2020年04月11日

森田知事、主体性無さげ 露呈する


安倍総理の緊急事態宣言後、
各都道府県の知事の采配が
ニュースになってきた。
東京都知事も、
大阪府知事も、
埼玉県知事も、
危機感とがんばってる感が
伝わってくる。
知事が、住民の命を守るための選択だと。

でも、森田知事は違うといいきってしまえるほど、
主体性がない。と思うのは、私だけ?

首相の緊急事態宣言に基づく個別業種への休業要請を見送る。

千葉県は東京都と同じというわけにはいかない。

政府が休業要請を伴わずに外出自粛の効果を見極めるとした2週間を待つ。
その効果を踏まえて、スピード感を持って次の対応を行っていきたい。

と言って、のんきにしていると、10日
神奈川県は、県内の施設・店舗に休業を求めると発表
埼玉県も、県内の施設・店舗に休業を要請すると発表

あれあれ。慌てた千葉県。
11日「千葉県だけ営業していると人が押し寄せるおそれがある」として、
一転して休業を要請する考えに方向転換。
それでも、千葉県は、休業を要請する場合、県独自の補償は難しいとの見解。

ところで、安倍総理は、7日の記者会見で、
記者から、この緊急事態宣言が失敗したら、責任をとるのかと
質問していた。
そのとき、「私が責任をとればいいというものではない」と言っていた。
これを聴いて、私は、びっくりした。
こんな危機的状況の時に、日本という国のお財布のお金の使い方も
いろいろ采配できる立場の人が、全力で取り組んでいないんだと思った。

だらだら、審議していても、別に自分の収入が減るわけでないしね。

命をすり減らして働いている医療現場、保育現場、自衛隊…。
そりゃ、ウィルスのことで、どうなるかわからないよ。でもね。
失敗しないよう、最大限の良い判断をし、政治をしてほしいよね。

責任をとるものではないという判断をする方に、ただただついていくいうのは、
無防備極まりない。

さて、安倍総理も世論を気にしてか、
7日の記者会見後に、記者から出された質問に文書で回答。
緊急事態宣言に関する政治判断の責任について、
安倍総理は
「政治判断の責任は自分にあるが、
命のかかわる最悪の事態に至らないようにするべきだ
と考えている」と文書で回答。

文書は、だれがつくったのだろう。とかんぐる。

さて、森田君。(知事)
君は、めちゃくちゃ、遅いスピード感。
ここで挽回するには、どうしたらいいか。
一緒に考えてみよう。

千葉県は、医師の数
看護師の数
病院のかず、等々
どれも少なくて全国4●位。
唯一、薬剤師の数だけ、下位ではない。

医療体制、軽症者の陽性の人を家庭ではなく、隔離できるよう、準備すること。
増えたらするのではなく、増えないように対応すること。
スピード感、ほしいんでしょ。
よろしく。

そうそう、
幕張にある市町村アカデミーは、
自治体職員や議員の研修施設。個室の宿泊施設もある。
今は、研修も中止している。ホテルばかりでなく、
このような施設、企業などもあるだろうから、探して準備すること。

森田君、
もう一度、言います。
経済的支援は、国からお金がこないからできない。
と言い訳をする。だったら、
医療体制で、スピード感を。
検査体制を充実させる。ドライブスルーだっていいし、
とにかく、たらいまわしで結局、
自宅待機で、家庭がクラスターにならないよう、
整備すること。

よろしく。
スピード感は、方向転換だけだったなんてことのないように。
DSC_2340.JPG

写真は、3/27に撮ったもの。時は、戻りません。


posted by のんのん at 22:31| 日記