2020年05月13日

日常と非日常 「臨時号じゃなくて、号外にしよう」


5月7日の臨時議会後に、副委員長と話し合い、
「市議会だより 臨時号をだしたい」と。

議長に相談し、通常の印刷などはせず、
予算のかからない、インターネット配信とした。

田中は素案を土日に作成、
11日には、議会事務局にチェックしてもらい、
かつ修正し、委員のタブレットに送信してもらった。
12日は、委員が各自、目を通す。

13日、今日は、10時より、1時間30分も
かかったが、どんどん建設的な意見がでて、
編集会議は、充実した。
たったA4サイズ2ページ分だけれど、
6人が意見を出し合った。
何を一番、伝えたいかというより、
市民が何を知りたいか。

特に、印象に残ったのは、10万円給付の記事
どんな方に、市は、配慮を必要とするか。
をお知らせする部分。

どうして、これをひとつずつ載せたのか。
これとこれ、合わせたらどうか。

こんな配慮が必要だからと国の事務連絡が
次々あったから。

国の事務連絡の正確な文章はと、タブレットで検索し、
読み上げる委員。
じゃあ、それにしよう。

などなど。
市議会だより 臨時号といいつつ、印刷しないからいかがなものか。

通常と違うし、
臨時号じゃなくて、号外にしたら。
それにしよう。

市議会だより 号外は、来週月曜日に
木更津市議会のホームページに掲載されます。
アップされたら、お知らせしますね。
その前に、5/16 
広報きさらづ臨時号を執行部は発行できるよう、準備をすすめています。

先日は、たけのこだったのに、ぐんぐん成長して、竹になりつつあり。
DSC_2594.JPG

夕方の散歩にて。
「おや、今日は、だんなさんはいないのかい」
「はい。今日は散歩。通信はこの間くばったばかりなので」
「そうかい」
「今日は、市議会だより 号外をつくってたので、息抜きに散歩です」
「そりゃ、おつかれさん」
posted by のんのん at 20:29| 議員・議会