2020年10月13日

そろそろ、最終段階に入ります


今朝、次女ちゃんと〇〇くんが帰った。
通常モード。アクセルを踏む。

議会運営委員会を終え、
打ち合わせと書類作成をし、
事務所に戻る。
事務所のスタッフは、行政用語をチェックしていた。
これ、意味がわかりません。
注釈がほしいです。

スタッフに説明が必要ということは、市民にとっても同様。
わかりやすくかみくだいて説明する場合と、
それは、事業名だから、変更できない。など、田中はコメント。

普段の暮らしにない言葉を並べても、市民には響かない。
歳計剰余金って、なんですか。

夜間臨戸の臨戸って、りんこって、読むんですか。
かなをふったほうがいいですね。
っていうか、どういう意味ですか。

継続費逓次繰越って、わけわかんない。
繰越明許費って、なんですか。

というわけで、いろいろ説明する。
どんな言葉ならわかってもらえるか、

書き換える。
どう、これなら、わかる?
書き加える文言を読み上げる。

あー、わかるわかる。

今日の午後は、そんな積み重ねの編集をしていました。
そろそろ、最終段階に入ります。
ただ今、「傍聴席からみた決算審査」作成中。

posted by のんのん at 20:14| 活動