2018年05月31日

広域で行うということは


広域行政 合併しなくても、近隣市と一緒に行政の事業をすすめること。
木更津市でいえば、君津市と袖ヶ浦市、富津市の4市。
4市で負担金を出し合っているのが君津中央病院企業団。
ごみ処理のかずさクリーンシステム。
今、火葬場の建設を4市で行っている。
来年からは、4市の水道を統合する。

4市ですすめることを各市の議会で進捗状況の報告や決め事の案件などがある場合、
同じ資料で説明する。
しかし、4市とも同じ時間とは限らない。

それに、4市の議会運営だって、違う。
情報の出し方も。
4市で比べてみる視点としては
・会議録の公開(本会議・委員会・委員会の協議会)
・会議の傍聴(本会議・委員会・委員会の協議会)
・会議の傍聴での資料配布の有無
・会議のインターネット中継(本会議・委員会・委員会の協議会)
・会議資料のHP公開(事前公開・事後公開・非公開)

木更津市は、議員へのタブレット貸与をし、会議の資料もメールやタブレットの中のフォルダ(本棚)に保存され、みることができる。しかし、市民への情報開示は、
まだまだ。
あっ、失礼。とてものびしろがある。

ちょっと今日はそんなことを思ったのでした。
posted by のんのん at 20:34| 議員・議会