2021年09月09日

「関連」の一声がとびかい、なかなか質疑終局にならない委員会


建設経済常任委員会。10時から始まって
終わったのは15時をすぎていた。
この委員会、質疑が活発。
職員にとっては、シャンシャンと
終わったほうがいいのだろうけれど、
市民から聞かれたときに、
議員にとってはあいまいでは困るので質問します。

自分が疑問に思っていること、
ちょっと違う角度で質問する議員がいる。
1つの質問に
数回、質問と答弁のキャッチボールがある。

質疑をきいてて、新たな疑問も生まれる。
そんなとき「関連」と手をあげる。
だいたい、関連×3議員くらいで、次の質問となる。
もっと多いときもある。

けっこう、時間のかかった質疑は
新火葬場の進捗状況
「令和4年12月には供用開始になります。」
(供用開始とは使えますということ)
環境部の報告だった。
大久保団地自治会連合会からも要望が
どんなのがあったかの説明があった。

質問した。
要望書を提出するにあたって、
何度も職員と話し合っての要望ときいて、
ムム。
防犯カメラの設置について、お聞きします。
市が設置する場合は、個人情報なども観点で、
要綱だったか、条例が定めてあります。
自宅に防犯カメラというなら、個人の話です。
最近の防犯カメラは性能がよく、遠く離れた家の中も、
パソコン操作で見ることができるものもあり、
設置には慎重にしなければなりません。
しかし、新火葬場建設にあたっての要望で、
防犯カメラの設置となると、どこに設置するのか、
個人情報はどうなのか、そこのところ、どうなんですか。

もうひとつ、新火葬場の進捗状況はわかったのですが、
今、工事中で通行止めの道路の進捗状況は。

3つに区切って、工事をするのですが、
そのうちの1つを今、工事中。
用地取得も7割を超えた。
あと2つはまだ。

令和4年に新火葬場ができたときに道路は?
努力中で今は答えられない。
とはいうものの、できても1つの区間でしょうね。
もうすこし、したら、道路が広くならないうちの安全対策を
考えてもらわなくちゃね。
今は、とにかく早く、工事を進めてほしい。

午後は、中心市街地活性化のまちづくり。
けっこうもめました。
中心市街地とはどこかなんてことでも、以前、もめました。

みなと口から海に向かっての富士見通りは、
アーケードを撤去し、無電柱化にし、歩道がきれいになります。
その上、景観条例で、壁や家の色を限定します。
そのために、補助金制度もできます。

このようにするのは、行政主導か、地域からの要望か。
ぐさっと質問が飛んだ。

また、駅前ばかりに、お金が投資されるように見える。
それ以外の地域と不公平感がある。
ぐさっぐさっ。

行政主導。きさらづのブランドを高めたいとのこと。

シャッター通りとかいう汚名を、以前の賑わいをと
木更津のプライドのためだとわたしは思う。
きつい言い方かもしれないが、
私は、西口側がにぎわっていたことを知らない。

私も質問した。
景観条例があるのに
旧銀行の建物が、びっくりするような配色で最近塗装されてた。

届け出が必要だが、
色も限定されていることを周知するために、ホームページに掲載したい。

んー、ちょっと違う。
さらに質問。
ホームページとかじゃなくて、道路に、このまちかわりますって
無電柱化のアピールとともに、どんな色のまちになるのかを
掲示して、市民にその場で伝えるということが重要では。
バスを待ってる間でも、それが見られるように。

すると、バスを待っているところには、
デジタルサイレージも活用したいとのことでした。

工事をすることによって、どんな未来があるのかを
具現化し、市民とともに待ちわびるくらいにしなくゃ。
私は、工事中の現場に掲示があるといいと思っています。
きさらづのブランドにしたいならね。

他にも、いろいろありましたよ。
この委員会、質疑が活発で、議事録作成は大変だと思う。
posted by のんのん at 21:23| 議員・議会