2018年04月14日

憲法 9条が変わるとどうなるの?


今日は、西上総9条の会に参加した。
国際基督教大学元教員の稲正樹さんの講演。

しっかり、耳をそばだてて聴き洩らさないように必至。
安倍総理は、憲法を2020年までに改憲するといった。
憲法に自衛隊を書き込んでも、今までの自衛隊と変わることはないという。
ほんとだろうか。

話はここから始まった。

とんでもなく、変わる恐れがあることがわかった。

<現在の憲法 9条
1.日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2.前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。


自民党の改憲案
9条の2 前項の規定は、わが国の平和と独立を守り、国及び国民の安全を保つために必要な自衛の措置をとることを妨げず、そのための実力組織として、法律の定めるところにより、内閣の首長たる内閣総理大臣を最高の指揮監督者とする自衛隊を保持する。
自衛隊の行動は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。

さて、どこが問題か。
必要な自衛の措置 
この範囲はどのくらいなのか。不明瞭。
いままでの歴代政府は、
国家には、固有の自衛権があり、それは憲法9条のもとでも否定されていない。自衛権を行使するための実力の保持は憲法上友音される。自衛のための必要最小限の実力は、憲法9条2項が保持を禁止している「戦力」にはあたらない。としてきた。
ところが憲法に自衛隊を書き込むと、自衛のための戦力をもつことができるとなると、自衛力ではなく、自衛戦力となる。
すると、
「他国に対して、侵略的な脅威を与えるような兵器」や「性能上相手国の国土の壊滅的破壊のためにのみ用いられる兵器」保持できないという制約はなくなる。
敵国基地先制攻撃論や核武装論もとなる。


話は、難しくなってきたが、もっと、わかりやすく説明してもらった。
国民の9割が支持する自衛隊とは、
・災害復旧支援で奮闘する自衛隊。
・海外に行っても武力行使をしないできた自衛隊。


位置情報9条を変えると、その1
国民の9割が望む自衛隊ではなくなる。
世界の軍隊があまり重きをおかない災害復旧支援に力を入れなくても、合憲のお墨付きで自衛隊像はがらりとかわる。米軍と共同で、アジアの軍事対決の一環を担っている。軍事で政治をするコマとして扱われる。

位置情報
 9条を変えると、その3
三権分立+防衛(国防)になる。総理がもつ最高指揮監督権は、明治憲法風に言うと、天皇が持った権力 統帥権

位置情報9条を変えると、その4 その徴兵制・徴用制(労働力の強制動員政策)もはじまるか
男女平等、女性の活躍もと言っているから、男性だけとは限らないだろうなと思い、話しを聞く。
徴兵制は、合憲となり、軍事的徴用制も命令違反には、罰則が設けられるかも。

位置情報9条を変えると、その5 逃亡は死刑へ
現在の自衛隊法122条は、防衛出動命令を受けた隊員が職務離脱等をおこなうと、7年以下の懲役
これが、憲法が変わると、死刑になる可能性が高い。

位置情報9条を変えると、その6 堂々と特定秘密
PKOの日報も情報公開できなくなる。

位置情報9条を変えると、その7 自衛隊の基地建設のための強制的な土地収用
現在は、国防・軍事目的のためでも公共の利益になるとし、米軍特措法により、沖縄県だけ、米軍基地のために、土地が収容される。これが改憲で自衛隊基地のために、公共の利益になるからと本土でも土地などが収容されるという事態も想定される。

9条を変えると、その8 高度の公共性と公益性だからと
自衛隊が寄る遅くまで爆音を出していても、訴訟すらだきなくなる可能性がある。

まだまだあったけれど、当たり前のことが当たり前でなくなる。

あっ、そうそう。
教育の無償化は、肩透かし、というか まやかしのわけ

自民党改憲案26条3項 
国は、教育が一人ひとりの人格の完成を目指し、その幸福の追求に欠くことのできないものであり、かつ、>国の未来を切り拓く上で
きわめて重要な役割を担うものであることに鑑み、各個人の経済的理由にかかわらず教育を受ける機会を確保することを含め、教育環境の整備に努めなければならない。

➀教育が国家のためになってしまう。
⓶教育の無償化にはねならず、教育環境整備をするだけ。それも、努力義務だから、行政語でこれは、しなくてもいいというわけ。
ほらね。肩透かしでまやかしでしょ。

憲法を変えるといっても、多くの国民は、納得しないだろうから、かっこよく教育の無償化もセットにした。でも、それは、無償化なんて、ほど遠いということはあまり知られていない。
みんながしらないうちに、早く改憲してしまおうと安倍政権は思っている。

また、9条に加憲だけでなく、その後削除して、9条を腰抜け状態をめざしているというからびっくり。

●●国の脅威といって、自衛隊を憲法に明記することは、現在の状況からとんでもないことに代わって後戻りはできなくなる。

講演は終わる。
憲法9条の改悪は、とんでもないと思って帰路。

夜は、消防団の総会・懇親会に参加。
少々酔ってて、誤字脱字あったらごめんなさい。おやすみなさい。
posted by のんのん at 23:59| 憲法