2018年05月14日

埼玉県庁へ視察 1


SSW(スクールソーシャルワーカー)
20180514_092750.jpg

いじめと不登校の相談窓口の相談事業のひとつと位置づけ、
 9億円 のうち、1億6000万円

 いろいろな相談員がいるが、昔は 学校の先生がやってた。
というが、最近は、SNSで表にみえないものがこどもどうしの間にある。

SSWのスーパーバイザーを二人、県庁に配置。
ひとりは、福祉の分野  SSW経験者で学校に配置されてた方
事例研究をどんどんしている。

校内組織の一員として配置 規則の改正
これは国が改正したものであり、これがあり、SSWの配置の位置づけをはっきりできた。

高校は定時制高校中心にSSWを配置

埼玉県生徒指導課のいじめ担当 登校支援 中退防止担当の方がレクチャ。

SSWの資格は→
地域のことがわかってて、顔がきく。1/5は学校の管理職
かつて、カウンセラーとか、相談員。
専門職は少ない。3割弱。
だからこそ、質をあげるため、研修をしている。

27800件(述べ の数値 4000人)相談にたいし、SSWの負担はどうかの質問に
生活保護のケースワーカーは違って、福祉につなぐ役割だから、数だけで把握するものでもない。

SSWの配置、国の目標は、高すぎではないかの質問に対し
国は、週1で3時間と考えている。 埼玉県は週2で6時間。
国の目標を超えている。

SSWの配置の予算は、1/3は国 他は県
埼玉県は、直接 国から補助を受け、市町村が教育委員会におくか、学校におくか
ほとんどは教育委員会 域内の求めに応じて配置。
各市町村 1人以上 だが、
川口 4人
熊谷 春日部 所沢 3人
町にも1人

定時制高校 23高校 中退 10%弱
県全体では、かなり減ってきている。

SSWの処遇 日給 12000円 2000円×6時間

埼玉県の実態と千葉県を比較すると、月とすっぽん。
千葉県は、不登校対策としてSSWを置いている。いじめは別。
埼玉県は、いじめと不登校対策 
これをとってみても、千葉県は、事象に対しての対応。

千葉県のSSWの数 平成27年度5名、28年度8名、29年度12名
埼玉県のSSWの数
    配置市町村数  配置人数
H25  37       44
H26  44       48
H27  46       51
H28  46       69
H29  60       80
H30  59       76
ぜんぜん違うでしょ。配置数だけみても。
 
posted by のんのん at 23:16| こども