2022年01月31日

市民ネットワーク通信の発行はもうすぐ?!


本日、会議で話し合いました。
どうしようかって。
今回は、1月下旬を発行予定としていましたが、
2月半ばに延期します。
また、コロナ禍も加味して、
ポスティングボランティアさんにいつもお願いしていた
エリアも、今回は
すべて、業者に依頼することにしました。

ポスティングボランティアさん、
今回はお休みです。とりいそぎ、ここでお知らせします。
posted by のんのん at 21:54| 活動

デラックスな計画?


「木更津市DX推進計画…意見公募始まる」
会議の資料にこう書いておいた。

すると、
「木更津市デラックス推進計画って、どんなのかしら」
という会話になり、

「ちがう。ちがう。デラックスじゃないのよ。
デジタル・トランスフォーメーションのこと」
といって、説明する。
こんなことを考えてるんだって。と話すと、
それは、意見公募の資料をみて、意見を出さなくちゃ。
ってことに。

さて、我が家のロッティは、相変わらず
竹をガリガリ、かじってます。

posted by のんのん at 20:14| 活動

2022年01月30日

オスプレイ、佐賀と木更津


1月28日、佐賀で動きがあった。
佐賀市議の山下さんから
新聞報道を教えてもらった。

佐賀空港(佐賀市)への陸上自衛隊オスプレイ配備計画をめぐり、
防衛省、佐賀県、県有明海漁協は28日、初会合を県庁で開いた。
以前、県と漁協が交わした公害防止協定がある。
海に県の佐賀空港を建設する際、
自衛隊との共用はしないと交わした協定だ。
県が、そう約束したのに、今回、オスプレイの配備で
その協定をないがしろにしているから
今まで、話が進まなかった。
今回の初会合は、
自衛隊の空港使用を否定する「公害防止協定」関連文書の
見直しに向けた協議の
漁協側が求める条件に防衛省が
どれだけ応じられるかが今後の焦点となるようだ。
この話で、
漁協と話をすすめても、地権者の多くは、漁協の組合員だが、
団体で土地を所有しているのではなく、多くが個人だ。
漁協と話し合いがあっても、今後はどうなるか、
すぐには進展しないと思うけれど、注視しなくちゃ。

木更津市の話
28日の夕方、議員にメールのお知らせが2つあった。
ひとつは、ホームページにも掲載されている。

防衛省北関東防衛局から陸上自衛隊V−22オスプレイの輸送について、以下のとおり報告がありましたのでお知らせします。
以下、報告事項
○陸自オスプレイについては、17機体制を予定しており、一昨年7月以降、合計7機が米国から米軍岩国基地を経て木更津駐屯地に輸送されました。
○今般、8機目以降の米国本土からの機体輸送について調整した結果、2月6日の週に計2機の日本に向けた海上輸送が開始されることとなりました。国内の到着地は米軍岩国基地であり、現時点では、到着時期は2月中旬から下旬を予定しています。
○米軍岩国基地到着後、米側の要員により、輸送のために施されていた保護処置の解除、飛行前点検・整備、試験飛行等が1機毎に実施されます。それらが終了した機体は順次、木更津駐屯地に1機ずつ飛行される予定です(飛行は1日当たり1機の予定)。
○なお、今般の新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、米側要員による上記作業の実施時期は未定であり、現時点では、木更津駐屯地に輸送される具体的な日付は確定していません。
○木更津駐屯地への輸送時期等の詳細については、状況の進展に応じ、改めてお知らせいたします。


もうひとつは
29日午後に、岸防衛大臣が市長と議員に表敬訪問をするという内容だった。

なんだろう。急に防衛大臣が直々にと思っていた。

昨日の夕方
岸防衛大臣がオスプレイに試乗のニュース。

確認ですが、
木更津市での暫定配備は5年間。
2025年7月9日までです。

駐車場もないのに、どんと車を買って置き場に困って
とりあえず、置かせてというようなもの。
木更津はいやだから佐賀にという話でもない。

日本の空にオスプレイはいらない。
こんなに小さな小さなウイルスひとつで、
国が右往左往している。
戦争にならないようにって、武器を備えること自体、
どうなんだろう。と考えています。

posted by のんのん at 21:43| オスプレイ

2022年01月29日

がんばりすぎると体がブレーキ


今週は、忙しかったー。
月…午後 オンライン研修 3時間
火…午前 オンライン研修 3時間
水…リアルな会議 議会運営委員会
  午後 オンライン研修 2時間
木…議案審議のための調べもの
金…リアルな会議 議員全員協議会
  夜 オンライン研修 2時間 
土…午後 オンラインで
   市民ネットワーク千葉県総会 3時間

