これは、以前、調べたデータだ。)
 すみません。
これは、2017年度のデータですでに縦覧したことがあるんです。
2018年度の集計が見たかったんですが。
(2018年度分とは、2019年6月までに2018年のことを県に提出)
県 あー。それは来年になったら出来上がります。
  ガッカリ。
というわけで、12月議会は、2017年度分のデータで資料を作った。
ちょっと古いように思えるけれど、最新のデータなんです(笑)

もうひとつは、高潮ハザードマップがHPからだと拡大すると
ピンボケしてどうも見にくい。
私 印刷したものがほしいんですけど、ありますか。
県 ないです。
私 あーバッド(下向き矢印)
県 でも、千葉情報マップのサイトがあります。
 スマホやパソコンで住所を入れると、
 高潮の時に、どのくらい浸水するか、調べることができます。
私 まっ。それは便利。(私の気分はグッド(上向き矢印))

今日は、さっそく、千葉情報マップで検索して、
2017年度分のデータ市内の公共施設や事業者のPCB廃棄物保管場所は、高潮で浸水するエリアかどうかを調べた。できましたよ。12月議会の資料に使います。
さて、調べてみませんか。
ちば情報マップで、あなたの家は大丈夫? 高潮のときに浸水。
パソコン版 https://map.pref.chiba.lg.jp/pref-chiba/Portal
ここをクリック→防災情報→高潮浸水想定区域図→同意する→千葉県の地図
地図で調べたい地点をクリックすると、浸水深が左に表示されます。

スマホ版  https://map.pref.chiba.lg.jp/sp/TopPage/Index
ここをクリック→防災情報→高潮浸水想定区域図→住所を指定して地図を表示
→地図に示された位置をさわると、高潮の予想数値が表示されます。
posted by のんのん at 22:36| 消防・防災