2022年09月24日

後期高齢者医療のすったもんだ 続編


やっと、父の分も委任状をかいてもらい、
郵便局に受け取りに行った。

さて、父に保険証を渡したが、
保険証に同封されていた手紙をみて、唖然。
なにーっ!

10月1日より、一部負担金(自己負担)の割合が2割となる方には、
リーフレットも同封しておりますので、そちらもご覧ください。

とある。
厚生労働省のHPにあったので、
こちらです。
2割負担になる方へのお知らせ.pdf

リーフレット1ページめ
リーフレット1.jpg


なにーっ! その1は、これこれ、
窓口負担割合が2割となる方には
負担を抑える配慮措置があります
令和4年10月1日から令和7年9月30日までの間は、
2割負担となる方について、
外来医療の窓口負担割合の引き上げに伴う
1か月の負担増加額を3,000円までに抑えます。
払い戻しのために
口座を登録していただく必要がある場合※には、
後期高齢者医療広域連合または市区町村から
申請書を郵送します。
※ 既に高額療養費の払い戻しについて
口座が登録されている方には、
申請書は郵送されません。


該当する人は、また、書類が郵送され、その手続きを
しなればならない。
今度は、簡易書留ではなく、ただの郵便で、
届くかもしれない。
でも、高齢者に同居家族がいない場合、
高齢者自身も施設や病院に入院している場合、
また、遠くに住んでいる家族が
この手続きをしなければならない。

幸い、父の場合、高額療養費の場合の指定口座を
木更津市の窓口ですでに登録してある。
昨年、入院を3回もしたから。
これって、後期高齢者医療制度になるとき、
登録しておけばいいのにと思う。
たいてい、年金と同じ口座にしておくと楽だ。
75歳って、まだまだ元気だから自分でできる人が多いと思う。

それに、
2割負担が゛だれかわかって郵送するのに、
高額療養費の登録がまだの人には、後日、郵送って、
そもそも、2割負担の10/1前でも、
高額療養費の手続きをしておくと、
のちのち便利ですとしておけばよかったのに。
でなかったら、保険証と一緒に送付すればよかったのに。

なにーっ! その2は4ページ目にあった。
リーフレット4.jpg

1ページめは
後期高齢者医療広域連合または市区町村から申請書を郵送します。
4ページめは、
各都道府県の広域連合や市区町村から申請書を郵送します。

どっちなんだー。

今のしくみは、これだね。木更津市のHPにあった。
上限額を超えた月のおおよそ2ヶ月後に市役所から対象者に申請書を送付いたします。
申請書をご記入の上、ご返送ください。


該当して初めて、申請するしくみ。
つまり、入院中か退院後しばらくして申請しなくてはならない。
それって、たいてい、家族が行うとなると、
やはり、家族負担を減らしてほしいな。

そもそも、マイナンバーカードを持っていると、そういう還付金を
いつでも、指定口座に入金してもらえるとかなんとか。
後期高齢者にマイナンバーカードはいらないが、
指定口座を後期高齢者医療保険用に登録しておくことは
OUTだとは思わない。今度、所管課にきいてみよう。


PDF 正しいものにとり変えました。

#後期高齢者医療保険 #2割自己負担 #高額療養費の口座登録
#木更津市 #市議会議員 #田中紀子
posted by のんのん at 21:02| 医療・介護