2020年05月29日

なんてことだ。「CMVってなんだ」オスプレイだらけにされる木更津 なめられてる木更津


えー?なんだ。CMVのCって、なんだ。
初めて聞く。すぐに、企画部に聞いた。
すると、海軍のオスプレイのことだった。

なめられてる その1

今日の共同通信のニュースを読んで思ったこと

● なんだよ。防衛省は、
  木更津市より、報道に先に知らせるいつものやり方で

● 木更津に、整備用格納庫の新設を計画って、
  現在の整備の拡張なのか
  
オスプレイの格納庫新設、木更津 防衛省、整備拠点の陸自駐屯地5/29(金) 2:00配信
防衛省が、米軍輸送機MV22オスプレイの定期整備拠点となっている陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)に、整備用格納庫の新設を計画していることが分かった。同省関係者が28日、明らかにした。同時に最大7機まで整備可能な能力を備える必要があるとの米軍の意向を踏まえた。現在の能力は3〜4機とみられる。同省は29日にも木更津市に説明したい考えだ。

 MV22は海兵隊用で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)に所属。防衛省は木更津駐屯地の整備能力強化が沖縄の負担減につながると判断した。


なめられてる その2

今日、北関東防衛局が木更津市長に報告しにきた。
防衛省北関東防衛局 深和企画部長
防衛装備庁プロジェクト管理部 桐石事業計画調整官

大臣ではなかった。
陸自オスプレイ暫定配備のときは、副大臣だった。
今回は、暫定配備より、軽くあしらわれたということか。

なめられてる その3

報告しにきた内容は、
それはそれは、寝耳に水のことだった。

●整備用格納庫の新設するが、それは、別の業者。
 つまり、SUBARUがゆっくり整備しているので、別の業者を
 米軍は探しているということは知ってたけれど、それも木更津だなんて。
●「SUBARUの契約は2020年に整備入りする機体まで」って、知らなかった。
●整備は、米海兵隊のMV-22オスプレイだけでなく、CMV-22オスプレイも
●「2023年以降、米海軍CMV−22の整備も想定」とあり、びっくり。

これがその資料
R020529 米軍オスプレイ次期定期機体整備会社の入札に係る状況について.pdf
2020.5.29.png


2020.5.29-1.png


おさらい。
アメリカ海兵隊型 MV-22B
同空軍型 CV-22B
陸上自衛隊型 V-22

ググッてみてわかったこと
・CMV-22Bは、2019年12月に初飛行した海軍のオスプレイ。
・アメリカ海軍はCMV-22Bを44機調達する予定

木更津市議会は、コロナ対策で、一般質問はカットし、
最終日の緊急質問は、コロナ関連に限り、行う予定だ。
こんなときに、陸自オスプレイが来る前に、
基地政策特別委員会の協議会を開催するよう、田中は求めているが、
まだ、委員長から日程案内がこない。
この件は、直接、防衛省が議会に説明にくるべき、おおきな案件だ。

まったく、もって、防衛省になめられている。
オスプレイだらけにされる木更津 なめられてる木更津

怒りが収まらないが、今日は、自分でミシンがけした
大臣風マスク。青い接着芯にまめしぼりのてぬぐいを裏地に。
会派室にて。ガーゼのてぬぐいをスカーフがわりに。
DSC_2673.JPG


posted by のんのん at 20:58| オスプレイ