なんか、疲れた。
なんか、また体がSOSか。
三半規管が…。
ストレス、睡眠不足の軽減を。
ということで、今日はここまで。
posted by のんのん at 21:18| 活動

2022年01月28日

これって、オンラインでもいいんじゃない?


今日は、議員全員協議会だった。
議場で、執行部が伝えたい案件を報告する。

協議会といいつつ、どういうわけか、
木更津市議会の場合は、質疑時間がない。
報告のみ。
事前に別日に、
所管の常任委員会でたっぷり質疑があるからだと思う。
だから、
10時から始まり、議員はみな
議場でタブレットに配信される資料をみながら
執行部の説明をきく。
10時30分には終わった。
採決のない、質疑もないこのような会議、
これって、オンラインでもいいんじゃない?

思わず、終わったらつぶやいてしまった。
蔓延しているコロナウイルス、
せっかく議員にタブレットを配信していながら、
オンラインで委員会を開いたのは、
今のところ広報委員会だけだと思う。

さて、そんな報告だけの議員全員協議会では
何を説明されたかというと、

⑴木更津市DX推進計画(素案)に係る意見公募について
なんだ、DXって
デジタル・トランスフォーメーションのこと。
ググってみたら

デジタル技術を浸透させることで人々の生活をより良いものへと変革すること
既存の価値観や枠組みを根底から覆すような革新的なイノベーションをもたらすもの

イノベーションって、なんだ
技術革新 変革 刷新

カタカナだらけが並ぶが、
地域に寄り添い、デジタルでもっとつながる
「木更津イノベーション」の実現をスローガンにするという。

資料には、
多様な市民にやさしく、誰ひとり取り残さないまちの実現
の文言が気になった。理想だけど、大きくでたものだ。
とても、すてきなことだけれど、認知症の高齢者へのアプローチ
どうやったら、取り残されないようにできるのだろう。
まっ、気になることは、意見公募は
明日1月29日から2月27日までです。
https://www.city.kisarazu.lg.jp/shokai/koho/iken/1001468.html

⑵第5次木更津市男女共同参画計画 素案 に係る意見公募について
もうひとつ、意見公募があった。
これも説明をきいてて、ムム。
「 近年は、少子高齢化のさらなる進展と
本格的な人口減少社会が到来するほか、
頻発する大規模災害や新型コロナウイルス
感染症拡大に伴う世界的な危機も重なるなど、
新たな男女共同参画の視点が必要と
なっている状況です」
気になるー。新たな視点って。
他にもあったけれど、
まっ、気になることは、意見公募は
明日1月29日から2月27日までです。

⑶令和4年度当初予算案の概要について
これまた、説明をきいてて突っ込みたくなりました。

どうしても必要なもの
(職員の人件費、児童手当などの扶助費、借金返済の公債費、これら義務的経費)
は、行政は確実にこれだけは確保しなくてはいけない。
その他、余力があれば道路や建物の補修などの投資的経費となる。

実は、3月に市長選挙があるから、
義務的経費
協定や債務負担行為(数年先まで続く事業のため、支払いを約束し、議会が承認したもの)
どうしても年度初めから必要な事業など
だけを骨格予算とし、
肉付けは、市長選挙のあとにするという骨格予算であると説明。

突っ込みたくなったのは、そのあとの説明。
国からの給付費がおおく、扶助費が増大、
新火葬場整備の事業費の増大
コークスの値上げでごみ処理の費用が増大
結果的に、骨格予算といいつつ、
過去最高の予算規模

すごい、
これはもう骨格予算とはいえないでしょ。
肉付けできる部分などないのでは。

そう思って説明を聞いていたのでした。
posted by のんのん at 22:18| 議員・議会