2022年11月08日

議会は本日臨時会だった。議案第73号に反対の討論をいたします。 


10時に臨時会が開かれ、議案が上程された。
議案に対するおおまかな質問は事前通告したものだけである。
田中だけだ。
その後、上程された議案は、3つの常任委員会で
審議した。
総務常任委員会では、順調にいくつかの質問があり、
全員賛成。
教育民生常任委員会も順調に質問が複数回あり、
全員賛成。
さぁ、私の所属する建設経済常任委員会。
質問、何回したんだろう。わからないことは、
とことん質問させてもらった。
7900万円の事業の事務費に、1700万円もかかる。
その内訳を口頭できいててもわけがわからない。
T委員が、「暫時休憩をして詳細がわかるように、
口頭ではなく、紙の資料を用意するように」と提案し、
委員会の審議は午後にもちこし。

昼休みの間に、用意していた討論原稿に、新たに知り得たことを加筆した。
午後の委員会再開。20分ほど、審議し、賛成多数で委員会は終わり。
しばしの休憩をへて、さっ、本会議だ。
委員会の審査結果の報告のあと、討論の時間となった。
反対討論、3人。賛成討論2人。

では、私の反対討論を添付します。
議案第73号木更津市一般会計補正予算(第4号)
「電力・ガス・食料品等価格高騰重点支援地方交付金」について
今回は、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用し、光熱水道費等の物価高騰による事業者負担の軽減を図るものです。
 これまでも、コロナ対策として支援金を給付してきましたが、今回、光熱水道費の物価高騰の対応を考えると、施設の人数で判断するだけでなく、施設の面積や施設運営時間、光熱費なども考慮したほうが実態に即した支援金になると考えます。
 医療機関等支援金給付事業費については、医療現場での電力消費の実態調査をしたうえで、給付額を算出されていました。一方、障がい福祉サービス施設、介護サービス事業所は、従来の給付に準じた給付額であり、実態把握ではなく、施設利用時間帯と人数での試算でした。実際、電力や食品などの高騰で、施設の負担はこれで軽減されるのか、利用者負担増になっていないか、気になるところです。
 今後、給付の際は、実態把握もされ、算出されることを望みます。
また、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用し、光熱水道費等の物価高騰による事業者負担の軽減を図るものとしているので、市民からみれば、同様の判断基準、今回でいえば、実態調査も踏まえて算出、です。財務部や企画部は、所管課に対し、実態把握などされるようアドバイスするなど庁内で調整するなどの対応があってもよかったのではないかと考えます。

議案72号の非課税世帯1世帯あたりに5万円給付は、国のパッケージで市独自の支援策は、プラスできませんでしたが、第73号の交付金は、市独自策が打ち出せます。第72号の補完的な支援として
・住民税非課税世帯ではないものの、経済的に困難な世帯への拡大
あるいは、
・家族人数に合わせてプラスする などの事業がなかったので残念です。
一方、世帯ではなく、1人ひとりへの事業として、「指定ごみ袋配布事業事務費」がありました。
しかし、配布方法については、市民生活の実態にあっているとはとうてい思えません。
その理由は、
@高齢者にとって、45リットル10枚分のごみ袋のみの引き換え券であり、利用者が現金を追加して20リットル、30リットルのごみ袋を引き換えることはできません。
A引き換えることができる店舗もごみ袋販売店すべてではありません。交通の便が悪い地域なども考えると、公民館もはじめから引き換え場所にいれておくべきです。また、自治会に委託する場合は、保管場所も確保しなければなりません。
B認知症や施設入所の場合、引き換えるのをサポートするのはだれか。以前、10万円給付のときは、民生委員が活躍しました。今回はそれがみえません。
Cそもそも、役務費、委託料の事務費が1700万円もかかる7900万円の事業です。これは、納得できません。(コールセンターの委託料や引換券の郵送を委託)
次に「生活者物価高騰対策支援事業費」です。
これは、生活者といっても、事業者対策であり、その中でも、アクアコインの事業者だけです。
また、消費者は、アクアコインで消費することでポイントがたまるしくみですが、アクアコインの利用者は、限られた人数です。
そもそも、生活者の物価高騰対策支援といいつつ、アクアコインの利用している事業者と消費者にだけ支援するしくみです。店舗経営など、購入してもらう以前に、毎日の維持管理費の光熱水費で経営を圧迫しています。なぜ、病院や保育園や福祉施設への支援金のように、電力・ガス・食料品のようにダイレクトに支援金ではなかったのか、疑問が残ります。

以上の理由で、議案第73号を反対といたします。

オーガニックフェスティバルで販売していた学校給食用の有機米、
在庫があり、購入した。
DSC_1753.JPG


#木更津市 #市議 田中のりこ #電力・ガス・食料品等価格高騰重点支援地方交付金  #光熱水道費等の物価高騰 
posted by のんのん at 20:57| 議員・議会