2021年01月31日

種苗法のどこが問題か、わかった


元農林水産大臣・弁護士の山田正彦さんの講演を
オンラインで受講した。

しょっぱなからびっくり。
知らないことが多すぎ。
そこで、びっくりシリーズ

びっくり その1食糧自給率の計算を2020年に改めた農水省
家畜の飼料の90%は、輸入に頼っているのに、国産とみなすって。おかしいよね。
輸入の飼料で育った牛でも国産牛なら、飼料のことはどやかく言わない。
国産として計算しちゃおうって。
つまり、食糧自給率は、まだまだ困っていませんよと
政府は、国民をだましているってことね。

びっくり その2 「種を守る」ために農業試験場ではどんなことをしていたか
種は、植えるたびに、だんだん元の種とは異なっていくから、
原原種を保存するって、大変なことなんだって。
どう大変かというと、田んぼに植えても、そこで、
異株ができるから、11回も取り除く。最後に、
できた原原種は、6割だそうです。
このように、種の保存、知的財産を私たちの税金で守り続けてきた。
それは、種子法があったから。
でも、種子法がTPPで廃止になっちゃったから、大変というわけ。

びっくり その3 1代限りのF1は、毎回、種を買わなければならない
F1を収穫して、その種を植えても、翌年はF1にはなりません。
一代限り。
三井化学アグロのみつひかり これは、F1
民間の品種みつひかりなどは、F1で価格はこしひかりの10倍ほどだって。
あっ、種の話です。生産コストがかかるってこと。
民間開発の米は他にもあります。これはF1だと思ったら、違うとのことで、訂正いたします。
住友アグロソリュージョンズのつくばSD
モンサントのとねのめぐみ

こしひかりより、収量が1.2倍から4倍の収量で味もこしひかり以上ときけば、
生産者もつい契約してしまいそう。
よくよくみると、農薬や化学肥料の会社よね。
お米の種と農薬がセットで売る場合もあるそうな。

びっくり その4 民間に種子の育成権を提供するな
国民、県民の税金で、農業試験場などで種子を守り、開発してきたのに、
いいのか。民間に提供して。

びっくり その5 ゲノム編集の扱いが真逆の日本
EUの各国では、「ゲノム編集は、遺伝子組み換えと同じ規制が必要」としている。
また、講師の山田さんは、イグラシオ・チャペラ教授に取材。
「ゲノム編集は、遺伝子組み換えの延長上の技術であり、
人の命、健康に深刻な危害をもたらすものである」
さて、日本はというと、
2019年10月から、ゲノム編集の種子は、食品安全審査の手続きの必要もなく、
何の届け出もないままに、農家に販売されることになっている。
その上、有機認証できるかを有識者で検討だって。
有識者ってどんなことを知ってる人なんだろう。
とにかく、日本は真逆ってこと。
ましてや木更津市はオーガニックシティと掲げている。
かずさアカデミアでは、確かゲノム編集の研究してたような。

びっくり その6 がん発症リスクの除草剤が日本で野放しに
除草剤ラウンドアップって、よく量販店でも、デーンと置いてあります。
あれです。日本は野放し。
世界のあちこちで禁止。あまりものがどーんと日本に。
ロシアも2014年4月、ラウンドアップ耐性遺伝子組み換え食品の輸入を禁止。
アラブ6カ国も使用禁止に、
ベトナムなどアジア5カ国やマラウィはグリホサートの輸入禁止を決定。
エルサルバドルやチリ、南アフリカ共和国なども
ラウンドアップの販売を禁止するか禁止に向けて動いている。

びっくり その7 除草剤で末期がんになり、勝訴。
講師の山田さんは、学校の除草で、何十回もラウンドアップを
撒いて、末期がんになったジョンソン氏に取材。
裁判で勝ち、賠償金を支払えという内容。
その裁判の担当のロバート・ケネディJr弁護士にも取材。
なぜ、裁判に勝ったのか。
それは、モンサントでガンの実証実験をし、ガンになるのを知っていたという内部資料があったからだと。

