2021年09月14日

決算審査を傍聴


決算審査特別委員会を傍聴していた。
「あっ。今回は委員ではないんですね」
そう声をかけてきたのは、職員でした。

「はい。傍聴です」と私。

あっ、そこで質問、終わる?
もう少し突っ込めそう。

あっ、それ、私が以前質問したテーマ。
それは…こう答えるであろうことがイメージがつく。

あっ、それ、予算審査で私、質問したテーマ。
別角度から質問するとこうなるのかー。

いろいろ思いながら、傍聴していたのでした。
コロナ禍のため、別室でのモニター画面をみながらの傍聴。
ついつい、つぶやいてしまいます。

予定よりも、早く終わった決算審査。
スマホに電話。
おー、おじいちゃん(父)からだ。
携帯電話を病院にもっていったけれど、
かけ方、覚えてるかなーと思ってた。
かかってきた。
おばあちゃんのことが心配だった様子。
がんばってやってるよと言ったら喜んでた。
帰り道、大好きなパズルの本と、日記を書き続けているので、
ノートとペン、それに、ペットボトルのお茶を届けた。
明日は、洗濯ものをもらいに行こう。

夕方、おばあちゃんと夕食づくり。
ちょっと、日持ちをする料理を作った。
おじいちゃんは、どうかね。心配している様子。
「電話がかかってきたよ。おばあちゃんのこと、心配してたよ。」
というと、ちょっぴりうれしそう。
「おじいちゃんがいろいろやってくれてたことがわかって感謝してたよ。
雨戸も閉めたりしてるよっと伝えたよ」
ますます、うれしそうな顔をして、
「いいこと、言ってくれたね」とおばあちゃん。

おじいちゃんも、おばあちゃんも、
平凡な日がまたくるのを楽しみにして
今、がんばっています。
弟からも電話がきた。様子を伝えるとほっとしていた。
コロナがなければなー。
そうだね。
posted by のんのん at 21:00| 議員・議会