2020年02月18日

イノシシに遭遇。今日も


昨夜、帰宅途中のイノシシ9頭ほど遭遇して(昨日のブログに写真あり)
今日は、農林水産課、議会事務局に報告。
農林水産課から猟友会でも把握してて困っていること、
えさを挙げている人がいるらしいこと
を知り、びっくり。
山に住んでいるイノシシは、まず、雄が偵察に来ます。
親子がいるということは、もうそこに住んでいるということ。
住宅地にイノシシがこないよう、生ごみを外に置いておくと、餌付けになるので
ゴミ出しを気を付けようと、以前呼びかけたことがあります。

議会でも以前質問したことがある。
住宅街でイノシシが出没した場合、
対応策がないことがわかった。
猟友会の人にも頼めません。住宅街では銃を使えないからです。

農作物の被害はとても多く、
鳥獣被害の対策に私たちの税金が使われています。
手間暇かけて作った野菜がイノシシに食べられてしまっては、
農家も収入減です。

だから、餌付けをして、山から人里へとイノシシを誘うような行動はやめていただきたい。

午後に、まず、地域の不法投棄などでパトロールをしている方に報告。
次に環境部に行き、対策をと相談に。
安全・安心メールを出し、注意喚起をしましょうということになった。

こちらは、木更津市役所 環境管理課です。
 2月17日午後7時ごろ、林道鎌倉1号線(矢那の市営霊園〜請西南間の林道)でイノシシ10頭程度が目撃されました。
 万が一、イノシシに遭遇してしまった場合、イノシシを刺激しないように静かにその場を離れてください。あわてて急に走りだす、威嚇をする、追い払おうとする行為は、人を襲う可能性があり非常に危険ですので絶対にやめてください。
 また、野生のイノシシに餌を与えないでください。人が餌をくれることを覚えたり、周囲の家に侵入するなど地域全体に被害をもたらす原因となります。

メールを見て気を付けようと思う人はどれだけいるのだろう。
夕方、帰るときに、ここを通る。
ウリ坊が2頭。餌を待っているようにうろうろしていた。
近隣の区長宅に寄って、状況を説明した。地域に注意喚起をするようお願いした。
その帰り、再度、通ってみた。

おーーーーーーーーーー。いたいた。
今日は動画も撮りました。



DSC_2045.JPG


こんなイノシシの対応で終われたのですが、議会質問関連で
・明日の議案審議の補助資料を提出
・明日の議案審議のヒアリング
・総務部・企画部と質問の打ち合わせ
・質問原稿を作成し、提出。


posted by のんのん at 21:52| 環境