2020年09月19日

くるみの飴煮


金沢のおばあちゃんは、私が小さい頃、新聞を広げて
1つ1つくるみを割って、くるみの飴煮を作っていた。
母も、そのくるみの飴煮をつくるのが得意だ。
私は、それをしっかり食べる役。

ここ数日、母は、くるみがほしいと言っていた。
議会で忙しく、時間が取れなかった。
というわけで、今日は、くるみをゲット。
父と母を連れて、近くのスーパーに行く。
お店にある3袋をゲット。
んー。足りない。

じゃあ、イオンに行こう。
なーんと、大袋がどーんとあった。
うれしそうに数袋、買い占めていた。
ふとみると、なつかしい駅弁が。
富山のますのすし
母は、二つ買った。
ひとつは、我が家にという。
ごちそうさまでした。
つかの間、北陸旅行にでかけた気分の味わいでした。
posted by のんのん at 21:31| 日記