2020年03月12日

予想、4時はないだろう。2時半かな。じゃあ、私は3時


これは、今日の建設経済常任委員会の話。
議案の件数、内容によって、何時に終わるか、予想した。
昨日は、教育民生常任委員会。
この委員会は、陳情1件のみの審査であり、
員会終了後の協議会で、今後の計画などの説明があったが、それは午前で終わった。
おとといは、数件の議員審議と協議会の説明案件があり、午後2時まであった。
今日の委員会はぴったり3時に終わった。
始まる前に、
「田中、4時まではないだろ。ひとり質問はいくつまでとしようか。
自分がわからないことではなく、市民のために質問しろよ」と
アドバイスをもらった。
会議が始まった。執行部の説明をきき、そのあとは、質問タイム。
みなさん、活発に質問します。
私だけじゃないじゃん。いい感じ。
ほんとに、質疑終局まで行う。
私が気が付かない点も質疑を聴いていると、勉強になる。
どんなことの質疑があったかというと、
下水道事業会計の図で、ここ、ちがうんじゃないかと指摘があったり、
このように条例改正をすると、個人の財産の権利を束縛することになるのではないか。
とか。
コンパクトシティをというが、木更津にあっているのか。
けっこう、委員のみなさん、質問してて、4時間。
3時に終わりました。

帰りに、今日、説明のあった火葬場の工事現場に立ち寄りました。
DSC_2293.JPG


DSC_2292.JPG

2020年(令和2年)7月末まで 工事用道路の工事
2021年(令和3年)4月末まで 造成工事期間
2022年(令和4年)9月末まで 新火葬場建設期間
                2か月間 職員研修
2022年(令和4年) 12月から新火葬場運営開始 環境緑地工事始まる(7か月間) 
よく、いつできるの?と聞かれます。
長生きしてください。と伝えています。
posted by のんのん at 21:01| 議員・議会