びっくり その8 除草剤グリホサートの扱いも日本は真逆
 
現在、禁止国は49か国。
日本は、グリホサート残留許容量を許容量を大幅に緩和。
収穫前に使うから残留するんだけれど、規制をゆるめたから大変。
綿は、1.0から4.0で4倍だけれど、
そばは、150倍
ごまの種子は200倍
ひまわりの種子し400倍。

さて、そろそろ本題
びっくり その9 2020.12.7改訂種苗法で登録品種は自家増殖一律禁止
どういうことかというと、
登録品種のものは、お金を払って許してもらって作るか、または苗を買う。

違反したら、
懲役10年もしくは1千万円以下の罰金、法人は3億円以下の罰金、共謀罪の対象
法人とは、農業生産法人も含む


世界でこんなふうに、自家増殖一律禁止の国は、日本とイスラエルだけ。
家庭菜園は、自分が食べるだけのものだから、人に譲らないのが原則なので、対象外。
というけれど、道の駅などで、少しつくったものを販売するなどは、
きっと対象となるんだろうなーと聞いていて思った。

とんでもないよね。
これって、来年の4月から始まるんだって。
ということは、今年が正念場。
というのも、次も読んでね。

びっくり ラスト 農家は自分が栽培している作物が登録品種かどうかわからない
いやー。大変。違反したらって、たとえば、飲酒運転したら、
刑罰があるでしょ。だから、飲酒運転しないようにって、啓発するじゃない。
でも、栽培している農家が違反しているかどうかわからないって、
一所懸命つくって、できたらあなたは違反ですって、それはないでしょ。
この1年は、何が登録品種なのかを農家に知らせることが必要。
在来種と思っていても、登録品種だったりするらしい。
なんせ、登録品種は9000種類ほどあるそうな。

世界で、日本とイスラエルの他、一律自家採取禁止の国はない。
その理由は、何が自家採取禁止かを知った農民たちが反対運動をしたからだそうだ。
日本は、わざと知らせないで進めようとしているのか。
そんなことで、農家の人を苦しめたら、作るひとがいなくなる。
ますます、食糧自給率が低くなる。
種を守ることは、私たちの食卓を守ることに直結する。

posted by のんのん at 23:04| 活動

2021年01月30日

今日は強制的にoff


ずっと、調べものも面白いけれど、ちょっと一息。
ウールの着物ををほどいて、洗いました。
型紙も作りました。
これから裁断です。

posted by のんのん at 19:49| 日記

2021年01月29日

ぼく、ロッティ。これ、邪魔なんだけど


ぼく、ロッティ。
ほら見て。ぼく、チェリーアイなんだって。
DSC_1143.JPG


おとうさんがクリニックに連れて行ってくれた。この間、
日帰り手術をしたんだ。

おかあさんがインターネットをぐぐったら書いてあった。

チェリーアイ(三眼瞼腺脱出)は、この第三眼瞼腺がさまざまな原因で飛び出し、炎症を起こして赤く腫れあがる目の病気のことをいいます。チェリーアイという特徴的な名前は、ポコッと赤く腫れあがった第三眼瞼腺が、さくらんぼのように見えることから、こう呼ばれています。

手術後、目薬を差してたんだけれど、
2日ほどしたら、目が今度は白くなってきて、また、
おとうさんにクリニックに連れていってもらったんだ。
そうしたら、今度は角膜損傷だって。また、目薬もらってきて、
目薬を差すのは、おとうさんより、おかあさんのほうが
上手だよ。

おかあさんが、インターネットでぐぐったら書いてあった。
犬がチェリーアイにかかると、飛び出た第三眼瞼腺が目の表面にこすれてしまいます。そのため、違和感や痛みから犬が目を気にして前足でかいたり、涙がたくさん出たりといった症状が現れるのです。片目だけにおこる場合もあれば、両目におこる場合もあります。また、角膜潰瘍や結膜炎といった目の病気を併発してしまうこともあります。

