2022年04月08日

同じ内容の出前講座でも、会場によって、質疑がいろいろ ラリーして感じた


忙しかったー。
自分でもスケジュールをすっ飛ばしそうだったので、
メモ書きして行動。

きさらづ飛行場周辺まちづくり基本構想についての
出前講座、今日は、市民ネットワーク主催ではなく、
教育と文化、平和人権の会が主催だった。
4/5に昼も夜も、出前講座をして、今日は私にとって
3度目。
おもに質疑の時間を傍聴。

傍聴して思ったこと➀
やっぱり、市民の声を聴くタイミング、
これがネックだったなーと思った。
そこが色濃く、それに、防衛省の補助金だと75%も補助という話、
そんなのをほいほい飛びついたら、
オスプレイ暫定配備が期間延長したいとか、なんだかんだ言ってきたときに、
お金あげてるんだから、文句言うなみたいなことになりやしないか、
不安に思っている質問もあった。これは、先日の出前講座でもあった。
出前講座の講師の職員は、
とくにそんなことはないと言っていた。

傍聴して思ったこと➁
今日は、出前講座にはじめて参加の方が多かったように思う。
今回のテーマだけでなく、もう少し風呂敷を広げた
市政運営に関することの質問もあったりで、
やはり、今回のこれに限らず、つねに市民に身近に話し、
それについて話し合う場を設けていないので
市民も今までの思っていることがどーんと出たという感じ。
こまめに市民が知る・学ぶ機会をもてる環境づくりをしたほうがいい。

傍聴して思ったことB
市民ネットワークでは、いくつもの出前講座をやってきた。
これからも、続けたいと思った。

傍聴して思ったこと➃
意見公募に間に合うように設定した出前講座だったが、
中央公民館の意見公募の用紙は、少ししかなく、
急遽、印刷してもらい、
受講した方々に意見公募用紙を持ち帰ってもらうように声かけてもらった。

先日の八幡台公民館でも、意見公募用紙が少なく、
急いで印刷してもらった。

意見公募を所管課窓口だけでなく、公民館にも提出できるようにと
議会で質問したのは、私だ。
せっかく、公民館に提出できるようになったのに、
意見公募期間中なのに、その用紙が品薄状態、あるいは欠品では困りますね。
これって、公民館が用意するのではなく、企画部なんですよねー。

さて、明日、波岡公民館で13:30から出前講座だ。
あすが最終日。明日は、どんな感じの出前講座になるかなー。
少人数だから、また、違った感じかなー。
posted by のんのん at 22:34| 活動