2020年05月16日

日常と非日常 今日は、平成5年まで調べてタイムスリップ


雨だったけれど、事務所で調べもの。
テーブルの上に、ズラリ。
必要なところを並べてみた。
実は、4月初めに資料請求をしていた。
木更津市の公有用地、調べ中。
2020.5.16.png

(グラフをクリックすると、大きくしてみることができます)
(追記1 2020.5.17 不思議だと思ったところは、解決。よって、文章は修整)
(追記2 2020.5.18 うそー。まだまだあったH5年、調べ終えたら、表は更新します)
(追記3 2020.5.18 表は更新しました)
件数をグラフにしてみる。
2020.5.16-1.png

(追記2 2020.5.18 。これもまだまだあったH5年、調べ終えたら、グラフは更新します)
(追記3 2020.5.18 グラフは更新しました)
H5年 バブル期末期
バブルがはじけて、企業が苦しくなって、
そのあとに、税金の払う金額が少なくなる。
すると、行政は、税金としてはいってくるお金が
少なくなり、財政が厳しくなる。
H10年 そろそろ厳しくなる頃だが、
これをみていると、んー。まだのんびり。

ところが、H15年から件数が減っている。
木更津市の財政は、H13年をすぎて、
H15年はもっとも大変なときだった。
そのことは
以前作った「市民目線でつくった木更津市の財政白書」にも掲載していた。
2020.5.16-2.png


2020.5.16-3.png


アドバンスプランをたてて、財政健全化に向け、
木更津市が努力したのが、H16.17年から。
やっと、落ち着いたかなと思ったら、
H22年 リーマンショック
H23年、東日本大震災。
災害の少ない木更津市も、昨年は台風に見舞われ、その復興は
昨年とに引き続き、今年度も財政は執行中だ。
そして、もうすぐ2025年問題。
団塊世代が前期高齢者から後期高齢者に変わる。
それに対応できるよう、行政も取り組んできたが、
今は、コロナ災害対応真っ只中。

件数だけじゃなくて、今度は金額を調べてみようかな。

今夜は、金額で集計してみようかな。

今日の写真 夕飯
イカリングサラダ
DSC_2620.JPG


片栗粉をまぶしたイカリングをスライスした野菜の上に置いて、
醤油、酢、みりんを「たらりんこ」とかけて混ぜるだけ。
posted by のんのん at 21:30| 活動