2017年12月27日

君津中央病院企業団の3カ年計画


今日は、君津中央病院企業団の議会、傍聴してきました。
議会のあとの議員全員協議会が興味深い。
今回もだったが、
第5次3カ年経営計画の素案について、説明があり、質疑があった。

傍聴して感じたことをここにメモしておく
位置情報その1
「地域医療センターの充実」の項目が、1つだったけれど、
これからの3年間は、3つにふえた。
地域医療連携の強化
 @より実践的な地域医療連携の推進
 A退院支援の充実
 B地域連携パスの充実

 足そのA
地域支援病院として、入院早期から退院後の療養生活を視野に入れ、医療・介護等の関係者と連携した質の高い退院支援を実践していきます。
という。
そして、今度、地域医療支援病院として、入退院支援センターを立ち上げるという。といっても、病院の一角に設ける計画。

君津中央病院は、逆紹介率が低かったから、ここが充実するといいな。
ところで、今まで、地域医療連携室があった。ここって、何をしていたんだっけ。
ここで、入退院後の連携はしてなかったのかな。
ぐぐってみた。
地域の急性期病院として「地域医療連携」を奨励
「地域医療連携」とは、初期診療や慢性疾患の継続診療などは診療所(かかりつけ医)で診療し、重症患者や専門的な検査、治療は病院で診療して、診療機能を合理的に活用すること

あー、そうだったのか。
地域医療連携室は、急性期病院としてのものであって、ふだんはかかりつけ医、重症なときは、病院へ、また症状が軽くなったらかかりつけ医。これをスムーズにやるためだったんだね。でも、中央病院を退院したら、必ずしも、今までのかかりつけ医ではなく、自宅にお医者さんがきてくれる在宅医療、訪問看護というパターンもあるのにと思っていた。
なぞが解けた。

位置情報そのB君津中央病院は何でも屋か
高度専門医療を担う総合診療施設
地域医療支援病院
地域がん診療連携拠点病院
地域リハビリテーション広域支援センター
救命救急センター(三次救急医療機関)
基幹災害拠点病院
地域周産期母子医療センター
地域小児科センター
基幹型及び協力型臨床研修病院
9つの顔を持つ病院。
んー。
みんながここに通っては、これらの役目が果たせません。
君津中央病院をかかりつけ医にしないよう、啓発が必要と考える。

君津中央病院のHPにもこう書いてある。
上手な医療の受け方は
お近くの診療所で、ご自分にあった「かかりつけ医」を持ちましょう。
かかりつけ医で日頃の健康管理、病気の初期治療を受け、必要に応じて当院に紹介してもらい、専門的な検査や入院の必要な治療を受ける。病状が安定すれば、かかりつけ医で治療を続けることをお勧めします。

もしも、軽い症状でもかかりつけ医のように、中央病院にみんなが通っていたら、いざ重症の時も受け入れてもらえません。中央病院をうまく利用したいね。これは、先日、訪問看護の看護師さんと話をしてた結論でした。

位置情報そのC
経営再建の取組状況 外部のアドバイザーの改善策を具体化し、その取り組み状況の説明もあった。
救急患者の受入方針の統一化、二次待機病院からの依頼は原則断らず受け入れることとしています
この文面に、違和感を覚えた。
さきほども述べたように、退院後、在宅医療で訪問診療をしてもらっている場合、容態の急変の場合は、救急患者として受け入れてくれるのか。二次待機病院からの依頼は原則断らずでは、これからの超高齢社会、病院がいくつあっても足りない。
在宅医療は、病院に入れないからあるのではなく、いざというとき、病院と連携している関係があってこそだ。
まちが病院、自宅は、病院のベッドという感覚、それが在宅医療だと私は思う。
病院も、私たち市民も、意識改革が必要なのかと考える。

追伸 
どれも実現したら、いいなと思うものがちりばめられていたんだけれど、肝心の今後の財政計画は次回までにつくるって。つまり、今はまだ、絵にかいた餅。
3カ年計画、毎年、実施数を右肩あがりの計画。
でも、それをこなす人員配置は、書かれていなかった。
こんなことしたいというプランはできたが、ひととおカネは未定。

そうそう、4市が毎年負担金を拠出している。計15億。
足りないときは、催促しないが、余った時は、後年度の負担に備えるため積み立てるそうな。
負担金が適正な額なのかどうか、の点検はどうするのだろう。
いろいろ思ったのでした。
posted by のんのん at 21:49| 医療・介護