2020年10月20日

まだ飛ばない 暫定配備のオスプレイ


そういえば、暫定配備のオスプレイ、
このところ、音沙汰ない。

さかのぼれば、9月25日、木更津市のHPには

本年9月の実施を見込んでいた陸上自衛隊オスプレイの試験飛行については、新型コロナウイルス感染拡大に伴う各種資機材等の輸送の影響により、現時点では10月以降の実施を見込んでいます。具体的な日程については連絡があり次第お知らせいたします。

8月31日の基地政策特別委員会協議会に
防衛省が説明にきた際、
試験飛行をするときは、事前に情報提供をと質問した。
(9月議会一般質問でも質問すると通告していたのだが、
急遽、防衛省の説明があるとのことで、この協議会にも同様に質問)

田中「米海兵隊オスプレイは、飛行する場合は、いままで事前に報告をもらっていた。
なのに、同じオスプレイでも陸上自衛隊の場合は、公開しないというのは、いかがか。
米海兵隊オスプレイは、地位協定により、日本の法律関係なし。
しかし、陸上自衛隊のオスプレイは、航空法や自衛隊法に基づき、飛行しなければならない。
自衛隊がキチンと模範をみせてこそ、米海兵隊もとなるのではないか。
それから、さきほどから、何度も聴きました。
「今までに保有したことがない新たな機体であるため」と。だからこそ、陸上自衛隊のオスプレイの飛行計画を
情報公開をと市民は思うのです。ぜひ、前向きのご検討を。」
防衛省「飛行計画の情報公開は、前向きに検討」

このようないきさつがあり、いまだに試験飛行がない。
この飛行計画がまだ情報公開できる段階ではないのではないか。
と田中は推察する。

千葉県も、千葉県下のどこを飛行するのか、防衛省に対して
開示請求をしているようだが、音沙汰なさそう。

んー。これらをさしおいて、試験飛行をしたら、
私たちは、声をあらわにいいますよ。

早く試験飛行をと言っているのではありません。
ゆっくり、準備してください。
飛行計画を公開しないうちに、試験飛行をしないでください。
あっ、申し添えますが、
どれだけ、試験飛行が延期されても、木更津への暫定期間は5年です。
17機のうち、まだ5機しかなく、あとは製造中。
2機だけ木更津にあり、3機はアメリカ。
いつ木更津にくるかわかりませんが、
17機そろわなくても、木更津への暫定期間は5年です。

posted by のんのん at 20:34| オスプレイ