2022年04月24日

まるですごろくみたいな日だった


通信の印刷は、先日までに裏面だけ終えていた。
表面は、イラストが届くのを待っていた。
昨日、メールチェック。
届いてる。少し、加筆修正をお願いした。
今日、加筆修正されたイラストが届いた。
いい感じ。
よし、印刷にとりかかろう。
日曜日だったけれど、
今日、印刷すれば、明日までの搬入に間に合う。
よーし。
2時間ほどで、搬入分の印刷を終えた。
Hさんに、「終わったよ」のラインを送ろうとした。
その時だ。
スマホに電話が。
いつも、通信のチェックをお願いしているMさんだ。

「今頃、気づいて、すみません。
93号じゃなくて、94号でした。まだ間に合いますか」
「そうそう、94号にあとで気が付いて、なおしました。
ありがとう。ちょうど、今、印刷を終えたところ」
「あ−よかった。もうひとつ、早春号じゃなくて、初夏号でした。
これも直しましたか」
ガーン、ショッ。なおしてなかった。
なんといいう初歩的なミス。
ふりだしに戻った。
でも、ポジティブに行こう。
「ありがとう。印刷しなおすわ。搬入前でよかったー」
というわけで、
再度、印刷しなおすことにした。
途中、1時間、母の夕飯サポート。
昼に煮ていたたけのこを持っていく。
おいしい、おいしいと言って食べていた。
再度、事務所に行った。19時 あがりー。

ちょうど、夫はルスだし、
昼に、煮ておいた大好きなたけのこの夕食をとった。

posted by のんのん at 21:43| 活動