今は、お医者さんに言われたとおり、こんなの付けられちゃってさ。
DSC_1156.JPG


でも、ぼく、ロッティ。足ではずすことができるんだよ。
すごいでしょ。でも、それをみて、おかあさんは、
「ああーあ。じゃ、これ、貼っちゃおう」といって、緑の養生テープを貼った。
これじゃ、さすがのぼくも、はずせないよ。



posted by のんのん at 20:51| 日記

2021年01月28日

とうとう住宅街にイノシシが11/30投稿…その後、あの公園は


地域住民からの情報を昨年11月30日にもらい、
公園担当や環境部に連絡した。
11/30の公園の様子
フェンスが壊れてて
DSC_0884.JPG

地面もあちこち掘り返されてました。
DSC_0888.JPG

一面、でこぼこ
DSC_0886.JPG



地域に回覧を回すだけでいいのか。
フェンスが壊れているけれど、それを直す予算がなく、
イノシシが公園に居座ったら、どうしたらいいのか。
市としての対応は、
その後、どうするのか、何度も聴いていた。
12月の年末前になっても、なかなか公園の対応がみえてこない。
年末年始、何事もなければと思っていた。

今日、ちょっと公園を見に行った。
おー。やってるではないか。
DSC_1152.JPG


環境部が実施した霊園のイノシシ対策を公園担当もやってみた。
看板もでていた。
DSC_1155.JPG


公園担当から、「やりましたよ」ともなんにもアピールがなく、
こっそり、やり遂げていた。そこで、

電話してきいてみた。
「いつ、対応したのでしょうか。」
「先週の金曜日です。看板も出しました。
消石灰もまきました」
「ありがとうございます。ところで、木更津市内でイノシシ対策をしている公園は、
ここの他にありますか」
「大畑公園だけです」
今のところ、木更津市内で、公園でのイノシシ対策は、ここだけだそうだ。

実は、消石灰については、
千葉県からの「CSF(豚熱)感染拡大防止の対応」があるが、
公園担当も知っておいたほうがいいのではと
お知らせしておいたら、さっそく実践したようです。

posted by のんのん at 21:16| 地域のこと

2021年01月27日

おー いた! 見た? 見た!  住宅街の裏の田んぼを駆ける


今日は、
事務所のスタッフと請求していた資料を
いろいろ照らし合わせ、疑問点を書きだした。

午後一番に、所管課にその疑問点を教えてもらいに行った。
事務所に戻り、一緒に調べたスタッフに報告。
おー。調べてみないとわからないものねー。と
二人で、難しい資料を眺めながら、満足。
ちょっと休憩し、時計を見る。

おー。昨日、夫が目撃したという時間になりつつある。
スタッフに、ちょっとパトロールに行こうか。
行く行く。

いない。いないねー。あそこらへんだけど。
帰り道に、また、通ろう。

地域の課題の場所をパトロールといっても、ドライブ。
一件、あー、これ。なるほど。

帰り道、窓の外をみて、スタッフが突然、叫んだ。
あっ、いた、いた。
車を停めた。
おー いた! 見た? 見た!
住宅街下の調整池そばのドッグランの裏から
田んぼを駆ける 烏田川の笹の中へ。

餌付けされて近寄ってくるイノシシのスピードとはずいぶん違った。
猪突猛進。
昨日のイノシシの報告も環境部にしてきたけれど、
今日の目撃情報もつたよえうっと。

画面、右上が八幡台の住宅街
画面の右から田んぼのあぜ道を駆け抜け、2頭のイノシシは中央の笹薮に消えた。
すみません。猪突猛進のイノシシは、映っていません。
ここをお散歩する際、気を付けてください。
畑で作業している人の話だと4頭を見かけるそうです。

DSC_1151.JPG

posted by のんのん at 22:06| 地域のこと