2020年09月06日

高潮の被害を想定しておく


台風10号が沖縄、九州を北上中。
なんでもテレビで、昨年の千葉県の台風被害を
例にしていた。
それ以上の風が吹くと。
今回、高潮も注意と何度も放送している。

千葉県は、高潮の被害を想定して、
高潮浸水深は、どこで何時間くらい、どのくらいの深さかを
表している。

注意する点は、津波は海抜何メートルで表すが、
高潮は、地表面からである。

昨年、台風のとき、木更津市は、
高潮浸水深まで防災計画に盛り込んでいなかった。
議会質問では、
・防災計画に高潮浸水深も、盛り込むこと。
・津波や地震、土砂崩れの危険がある施設などは、
避難計画や避難訓練をするようになっていても、
新たに、高潮の被害が想定される施設などは、どこなのか。
そこに対する指導が今後、必要であると指摘していた。

さて、どこまでできているのか。気になる。
PDCA という評価のしくみがある。
計画→実行→点検→改善 なのだが、
木更津市、あるときから、行政評価をやめて、進行管理となった。
このデメリットは、目標が往々にして、どこまでできたかどうかになる。、
点検と改善が抜け落ちがちである。
そこは、議員がしっかりみていかねばと考える。

木更津駅前庁舎脇のオブジェ、
逆さ狸のところで、高潮浸水深は、地表から1.7mとなる。
それだけで、びっくりである。
昨年、県内の主要な都市をいろいろ調べていて
一番びっくりしたのが、

船橋市役所で、高潮浸水深は、5.16m
浸水継続時間は168時間以上

他に
千葉市役所で、2.66m
袖ケ浦市役所で、0.8m

市役所が浸水する場合を想定した防災計画になっているのかも
考えなくては。

さて、あなたのお住まいは、高潮、大丈夫ですか。


ここに、千葉情報マップがあります。
https://map.pref.chiba.lg.jp/pref-chiba/Portal
スマホ版は、こちら
https://map.pref.chiba.lg.jp/sp/TopPage/Index

防災情報をクリックして、
施設名や住所を入力して確認してみてください。

広報きさらつ、9月号表紙。
洪水のことは書いてあったけれど、高潮浸水深のことは書いてませんでしたね。

posted by のんのん at 20:33| 日記